スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
素敵な宇宙船地球号 「外来魚は警告する Vol.1」 ~巨大魚が食べ尽くした湖~
2006 / 04 / 30 ( Sun )
完全に煮崩れきって帰宅した(おれは、ユマ・サーマンの悪口は云えないな…)。
イラつきながら晩飯なんだかツマミなんだか判らないものを、その他の雑酒②と一緒に流し込んでいると、テレビから、なんだか脱力する牧歌的なBGMと、やさしげな女性のナレーション(室井滋)が流れてくる。

20060501000923.jpg

続きを読む
スポンサーサイト
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
きょうも出社、たぶんあすも。
2006 / 04 / 30 ( Sun )
「心が折れる」という表現は流行りなのですか?なんかよく目にする。
よくは知らないけど、折れたら、大体、元には戻らないのではないかしら?

無断欠勤のバカを連休初日に呼びつけて、そいつ一丁前に背広着こんできやがった。
ヘラヘラしながら「もう一度チャンスを…」ですって。すごいね。恥も外聞もないんだね。

いまのおれには、相手を思い遣る余裕はありません。逆におれにそれをくれ。


放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
プロデューサーズ
2006 / 04 / 29 ( Sat )
ミュージカル(映画)にもメル・ブルックスにも興味も免疫もないおれとしては、当然マシュー・ブロデリック目当てで観に行ったようなものなのだが、ナカナカどうして当たり前に面白がれたし、楽しめた。

prod0.jpg


都合よく調子よくコトが運んでゆく、出来合のお話しだ。そんなのは百も承知で、愉快になる。

役者たちの過剰でマンガな芝居と歌と踊り。品のないふざけた奴らしか登場せず、とっ散らかってくばかり(けれど、意外と切り替わりは身綺麗にこなすんだよな…)。かえってそこが信用できる。

とくにゲイの演出家の役者、最高だ。代役で舞台に立ってからの、あの煮崩れた姿態というか、伸びたラーメンみたいに漂うニュアンスは「何だかイイモノ観たな」っていう、説明できないお値打ち感がある。

なんだか詰め込みすぎでミシミシいってるし、実際かなり冗長だ。
オシマイに近づくにつれゴッコ遊びの度がいや増すが、作中劇「春の日のヒトラー」が相当な力の注がれようなので好感が持てる。
こういうくだらないことに本腰を入れるような作品は、たぶん悪い映画じゃない。

ユマ・サーマンが、紅一点・お色気要員として賑々しく登場する。
『ビー・クール』を観たときにも感じた妙な安売り加減とでもいうのでしょうか。
彼女がセクシーさとキュートさを強調すればするほどに、賞味期限が心配なチルド食品か、貰い手のいないいとこのお姉さんをみてるかのようで、俄かに画面に緊張が増す(ほめてない)。

ただし!ただしです。

引っかかりのある、居直ったふうな力強さ(太さ)のある歌声と、彼女のおなかというかヘソまわりのお肉の付き方が妙にエロっちい。そのあたり殿方必見です。

(フォーラム2にて)

映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「おまえは所詮ニンゲンなんだよ」と宣言された気分。
2006 / 04 / 28 ( Fri )
サブマージのライブ盤でエレクトロファンクが♪Sex On The Beach ~って陽気に歌っておれのオンボロの自家用車のなか響き渡っても、結局気は晴れないよ。
ヴァイナルがフロアでまわっていても多分いまはそう。晴れない。曇りっぱなし。

20060428220919.jpg

これじゃ駄目だ。
これくらいじゃないと。はてさてどうかな。

sob0.jpg

だからなに?と問われると、いまとてもつらい。

善意の第三者が死んでいく理由が、少しだけわかったよ。

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
おちゃめなふたごの赤字 (The Twin & Double deficit at St. Clare's)
2006 / 04 / 27 ( Thu )
20060427213524.jpg


そんなわけでちょうひっさびさに新潟県は長岡市と新潟市にいってきた。
あと、燕市にも(なんだ、あの、墓は…。まさにペットセメタリー!!!!)。

個人的に『アキハバラ電脳組』では、つばめちゃんより、北浦和うずらちゃんのほうが好きです

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ゴールデンウィークはインフェルノ旅行 (BEYONDSの)。
2006 / 04 / 26 ( Wed )
本来なら大連へ行くはずの連休なのですが、ぶっちゃけ行けなくなりました。なはは。

正確には、「行けなくなった」ではなく、「行きづらくなった」ですね。諸般の事情で。

昨日ようやっと航空運賃のキャンセル料を代理店に振り込みましたよ。
なにもせず、ただ黙って2万モギ取られる…。

いや、全面的におれが悪いんだけどさ。

くやしいのでBEYONDSのライブに行くことにしたよ。

060503_beyonds.jpg


こんどこそ、I can't explain.が聴きたい、です。


音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
too late to worry.
2006 / 04 / 26 ( Wed )
あれですよ。いきなり同僚が無断欠勤スタートですよ。

んま、おれ自身にも責任の一端はあるかもしれないし、おこがましいんですが、そんなに液晶のちいちゃな画面で「再起動」とか「A.T.フィールド」とかいうので一喜一憂したいんですかね?
ま、すればいいんじゃん。

反面、復帰3日目にして滅茶苦茶矢面につっ立ってるんですけど。ガスガス矢が突き刺さります。
それはあたかも、『少女革命ウテナ』TV版の最終話か『HERO』のジェット・リー、『バンバイヤハンターD』の冒頭シークエンスばりの矢面、です。伝わってほしい。

きのうのエントリのように、「いつかのおれ」ということもあるから、この程度で。
しっかし、おれのこの「情け無用のJ9」ぶりは、いかがなものか。ノー・サレンダー!!
img_briger.jpg



放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
おれや、あなたの、エッジ・オブ・モーション。
2006 / 04 / 25 ( Tue )
(絶叫気味に)二日め~!!!そろそろ打ち解けて輪に入った?入るか馬鹿野郎。

自分より、「ダメなひと」「おわってるひと」「ヤバいひと」「腐ってるひと」をみて安堵したり、優越感に浸ったりするのは20代迄ではないでしょうか。
30過ぎると、「このひとは、いつか彼方の自分では?」という猜疑や、(なぜか)自責の念に駆られ、きがきじゃなくなります。

不安を飼うドウブツ。
続きを読む
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
hater.
2006 / 04 / 24 ( Mon )
正直フレッシュ(fresh)というよりフレッシュ(flesh)気分で勤務先へ。

まさにソフトに死んでいる(いた)。
かくも、かくも外気が凍みてつらいものとは知らなかった。
かくも、かくも紫外線や吐息や人相や珈琲がおそろしいものとはおもわなんだ。

午後になって卒倒しそうになったよ。目ん玉が焼ける。
一㍉も成長しないで、ガードの低くなってしまったおれの30日はなんだったんだ。


放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
speed master/slave me.
2006 / 04 / 23 ( Sun )
世間は春めきまくってるのに、(例によって)おれは澱みまくってるのでした。

メガネがほしくてたまらない。さっさと買いに行けばいいのにのびのびになっており、重い腰あげた。
問題は、駅構内をすり抜けメガネ屋へたどり着く前に、某家電量販店も通過しなくてはならない事。
こういう店舗内に留まると、ろくなことない(使いもしないのにSHUREの針とか買ってしまったり)。

んが、チラリ「腕時計修理」の看板がみえた。

omgsm.jpg

ちょうど隠遁生活開始直前に腕時計が故障、おれとおんなじで大変だったよな…と慰んでたが、そんなゆらめきin the Airな生活もそろそろオシマイなので直さなくてはなーっておもっていた所。

現物がないので型式と症状だけ店員に伝えると、「オーバーホールですね。だいたい4万5千円くらいですか修理代。連休はさんでひと月くらい掛かりますよ」だそうだ。4万5千…。
高くね?『イノセンス』のアノDVDボックスが買えるよね?iPODの結構イイ奴が買えちゃうよね?

ここ一ヶ月はまさに「携帯電話を破壊してようやく世界とつながった」生活だったので不便はなかったが、一応これからは腕時計使いたい。そういうカタチで世界と一応はつながりたい。
しかし、いまそれだけのカネ出すほどこの腕時計に愛着あるのかよと、自問しても答が出ない…。

金額が適正かどうかネットでそれらしいサイトで検討してみると、店員氏の云ってる額が結構イイ線いってるのでさらに困る。

かといって、ロレとかブルガとかの贋物を衒いなく着けられるようになり……たくはない。

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ZAZEN BOYS “TOUR MATSURI SESSION” at 仙台CLUBJUNKBOX
2006 / 04 / 22 ( Sat )
昨年末の同会場以来のZAZENBOYSのライブ。勇んでいきましたよ。

III_poster.jpg

性懲りもせず、マーチャンダイズにハマるおれ。TシャツとかCDとかポスターとか。

オープニングは「CRAZY DAYS CRAZY FEELING」。アレンジえらい変貌ぶりで興奮。
向井はギター持たずマイク一本でしょっぱなからアツク飛ばす。おそらく発泡のブロックのうえに立ちあがって唸りあげる。ハードフロア(古い)ばりのブレイク(なんせスネアロールですよ)なぞも垣間みせ、一曲目で持ってってしまう。
続きを読む
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もうこんな時間…。
2006 / 04 / 22 ( Sat )
と、いうわけで。いまから“TOUR MATSURI SESSION”に行ってくるです。
やらなイカンコト山盛りだ!10時間も寝る馬鹿。


放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「落とせますか?」 「落とせませますかしら、落とせませんよね (笑い) 」
2006 / 04 / 22 ( Sat )
きのうの午後、柳町の『カミュなんて知らない』を観た。
無防備だったおれにも非があるようなきもするが、鑑賞し終えて腑抜けた。大層疲労した。

wpol_ent_camus0.jpg


なんらか駄文であっても、当ブログ的にクサビとしての批評は準備したが、だめだ。読み直せない。
続きを読む
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ブロークバック・マウンテン
2006 / 04 / 21 ( Fri )
散々ゲイのカウボーイの恋愛映画だと聞かされていますので先入観たっぷりで観にいきました。
まー…たしかにその通りで、保守的な土地で牧羊の期間アルバイトをしていたふたりの若者の、
1960年代から二十有余年にわたる愛の物語。

wpol_ent_broke0.jpg

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Alternative Movies in Japan―日本映画のパンク時代1975‐1987
2006 / 04 / 21 ( Fri )
こんなもん、読まなくたって益も害もない。正直、これを誰が読むのか…。ニーズ微妙。
だが、ほっとかれてると(すべてにおいて)無かったことにされるのがこの国だ。
なら立ち読みでも構わない。図書館でもOK。爺臭く「パンク時代」とかいってるけど敬遠するな。

wpol_ent_04210.jpg
(リンディホップ・スタジオ編・愛育社)

いまや、誰でも映画は撮れる。型落ちしたDVカムとXP積んだノートPCと、割れモンのプレミア用意して、クラスメイトやバイト先の知り合い集めて…で、なにが映る?いや…なにが?
続きを読む
読書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
極東最前線/巡業~365-STEP HARDCORE BLUES!~@山形ミュージック昭和
2006 / 04 / 20 ( Thu )
つうわけで行ってきました。右側のPA前に居たもんで音最高。
いまだ耳鳴り止まず。

新譜のレコ発だから当然ながら新曲メインのセット。だが、要所要所で昔の曲やってくれてうれしかった。
とくに、いま自分の心境的には「浮雲」と、アンコールの「DON QUIJOTE」…ジンと全身が痺れた。

いやいや、新曲の鳴りも当然すばらしい。物凄い名曲揃いだったことに今更ながらきがつかされる。

新作の核たる部分。
独立独歩で一歩でも、何がなんでも踏み出し旅に出る、そんな様なものがあふれ出す演奏。

吉野自身MCで語っていたがCDだけで伝わらない一対一の、対峙する「何か」が、その場には間違いなくあった。でも集客数なんかじゃない!なんて云われると…地元民としては切ないものがあるが(おそらく、今夜の集客は70人程度)。

個人的には「夏の光」の、切なさと淑やかさと裏腹な激情に堪らないものを感じた。最高。

音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Eastern Youth 『365-Step Blues [Import] 』
2006 / 04 / 20 ( Thu )
いやきょう今から極東最前線行くもんで、急ぎ聴いています。

AMAZONからのDMにまんまと釣られて輸入盤で購入してしまいました…。
キングの国内盤との違いは、ジャケット(お馴染の絵柄ですが、これはこれで宜しいのではないかと)と、ボーナストラックが2曲追加されている点(「JET MAN」、「矯正視力〇・六」)。
wpol_ent_04201.jpg

続きを読む
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フィッシュマンズ 『FISHMANS BEST 1991-1994 ~Singles&More』
2006 / 04 / 20 ( Thu )
部屋掃除しながら聴いた。『空中』『宇宙』でもなくポニーキャニオン時代のベスト。
wpol_ent_04200.jpg

ことさらよいベスト盤だとはおもいませんが、1枚組だし、『Aloha Polydor』はなんか重いので。
最後に収められたボーナストラック3曲に、いま、やられちゃってます。

なんやかや繰り返し聴いちまったよ。

音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
オレンジレンジ 『Squeezed』 の『以心電信 (石野卓球remix) 』
2006 / 04 / 20 ( Thu )
一部ネットワーカーの、「パクリ」とか「インスパイア」とかいう言葉に対する病的脊髄反射はいかがなものかと時折おもいます。ですが、大概対岸の火事的情況だったりするので、正直個人的な振幅は生まれにくいんです。

いや…おれ、オレンジレンジなんてマトモに聴いたことないし。

ですがこのアルバム収録の『以心電信』石野卓球MIXのPVのみがすんごいヤバイ。のでぜひとも紹介。
あ、アルバムそのものなんか買ってないし聴いてませんよ?(リミキサー陣って身内っつうかRYUKYUDISKO絡みの人脈じゃね?)
wpol_entorenge0.jpg

続きを読む
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
そろそろ現実へ帰還の準備
2006 / 04 / 20 ( Thu )
いい加減頃合なもので、きょう部屋の掃除をしましたよ!ふつう、6畳の部屋に6時間もかかるか?
いやいや、やらないよりはいい!やればできる!よくやった!

続きを読む
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
劇場版∀ガンダム II 月光蝶
2006 / 04 / 19 ( Wed )
やー、おもしろい。

観ててほくそ笑むというか、めっちゃくちゃ、おもしろいな。

TV版はディアナ・ソレルとキエル・ハイムのいわゆる「とりかえばや」の様、云うなれば「ウソ」や「変わり身」「誤解」を作中人物と一緒に観客もたのしむのも鑑賞のポイントだったようにおもうが、劇場版は見事にそのあたりが絶妙にかたち変わりし、スパイス程度の香味で留めてある。
むしろ劇場版はその省略(編集)こそが妙味であり、主軸のストーリーまで含め混乱なく見事まとめ上げている。

すべてを受け入れ、許容し、そのすべての矛盾に目を瞑り、遍くすべてを凶暴に更新する。

すべてに隙がない。いや、隙だらけでガンダムシリーズ(いわゆる黒歴史)は出来上がっている。
隙ゆえにエーとエックスの諍い(ヒゲの肯定と否定)に、本作のすべてを集約させようとも、この児戯的な、作為や衒いのなさ加減に胸が打たれ心地よさを感じる。

あえて文句を云えば、劇場版ではギンガナム(=ターンエックス)登場に作劇上・展開上の必然があまり感じられなかった。
ギンガナムの暴走を喰い止めるため一致団結してしまい(グエンの影も薄くなる)、ターンエックスをやっつけるために筋が整理され一本になるが、とたんにテンポが落ちる。
後半はかなりギンガナム(ターンエックス)に描写を割いていたが、ああいった闘いこそ、やや後景へと移すことで得られる新たな開放感もあると思うのだが。

エピローグでは登場人物それぞれのその後が想像以上に丁寧に描かれる。
富野の、各キャラクターへのバランスのよい距離感を感じさせ、たっぷりと余韻に浸らせてくれる。
おそらく、誰しもがおもうことだろうが…とくにソシエの成長と美しさに目を見張り、眠りにつくディアナのズームアウトで我々も安堵するのだ。

(DVD鑑賞)
wpol_entturn0.jpg

映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
くりいむレモン
2006 / 04 / 19 ( Wed )
如何に煮ればよいのか、焼けばよいのか。仕上がりに対して、どいつもこいつも文句云いそうだ。
なんにせよ映像化の面倒くさそうな、逃げ隠れの出来ない企画ではある
(逃げない山下敦弘はえらいとおもう)。
wpol_entcl0.jpg

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
TU-KA on my mind.
2006 / 04 / 18 ( Tue )
今年の6月30日でツーカーの新規受付が終了となる(先月末発表)。
ツーカー携帯電話サービス新規お申し込み受付終了のお知らせ(ツーカーからのお知らせ)
機種変更は以後も一応行うようだが、それもいつまで続くのか。
wpol_entTS41b0.jpg

続きを読む
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
勝敗論を理解していないと/真実が宿ることはない。
2006 / 04 / 18 ( Tue )
とてもかわいい、そしてとても格好よい装丁の本二冊。
ふたつとも、読んでもサッパリすっきりしない御本です。

wpol_entFFWpj1.jpg

押井守が、さまざまな場合の勝ち方負け方抗し方御し方崩れ方を綴った(語った)『勝つために戦え!』。

wpol_entFFWpj0.jpg

同じく、もしも日本が(なんだかんだで)敗戦せず、常勝で覇権を握り締めていたら…?
という小説『雷轟rolling thunder~PAX JAPONICA~(以下、『雷轟』)』。

前者は、『天使のたまご』、『パト2』『御先祖様~』、『G.R.M.(凍結?)』、『イノセンス』…といったフィルモグラフィー(嫌みで書きました)を有す押井守が語る勝敗論という、まっこと面白い内容になるだろうとおもう筈なのだが、ここまでサッカー話で埋められると、スポーツ観戦なんざすることの無いおれなぞ蚊帳の外。
とはいえ、サッカー話以外は非常に興味深く、もう一冊の小説『雷轟』執筆上の立ち位置を確認するかの如き発言もあり、内容的にも時期的にも相互関係にあることが理解できる。

とはいえ、もう一冊の架空戦記(当惑…)読解のためのサブテキスト的作用はない。

『雷轟』は、押井が繰返し展開してきた「もうひとつの戦後」「在り得たかもしれない日本」を描く。
だが、ケルベロス三部作などが示していた社会と群像…つまり、諦観や政治的に了承済みの事態の前に「犬たち」が吼えたり尾を振ったり伏せたりするような真似は未だみせない。

細部。とりあえずは細部、なのだろう。軍事的描写が細かすぎて、これまた理解に苦しむ。
…なし崩しの地政的勝利の連鎖の只中で、苦悩する架空の戦後史に生きる日本人の姿…。
客としては不適格なのかもしれないが、こんな程度の理解しかできない。こんなでいいのかな?

当地では未だ問題の新作は封切られていない。再読はそのあとで。


放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ランキング登録してみます。
2006 / 04 / 17 ( Mon )
よくわかんないですが、登録してみます。

登録したジャンルでないエントリに貼り付けという点に、腰の引け具合がみてとれます。

FC2 Blog Ranking
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ロジャー&ミー
2006 / 04 / 17 ( Mon )
先々週あたり、森達也の著作を読む機会があり、ふと思い出したかのように観てみる。

まえの大統領選の時、なぜ森は「ムーアも以前は面白かった」などと本作を免罪符代わりに
『華氏911』およびその発言を「ドキュメンタリスト」としての立場から若干なりとも非難したのか。
ソコがきになったのだ。

当然、『華氏911』はブッシュ再選阻止のためのプロパガンダフィルムだったわけだが、注意喚起以上の暴力装置・正義の押し売りとして働くのが良しとしなかったのか、ドキュメンタリー作家の本分を超えたその振る舞いにカチンときたのかそれは知らない。森に訊いてみるほかない。

そんなことより、森が面白がる本作は、とにかく毒が足りない。味付けも濃くない。

納得いかないのは、森達也が 『華氏911』<『ロジャー&ミー』 という態度でいるソコだ。
自分としては、カネ払って観る(DVDなら買う/借りる)フィルムは、ウソだろうが偏向だろうが煽動だろうが客をタギらせてナンボだろうとおもう。それは嫌悪や勘違いを喚起させようが。

渡邊文樹のゲリラ上映に、新作の都度通うおれの立脚点はソコです。

ということで結論から云うと、おもったほど面白くはないということ。
過激さが足りない。毒気が足りない。フリントという故郷へ寄せる想いは伝わるし、すでに話法というか語り口はそれなりに完成しているものの(製作1989年)、ムーア自身のひとの良さや寸止め感がおもんない!

悪党に遠慮なんか要らない。

なんでロジャー・スミス(本編に登場するGM会長)のヒール振りを煽らない?

(森との相違は、森は自らを報道者とはみなさず、ムーアは逆にそう自負している節がある、そこか)

(DVD鑑賞)
wpol_ent_roger0.jpg

映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
KKRN.
2006 / 04 / 16 ( Sun )
「一番必要なのは、身のほどをしる、ということです」

***

「良くないのは、

  よくばり
  せっかち
  ええかっこしい

これらは、いけません」

***

なるほど、そうですか。はなす言葉もわすれました。
いきなり幼稚園児になったかのよう。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
抗わざるも、祭り
2006 / 04 / 15 ( Sat )
黒木和雄監督が亡くなられた。

正直『浪人街』も『祭りの準備』も観ていない(当然近年の「戦争3部作」なんて観ていない)。
いや、なんと失礼極まりない。おれが観たのは『スリ』だけだ。

おれはただ『スリ』という作品を、たまたま観て好きになった。
直後偶然知り合ったピンク映画の助監督(…当然ながら相当底辺の映画人ですよ。いまどうしてるのか)と『スリ』の事で短い時間だが話題に華咲かせた。


おれにとっては、黒木和雄監督というひとは、只そういうひとです。
機会があれば、ぜひ観てみたい。


suri
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
劇場版∀ガンダム I 地球光
2006 / 04 / 15 ( Sat )
「Zガンダム」トリロジーが幕引きしたいま、観てみた。
まったくもって富野由悠季という演出家の、底知れなさを知る。

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ブレーキ・ダウン
2006 / 04 / 14 ( Fri )
ジョナサン・モストゥの名を一躍知らしめた一本。問答無用の快作。

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。