FC2ブログ
クラムボン 『 THE NEW SONG 』
2006 / 08 / 20 ( Sun )
クラムボンのニウ・シングル。その名もそのまんま、『 THE NEW SONG 』!

本作の直前にリリースのカバーアルバムのルーツ回帰的な点(初期音源のようなかんじね)が、心地よくおもえたためこのシングルにも期待していたが、けっこう見事に期待通りのセンでウレシイ。

最近のマキシには珍しく、表題曲が3ヴァージョン収められており、それぞれが個性的。
でも、『Lover Album』もそうだったけど、REC中の話し声までテイクにいれることないとおもう…。
けっこーウザイよ?

なんて…なんだかんだいっても、4曲目なんか歌詞含めなんかこう、待ってました!的よろこびをかんじてしまう。そう、5曲目もグゥ。
そんな、クラムボンの入り口としても見事機能するボリューミーで、おすすめなシングルです。

clammbon - the new song
スポンサーサイト



音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
V.A. 『 ROCK THE ULTRAMAN 』
2006 / 08 / 20 ( Sun )
原曲のよさ(すぎやまこういち関係)と、演者のオリジナル映像作品への畏怖と敬愛。
これにつきる。ほとんど全曲捨て無し、飛ばすことなく再生できるというクオリティの高さ。
だいたいおれ、LOW IQ 01とか、Rude Bonesとか、Bazraとか、FOEとか、良いとおもったこと無いのに、こうも並べられると「すばらしい」のひと言。

そう、食わず嫌いなんだけどさ。でもFOEなんて…はじめて良いとかんじた。
ひとえに原曲の持っているどんなアレンジでも飲み込む懐深さと、キャッチーさだとはおもうが。

当然、個人的にお気に入りのバンドもすばらしい!ブッチャーズにしろ怒髪天にしろ。

つうわけで、このコンピ、ふたつみっつきになるバンドがあるなら買って損ナシの一枚です。

V.A. - rock the ultraman
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ユナイテッド93
2006 / 08 / 20 ( Sun )
まさに、「再現ドラマ」とでも云いましょうか。んで、これがホメ言葉かどうかはまた別の話。
予告編で「ボーン・スプレマシーの名匠」だか云われてたポール・グリーングラスによるメガホンだが、この「名匠」の語り口がウザいんだよね。

united93
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
涼宮春日的憂鬱
2006 / 08 / 20 ( Sun )
流行のタイミングを逸しているきが相当してますが、見ないでいるよりはいい。
つうわけで、サッキいっきに見てみましたよ!
続きを読む
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |