スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
好きだ、
2006 / 05 / 31 ( Wed )
殆んどなんの前情報もなく観た。これが…一部判断留保つきだが傑作。
ともかく、前半部は完璧なる「宮崎あおい映画」だ。

17歳の少年少女、そして少女の姉がスローテンポで紡いでゆく…晴れた日、曇りの日、ぐずついて雨の降る日々のやりとりがしっとりと描かれる前半。

後半は緑のない東京で、17年後のそれぞれがそれなりの時と偶然を経て再び出逢うさま、かつてあった時間ときもちを確認しあうさまが苦みばしった、でも心地よく描かれる。

su_ki_da_0.jpg

続きを読む
スポンサーサイト
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
立喰師列伝 (2回目)
2006 / 05 / 31 ( Wed )
二回目の鑑賞。とくに再見による個人的感想やら思いに変化はなかった。
ちなみに前回の感想はこちら。別段、あらためて感想を述べるきもないコトにきがついた。

画は、止ってはいるがどこか必ず微動している。『パト2』もその傾向だったが、設定や語り口などの構造やレイアウトに妙な心的中毒性というか耽溺してしまいたくなる雰囲気があった。今回それがないので、目は凝視していたが繰り返し観るような作品でなくなっている。

***

夕方午後4時ちょいすぎの上映時間に集まってくるような連中は、おれ含めてリピーターしか居ない。
上映期間2週間の最終週、のいちばん遅い時間がこの回だもの!
すこしは勤め人の身になってプログラムを組んでほしいもんだ。

***

繰り返しになるが、格別この作品に関して云いたいことはもう、ない。
けれど、まあしいて挙げれば、犬丸の声は古川登志夫で聴きたかったかな。

(フォーラム2にて)

tachigui0.jpg
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三十世紀に紡いでいく 夢を
2006 / 05 / 31 ( Wed )
5月ももう終わる…。

***

あ、おととい、ある社員を解雇しました。
きのうは、ある社員を予告通知のうえ解雇しました。

日々が揺れていきます。

***

もし仮に(ありえないだろうが)あのひとにあったら、どう接すればよいのか。
1ミリも成長していない成熟していないおれは、たんに歳を経ているだけだとおもう。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ベロニカは死ぬことにした
2006 / 05 / 31 ( Wed )
鑑賞後このタイトルに対して云いたいことは、なんでもいいよ。
勝手に死ぬでもしてくれ。でも、ヨソでやってくれ。そんなかんじか。

veronika0.jpg

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
先週 iPODに入れたCD
2006 / 05 / 28 ( Sun )
基本に帰りつつあるというか、過去確かに鳴っていた音への回帰が強いです。
あと、お勉強も兼ねながら…つうか、個人的にこの傾向はつづきそうだ。
不幸の時期は去り、おれにもやっとメディア置換のタイミングが来たので(でも4GBは少なすぎ)。
続きを読む
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
安息日に悪態をつく
2006 / 05 / 28 ( Sun )
TVの情報番組で、○○を摂取すると、◆◆が良くなる!とか回復する!とかよく謳うじゃない。
まあ、たとえばの話、魚の目ん玉喰う(DHAを摂る)と、頭の回転や視力が一時的に向上したり。

それって只のドーピングじゃね?

なら、サプリメントのほうがはやくね?

というか、そろそろ発泡酒(ビールにあらず。その他雑酒でも可)をがぶ飲みすると風邪を引きにくくなる!とか、カップめんを残さず汁まで飲み干すとお通じがよくなる!とか、まあ、痩せる!モテる!とかでもなんでもいいんだけど、そろそろ新機軸がほしくない?

おれとか…カップめんとかアンマイ(決して高級ではない)菓子…チョコとかが大好きなんだよ!
てゆか、それしか喰えないんだよ!知らないだろう?あまりにも。

nobodyknowns0.jpg

おれやあんたは、おれやあんたのことを、誰のことも…そして知らない。なにも知らない。
誰も知らない。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
砕け散った週末
2006 / 05 / 28 ( Sun )
ちうことで、まるまる一日費やして会社の引越し終了。
あれ、きょう日曜日じゃん。

2週間におよぶマカロニウェスタンな仮事務所生活も済んで、週明けからは心機一転…。
や、ともかく休みたい。それだけ。肉も食えなかったし(しつこい)。

なんにせよ、ひとにやさしくない職場だとおもいます(と、社員には云えない)。

あ、ブログランキング、よく意味がわからないので設置は取りやめることにしましたよ!
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お留守番。
2006 / 05 / 28 ( Sun )
“華果園”の焼肉喰い損なった!いま、ここだけで本気で悔しがりたいとおもう。宣誓する。

もう何年も旨い焼肉なんて喰っていないよ!焼いた牛の肉と、ソレとは決定的に違うんだ。
おあずけで、なおかつ3時間も拘束。結構な、それはさみし過ぎる仕打ち。

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヤン富田 『フォーエバー・ヤン ミュージック・ミーム2』
2006 / 05 / 27 ( Sat )
ヤン富田、待望の音源が遂にリリースです!カンガン五感が覚醒してくかんじです!

musicmeme2.jpg

続きを読む
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「きょうとあしたのスキマに挟まってたっちゃ」
2006 / 05 / 27 ( Sat )
「自分の日記の文字につぶされるトコやったんや~」

なんでか、なーんでか、TV版『うる星』37話、「涙のあした日記」の後半だけ(Aパートのそのまた後半のみ)みてしまった(O.A.82/03/10。絵コンテ・演出:小島多美子)。

云っちゃあアレだけど、ホントただの凡作。けどなんか泣けた。

vs0.jpg


「(前略)おれのあすは、未来は、明るかったのか!?」

おれとこのブログの未来は…?

あ、平野文、超いい。


放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いろんなみかた
2006 / 05 / 26 ( Fri )
『雨の午後の降霊祭』が買い落とされていて悔しい(『降霊』と画質を較べたかった…)。
よって、観るきもないくせにレンタル落ちカレル・ゼマンをあるだけ買う。まーほかにも。
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジャケット
2006 / 05 / 26 ( Fri )
「闇の先、君がいた」

「1992-2007 着ると運命が見える」

「これは、映画界を震撼させる事件。そして、ラスト10分。この上なく切ないエモーションが滲み出す。 過去と未来、記憶と幻想の境界を越える新感覚サスペンス・ドラマの誕生」

すごい惹起ぶりですね!

jacket0.jpg
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
複雑な彼…氏彼女の事情
2006 / 05 / 23 ( Tue )
切羽詰って、それでも生きてるぼくたちなんです…。

おれはいったい、なんなのか?

なんなのかといえば、この2週間、ゆえあってタコ部屋というか雑居房というか座敷牢みたいなとこで仕事してます。なんというか…卑近な例で申し訳ないけど、イラク・サマワの自衛隊駐屯キャンプみたいな情況。
ええと、中東のほうは早く撤収すべきだとおもいます。面子がどうのではない。

ペキンパーの『戦争のはらわた』みたいな雰囲気でイヤになっちゃうよ!

CROSS_OF_IRON0.jpg

「砂交じりのつばをぺっ…」


放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
神田川淫乱戦争
2006 / 05 / 22 ( Mon )
「グッドラック。勝手にしろ」
「…じゃ、勝手にする。…勝手にする。本当に勝手にしたら…こわいんだぞ」

kandagawa0.jpg
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トクマルシューゴ 『L.S.T.』
2006 / 05 / 22 ( Mon )
買ったきりでそのままにしていたトクマルシューゴの2nd『L.S.T.』を、ようやっと聴きました。
ちょうど、新潟からの出張の帰り道爆音で聴いてみたのですが…。
端的に云い切れない複雑さと多様さ、引っかかりがあります。

竹村のぶかず/チャイルディスクっぽいかんじもあり、アシッドフォークのような風合いも。

結論から云えば、まあ、あれです。いかにも。

マイブラばりのシューゲイザーサウンド!聴認ギリのヴォーカルレベル含め、これは罪深い。
どう罪深いかというと、片側一車線の有料道でこのサウンドは犯罪級であります!

lst0.jpg



音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
映画クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!
2006 / 05 / 21 ( Sun )
正直、劇場版しんちゃんには期待していなかった。
だいたい、ここ数作の低調ぶりに希望を持てるほうがおかしい。

だが、今回は違う。なんとうれしいことか。
久々の会心作であると同時に、ここ1,2年で観たホラー/サスペンス映画でも屈指の出来ばえ。

shinchan14th0.jpg

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
グッドナイト&グッドラック
2006 / 05 / 21 ( Sun )
本作は、いわゆる米国50年代初頭の「赤狩り」、「マッカーシズム」に真っ向から挑んだTVジャーナリストの草分けエド・マローとそのスタッフ(CBS)たちを描いたドキュメントタッチの映画。

監督は…ジョージ・クルーニー(製作には例によってソダーバーグも)。

gngl0.jpg

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ブロークン・フラワーズ
2006 / 05 / 20 ( Sat )
予告観た時点で、あーこりゃおもしろくない筈がない、と踏んで観に行きました。
結果としてはその読み通りで、ジャームッシュにまんまとヤラれた感もあります。

brokenF0.jpg

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
テンプレ
2006 / 05 / 18 ( Thu )
これじゃ、スパムとかわらないよ。どうともおもっていないのかしら?
続きを読む
買い物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カーニヴァル・オブ・ダーク・スピリット
2006 / 05 / 18 ( Thu )
昨日今日と新潟へ出張だったわけです。
中越地震のその後、復興の様を視察に向かったのです(前エントリ参照)。
ですが、なんでか、泊まりは新潟市内なのでした…!

まーホスト役だったもんでイロイロときをつかって、カネもつかって、愛想笑いで道化を演じ…長時間にわたる運転やらも加わって鬱屈もガンガンに溜まるっつーの。

て、なわけで2年ぶり(!)に知る人ぞ知る駅前の「カーニバル」へ。
あの汚い階段、かび臭いソファ、まるで変化なし。カーニ、相変わらずでした。
まさにファイン・ヤング・カーニヴァルズ!闇夜のカーニバル!おれ的にはフニャフニャでしたが。

2年ぶりなんだアナタみた事ないねと云うと、「わたし、6年ここいるよ。付いた男の顔は忘れない」と百物語級におっかないことを真顔で云い放った。

おれもマダマダだ、アマちゃんだ、とおもった。

niigata-night.jpg


放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
旧 山古志村(やまこしむら)に行ってきました。
2006 / 05 / 18 ( Thu )
新潟県の中越地方に位置し、2004年10月23日に発生した新潟県中越地震により甚大な被害を受けた地区のひとつ、山古志村へ行ってきました(山古志村は2005年4月1日に長岡市へ編入合併されています)。

yamakoshi05179.jpg

昨日17日、仕事絡みで行ったのですが、いまなお立入は規制されており、災害復興に関する許可証を提示して現地へ。
続きを読む
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「グッドラック。勝手にしろ」
2006 / 05 / 16 ( Tue )
そんなこんなで火がついたような日々…もう、燃やすものも残っていないような日々が続く。
焼け焦げた跡と、乾いた空気…西部劇を好んで観ない理由がわかった。咽喉の奥が錆びるから。

あすは新潟県長岡市へ、ハチマルチャン号がお邪魔します(うそ)。


放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
立喰師、かく語りき。 (押井守/徳間書店)
2006 / 05 / 15 ( Mon )
映画 『立喰師列伝』 公開にあわせて刊行された押井守のインタビュー&対談集。
AMAZONのカスタマーレビューが辛口なんでアレですが、ファン必読。

tachi_talks0.jpg

続きを読む
読書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ZAZEN BOYS 『MATSURI SESSION 12.27 2005 TOKYO』
2006 / 05 / 14 ( Sun )
なんだか節目節目でのリリースが恒例となりつつあるようなZAZEN BOYSの2枚組ライブアルバム。
この前いった仙台のライブで買いました。

ax12270.jpg

続きを読む
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
矢野顕子 『はじめてのやのあきこ 』
2006 / 05 / 14 ( Sun )
超が四つ五つくらいならびそうな豪華なゲストとの競演盤。
でも、ゴージャスさとは無縁の敷居の低さ、居心地のよさ。

hajimete0.jpg

続きを読む
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ギザキモスなすてきななにもかも
2006 / 05 / 14 ( Sun )
しょこたん☆成分解析によるナーニカの解析結果

ナーニカの63%はサーバーダウンしたヤプログで出来ています
ナーニカの13%は溜池Nowのジゴロウさんで出来ています
ナーニカの9%は貪欲で出来ています
ナーニカの9%はギザキモスな何かで出来ています
ナーニカの6%はきゃんちあきとすてきななにもかもで出来ています

ふーんそうなんだ?よくわからんけど何かあたってる様な…。


放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
V フォー・ヴェンデッタ
2006 / 05 / 13 ( Sat )
都合がよいのにも程がある。たしかにそうだ。けれどたのしかったよ。
いまおれが置かれている現実とくらべて、真逆のファンタジーだからだ。

Vにしろ、作中の英国の為政者側にしろ、戯画的にしても度が過ぎてるし、ヌケというかスキだらけで結果、とてもユーモラスになってしまう。
vfv00000.jpg

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
勝手にしやがれ!!
2006 / 05 / 12 ( Fri )
と、叫びだしたいきもちで一杯だ。れ!れ!れれ!……おれの土日は雲散した。
2連休だった筈なのに、その様を変えたのは昨日の午後3時。いろんなものを呪い、呪われた。

1ヵ月足らずのあいだに、4回も地鎮祭するなんて…いま、おれのなかで、地鎮祭がアツい。

世間では「地鎮祭」が次の時代のムーブメントだとか波だとか、そんな話、聞かない。
ふつう、地鎮祭って…一生に何度もあるもんじゃないよね?
下手したらそこらの神主よか、地霊を鎮める機会に在ってるんじゃなかろうかおれは。

(全部自前の地鎮祭。厳密に云うと20日間で4回。そんなに神様が降りてくる瞬間がみたいのか、と。そんなもんじゃありませんが。…冷静に、5月の連休はさんでこの回数は驚異的じゃね?)

そんなこんなで、疲れもピーク。クリックひとつではじまる返済地獄。
強奪、脱出、黄金、逆転…。50パーOFFだったんでおもわずまよわず購入。
のこり(成金、英雄)も惜しまず出品してくれよ。観る時間はいま現在まったくないが。
hero.jpg

だが、口が裂けても「Never Mind the Bollocks」じゃない。
溶け出してきえてなくなった欲望。

でもゴダールのそれには感嘆符×2はない。
意外と黒沢清もネヴァーマインドなのかも、だ。

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フラマーズ・オブ・ロマンス
2006 / 05 / 10 ( Wed )
みんなダイスキ 『大連富麗華大酒店』の最新画像(先週の末あたり)であります!
ニーズ?へっ。そんなもん知るか。

furama0.jpg

大連の旅の仲間が、きを利かせてくれて送ってくれましたよ…(泊まっていないのに!)。
彼らは今回バラバラ泊まったようですが(ラマダとか)、でも、やっぱココでしょ!

個人的には、大連でも屈指のホットプレイスでございます。
なんせ、夜半にロビーを通ると四つ打ちが聴こえる…直ぐとなりにクラブがあるのです。

チャージ払って大量のポップコーンとヒマワリの種(おれはハム太郎か?)もらって席陣取る。
ぼんやりとビール4,5本ラッパ飲みして、柵みたいなちっこいフロアでアホのように踊る。踊り狂う。
ウワモノはトランシーなくせに、シカゴハウスみたいな曲ばかり繋ぐ(…こともある)。
結果、当然踊り狂う。現地の方々とともに。狂乱。

あー…旅愁を誘うシャシンだ。ま、いろんな楽しみがある魔都ですね、大連は。


たんけん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
オンチ映画祭
2006 / 05 / 09 ( Tue )
前エントリを書くため記憶手繰って、怪作、『カミュなんて知らない』のことおもいだしていた。

同時に、テーマである「子供の衝動殺人」を子供が解きほぐす、などという厄介なことより、主人公ら若人の自主映画事情のことに関して想いを勝手にめぐらせた。

もはや、「ノンリニア」なんて言葉、死語ですよ。嫌になっちゃうな。

そんな折、後輩ちゃんからメール。
秋深まったあたり、自主映画祭(結構歴史あり)するので…というお誘い、ってか挑発。

そんな挑発、のらなきゃあ…ウソだよな。


映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。