FC2ブログ
最終兵器彼女
2006 / 02 / 05 ( Sun )
いろいろ難癖つけたくもある。

いちばんイラついたのは、全編に渡ってダラダラと流れ続ける劇伴。
泣かせたいんだろうけど、それじゃ無理だよ。誰もナニも云わないの?

あとカットの割りすぎも気にかかる(特に前半)。何を急いている。
テロップの感じも品がない(…どっかで観たような…バトロワっぽいとおもってたら深作組がなんらか関与してる模様)。

大半の時間にちせとシュウジが、くっついたり、はなれたり、またくっついたり…の繰り返しに費やされる。
えらくだらける。
じわじわボルテージをあげたいのは分かるが(時折、戦闘場面がインサート。これは見事!)、
演出的に平板な印象のドラマしか積み重ならない。

そもそも企画自体に無理があったのでは、
高橋しんの、あの画だから成立したのでは、とかとか。

だが、午前八時のクライマックスですべてチャラになった。

おれは、この映画がすきかもしれない。

ちせはかわいい。それは伝わった。
前田亜季でばっちりだった。デビルマンのリベンジを果たさんとする
東映アニメーションの心意気もね。ちゃんと伝わったぜ。

(ミューズにて)

wpol_ent15.jpg

スポンサーサイト



映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |