FC2ブログ
茄子 アンダルシアの夏
2006 / 07 / 20 ( Thu )
無為に尺の長い映画は罪悪だとおもう。2Hを越えた映画は基本的に設計ミスだとも、おもう。

で、もっと云えば、長い映画に付き合ってはいられないというのが勤め人の本音。
本作は、必要なハナシを、必要な尺で伝えている。不要な間延びも、切り刻みもない。
コンパクトだが芳醇で、画面サイズも…いや、これを劇場で観たときはナニカの間違いかと。

nasu
続きを読む
スポンサーサイト



映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |