FC2ブログ
近頃なぜかチャールストン
2006 / 03 / 29 ( Wed )
簡単に手を出しちゃいけないのはわかる。
でもやっぱヤバイわ。面白すぎる。
リズムが刻まれ、味のある連中の奇妙なアンサンブルが始まる…。

こう、甘いんだかショッパイんだかわかんねえ映画が最近は多すぎて、
イライラするが、味付けがハッキリしてるこんな映画はいい。
その味付けも捌き方も最高。ジュワっと広がる沁みる旨さ。

きっと、映画ってのはこういうのを云う。

ジジイばかりの映画なのに軽やかで、サッパリしてて、面食らう。
散々笑かして、スコンと落としてシンミリさせて、でも結局笑ってる。

バス乗り込んで温泉に皆で向かうラスト。皆で歌う「赤い靴」…。
ねえそんなとき、どうすればいい?

教えてくれる。当然、笑って泣いて、笑えばいいんだ。

(DVD鑑賞)
wpol_ent17.jpg

スポンサーサイト



映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
四番目の男 (DE VIERDE MAN)
2006 / 03 / 29 ( Wed )
ヴァーホーベンのアムス時代の作品。

割と淡々とした文芸作品。主人公が敬虔なカソリックのため(っていうワケでなく、単に監督の刻印だが)、
シンボリックとは云いがたい程これ見よがしにキリスト教のイメージがバラ撒かれている。
加えて主人公はアル中で両刀の作家。設定で割と期待してしまうが、
その辺の過度な予想は裏切られる。

奇怪な現象がただの風景として点在するが(特に、死)、主人公が非常に不明瞭な存在で、それらに反応したりしなかったり。アル中のせいもあるのか、奇矯な行動や幻視をしてこちらも不安を共有するのだが、時折お茶目な行動もとる。なかなかかわいらしい。

あー。もどかしいな。

ええと、劇中クレーンで鉄筋の束を荷揚げしてるシーンが2箇所あって、2番めの荷揚げ(もう、この映画は荷揚げシーンが二つしかないのが敗因だと思えてきた。5箇所位あればね)でとても素晴らしい串刺しが観られます。そこが見所ですよ。

本当は『ルトガー・ハウアー/危険な愛』が観たいんだけど、邦盤DVD出てないのかな。

(DVD鑑賞)
wpol_ent12.jpg

映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スモール・ソルジャーズ
2006 / 03 / 29 ( Wed )
最近ダンテばかり観てるきがする。まーいいじゃないの。

「軍用チップをオモチャに!?」
ただそれだけなんだが、実際それだけでこれだけとんでもなく面白くなっちまうんだから、
ダンテは偉いとしか云いようがない。
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |