スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
ZAZEN BOYS “TOUR MATSURI SESSION” at 仙台CLUBJUNKBOX
2006 / 11 / 30 ( Thu )
最初は腰が引けていたのだが…いつしかエライコッチャ状態に。
忙しい最中に出かけていってよかった。大変たのしかった。

続きを読む
スポンサーサイト
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Che bellazza il mondo.
2006 / 11 / 30 ( Thu )
なんとなく、つかめてきた。んが、アガリ2分近くありますよオイ。
詰められる自信がない(詰めたくない)。

***

現状、音声が採れていない状態でHDんなかのデータあーじゃねこーじゃねやってまして。
セリフ使いたいんだが、わからない。レベルもアンビエンスも、喋りのニュアンスも不明。
でも、元素材のミニDVにはちゃんと音入ってるだよなあ。

そんなわけで貸してるDVカムが戻ってから、再度音声トラックのみ移さなきゃならない。
パクに合わせるきがないのが明白な使い方になるかと(すごく弱腰)。

***

先がみえたので…監督から教えてもらった曲(既発曲)、使っていいよね…?

とばかりにベタ乗せしたら…うわー…いろんな意味で怒られそうだ。
考えもまとまらず、とりあえず寝る。
『なんて世界は美しい』 関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
throwing the emotion
2006 / 11 / 29 ( Wed )
予告編製作のカテゴリが鬱々としてるもんで、プロデューサーさまが心配したらしくメール寄こしてくれました。なんつか本当申し訳ないすね。
本気で実作業はいったのが昨日からなので、ボヤキは今後より一層ハードになるでしょう。

***

でだ、本題ですが、今回の件があるので、部屋のDVDで邦画の予告だけを幾つか観てて、「ある作品」の予告観て、きがついたことが…云えねえ。ここでは。

結論として、自分のなかで、ある種のハードルとして設定した叙情と実験とセクシャルなもんを詰め込んだ前作は、なんのことない、「ある作品」が先行してやってたことなのだ…それも予告において既に洗練されており…。

無意識に、パクリとまでいかなくても、まーガッツリ影響受けてて嫌になる。

自分では、実験的かつ疾走感のあるクリス・マルケルの『ラ・ジュテ』+300万ピンクみたいなのを狙ったのになあ(無茶にも程がある)。
astral dalian 666 (original motion picture) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
OUTDOOR MINTER
2006 / 11 / 29 ( Wed )
痛いニュース(ノ∀`):「ガンダムという名を最初に思いついたのは私だ!」 松本零士センセ激怒! 「スターウォーズもだ!ルーカスは一度くらい挨拶に来るべきだ!」

反槇原派のおれではありますが、擁護もしようがない出来上がり具合ですね…。
厄介な人、これは…そう、これは天才だから仕方ないのかもしれない!

んまー正直なとこ、個人的にはいわゆる四畳半モノしか興味ありませんが。

ソース参照;ポリスジャパン-日本が誇る巨匠松本零士を巡る噂話1噂話2噂話3
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
final estate
2006 / 11 / 29 ( Wed )
自分でも何でかわかんないけど今時分になって、みたいモノがあったんでYouTubeでさがした。

けど、それは削除されてましたよ!見たかったブツは、DAICONⅣオープニングアニメと電車男のOPとの相似点を比較したファイル(電車男OPをバックに画面左上にDAICONの映像が収まる)だったんですが、どうやらフジが削除依頼した模様。

なんだかガッカリした。ガイナが削除依頼かけてたら、もっとガッカリだろうが。

daiconⅣ OP

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
baby go back
2006 / 11 / 28 ( Tue )
朝っぱら6時には日本海側の営業所へ直行、会議に出席。
続けて午後、地元の職安主催の高卒者向け企業説明会に参加。

即座にとんぼ返りし、6時頃事務所戻るが問題が山積み。火の粉が飛んでくる。
やんわり往なして(つか、本気にしてたら帰れん)、9時ちかく帰宅。
自部屋に入った途端、ナニをおもったかイキナリ編集開始(たぶん焦りだ)。

だがしかし!貰った素材が、仮編とはいえ結構タイトな刻み方してるもんで、もっと尺ほしい!
…ってトコで次へ切れる。音声もほぼ全編はいっていないし(キャプチャ時の問題)。

2時間格闘したが、先がみえるどころか泥沼に。

散々ぱら無音で観てるが、不思議な、とらえどころのない映画だ。
なんとか作品の空気を閉じ込めたいとはおもう。
『なんて世界は美しい』 関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
world week ender's
2006 / 11 / 27 ( Mon )
仕事を私生活に持ち込んだり、逆に私生活に仕事を持ち込んだりと、じつにお茶目な(ダメな、ダメな)おれですが、ほとほと困りつつあります。

おれもそれなりに鉄火場凌いできたつもりだけど、今月入社の同僚も「12月は一体どうなるの?」とビクつくほど、仕事上感極まった情況が目白押し。

***

そんな最中、愛機DVカムが他の営業所の出張のお供に(貸せといわれた)!
そんな最中、現段階予告で唯一使える可能性のある曲の入ったCDが部屋ん中で行方不明に!
そんな最中、メディアに焼いた仮編集素材の前半が無音であることにいま気づいたり!

予断がならない。一番の問題は、おれがわりに燃え尽き症候群にあることかもしれない…。

***

ココ3年くらい、聴きたいとおもっているCDが10枚くらい部屋で見つかってません。
ちなみに上記のCDは、カーステ用に焼き焼きしてたのが幸運にもあったんでセーフ!

最悪またAMAZONで買おかとおもったよ。
でも、うーん、いい曲だわ…(でも、じつに摘まみにくい!)。

『なんて世界は美しい』 関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
quick death
2006 / 11 / 27 ( Mon )
さっき観返したら、誤字二箇所発見で凄く落ち込む。
(やはり)観返すべきではなかった。テンポも死んでる。

slow&quick-death


astral dalian 666 (original motion picture) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
伝統と正統。
2006 / 11 / 26 ( Sun )
こんなメールが届きました。

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ナイトイン御徒町
2006 / 11 / 26 ( Sun )
正確には飲んだの文京区湯島なんですが…ともかく着くまでが大変だった。
だいたい、5時まで会議して新幹線飛び乗って上野着いたのが午後8時50分。
御徒町で改札出ればいいものを、上野で出たためホテルのチェックインにもロスが生じた。

night in okachimachi


続きを読む
たんけん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カリ・ユガの光輝
2006 / 11 / 25 ( Sat )
ただひたすらに疲れてますよ。朝から不愉快な気分に。午前8時でもう意欲が途切れた。
仕事に追いつ追われつ、コッチから「やりますよ!」と云って始めた予告の作成もまだだし。

そんなこんなでもダイレン・ミーティングが開催されるわけです。もう一月前だし。御徒町で。
午後いっぱい午後5時まで会議して、それから新幹線飛び乗って…着くの9時だけど?

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サンキュー・スモーキング
2006 / 11 / 24 ( Fri )
タバコは吸わないのだが、愛煙派の「吸う権利」は護られてしかるべきとはおもう。
だけど、副流煙は嫌いだね。人がまだメシ喰ってるのにタバコふかすヤツとか。

サンキュー・スモーキング


続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
孤食に歩め 悪をなさず 求めるところは少なく 林の中の象のように
2006 / 11 / 24 ( Fri )
痛いニュース(ノ∀`):坂本龍一「食堂で一人食べてる人って不愉快」

温和なおれでも許せない。なんでしょうかこれは。余計なお世話だロハス野郎!
よせばいいのに昼になると家系ラーメンで「麺カタ味濃め」を呪文のように唱えたあの日々。
とゆーか、食堂ですらメシ食えない人だって沢山いるんだよ!営業マンとかさ。

街路樹の脇に停めた営業車のなかで喰らうカップめんとオニギリの味は格別だと断固主張。
(車内BGMはNHK-AMの「こんにちは!80ちゃんです」。ちょうクールなプログラムだぜ!)

ソース参照;ほぼ日刊イトイ新聞-矢野顕子について、坂本龍一くんと話そう。
御飯 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ひかりといろあい
2006 / 11 / 24 ( Fri )
焼きあがり香ばしい薫り放つ(テメエのPCと編集ソフトへの怒りの感情は相殺)DVDをトレイに。
「はなやかな吟醸香」…こめ焼酎「かのか」をサントリーの天然水で割って呑む。

 それで救われる、気持ち。

興奮を伝えたくて、いそいで監督の高橋きゅんにメールした。「たいしたもんだ」と。
救われないおれのキモチが、ここで救われようとするのだ。きのせい?…それでも上等だ。

なんて世界は美しい-image


『なんて世界は美しい』 関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
私たち粉々になったよ 灰色になって飛んで行ったよ
2006 / 11 / 23 ( Thu )
3回目で素材を焼くこと(だけ)に成功…するがメッセージなしでソフトのみが落ちる。

なにもなかったかのようにデスクトップになるとイラつく。即、再インストール。ユーリードのばか。

90秒の予告なのに手つけられないでいる(そして仕事のほうにもカチコミかけられてる)おれもばか。

『なんて世界は美しい』 関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
出張 (1989)
2006 / 11 / 23 ( Thu )
先日観た沖島勳の二作目(『ニュー・ジャック・アンド・ヴェティ』から20年経過)。

出張

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
誰が見ても人でなし (おれがね)
2006 / 11 / 23 ( Thu )
スペック不足なのか…でもエロゲの体験版5GB分削除したり、外付けHDに逃がしたりと努力。
でもなお、素材を単にDVDに置き換えようとするだけでハングアップ。
どの段階での作品ただしいのか。ミュートで観てるおれには鼻水の音は聴こえてません。

いったん、おれもアナタも小休止。

えと、コンテとか切ったが、テメエの機材が追いついてない!事態。

『なんて世界は美しい』 関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
崩壊寸前で出会った花
2006 / 11 / 22 ( Wed )
よくわからんのですけど、スパムなコメントとかTBとか消してたら一部記事の表示が消えた。
や、ビリングでの表示できなくなっただけで、任意の日付選択すれば大丈夫な模様。

どうでもいいすけどね。おれ、モノ分かんないしメンテとかしないから。

素人が下手に触ると取り返しがつかなくなるということだけは、よーくわかった。
あー…デタラメなフレームですからね。これは酔っ払いのつくったブログ。
一度きっちりメンテorつくり直ししたい…。

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Really cute (the World is in me).
2006 / 11 / 21 ( Tue )
我慢できなくなって結局シナリオを会社で一読。これは…ふんいきの塊だ。
けいちゃんが「ニュアンス系」だというのもうなずける話。
作為的でない、嫌味じゃないセカイ系(?)。監督の人柄がよーく出てる(きがする)。

でね、ここ二週間あまり、映画観に行っても予告編ばかりきになっちゃって。

毎回観るたび結局唸ってしまうのが『犬神家の一族』予告。
あと、地元でまもなく公開予定の『暗いところで待ち合わせ』の予告。
前者は見世物としての威風堂々ぶりと若さ。後者は田中麗奈の儚いかんじが堪らない。
(洋画だと『マリー・アントワネット』か。選曲がじつに卑怯きわまりないよ)

『暗いところ~』はおそらく犯罪スレスレの話であろうとは想像できる。
なんつうか、倫理の境界超えてるよアンタ!っていう内容なのに、それをキレイにまとめる傾向が邦画に多いようなきがして、それはそれで、どうかとはおもいますがねー。

原作の乙一って押井友絵の旦那になる(なった)らしいんでしょ?という程度の認識。

『なんて世界は美しい』 関係 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
君は会社を辞めました
2006 / 11 / 21 ( Tue )
ちうわけで、散々ぱら悩みのタネだった彼氏がきのうで会社を辞めました。

 そんな君が怒りました
 社会と名誉と利益に対して


や、そんなもんじゃなく、辞めていただいたんですが。正当な手続き踏んで。
しかし…小谷美紗子の「真(君の真未来に捧げる歌)」はつくづくキラーチューンだな(真の意味で)。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ダーティ・ダズン
2006 / 11 / 21 ( Tue )
いい加減、そろそろ行動に移さないと…とおもったきのうの夜。
でも疲れきっていたので、素材をDVDにしてTVでチェキするだけにしよーとおもった。

やったことのないミニDVからダイレクト変換作業。

これまでの映像などとは比較にならないサイズなので、かなりマシンに負担かかってる模様。
作業速度が遅すぎるので短い映画一本観て、映像特典みながらウトウト。
よほど疲れ果ててたのか、紙コップに残った焼酎飲み干してから即寝た。

***

おはようございます。
朝起きたら、「メモリ不足です」だって。あー。えー。
『なんて世界は美しい』 関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ニュー・ジャック・アンド・ヴェティ (公開時タイトル『モダン・夫婦生活讀本』)
2006 / 11 / 21 ( Tue )
意に沿わない若い二人が見合い結婚することに。結婚式の打合せのため、二人とその家族が瀟洒な別荘に集うのだが、皆次第にその本性を現し始める…。

ニュー・ジャック・アンド・ヴェティ (モダン・夫婦生活讀本)

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
雷鳴去って2006
2006 / 11 / 20 ( Mon )
昨夜取り込みしながら送られた素材チェックしましたが…や、じつに日本映画ですよ。
あえていまだにシナリオも読まず、無音で確認しただけですが、ちゃんとしてるなあ。
オンナノコが皆かわいいです。プレビューみながら身悶えちゅう。

けれど予告の方向性はまだ掴んでません。

まだ粗編らしいけど、けっこういい編集だとおもう…。けっこう悩む。
予告用の音声関係にやや不安残る。じっさいセリフのはいった映画なんてつくった事ないし。
『なんて世界は美しい』 関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
(愛のせいで) あとは野となれ山となれ
2006 / 11 / 19 ( Sun )
タイトルは意味無いですよ。やー、一日が過ぎようとしていて倒れそうだ…。
電圧工事の立会いで休日出勤。朝は調子良かったものの…。昼間にテンポがずれた。

なんか、苦痛だ。

いや、仕事も溜まってる、予告もつくらなきゃなんだが、夕暮れと共にすべてがどうでも…。
いまだ、ミニDVを取り込んでない始末。わざと脚本も読んでない。きっと昼喰った中華のせい。
もっぱら会社で読まずにほっといた『ねとらん』と『iP!』を読んでました。さて帰るか…。
『なんて世界は美しい』 関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
手紙 (2006)
2006 / 11 / 19 ( Sun )
先月の『映画秘宝』に尾崎一男の署名記事があり、本作をけっこう持ち上げていた様子(まー単なる有りがちな泣かせじゃないよ、熊井啓みたいなかんじだよ、と)だったので、ホンマカイナとおもいつつ出かけた。

手紙


続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ナチョ・リブレ 覆面の神様
2006 / 11 / 19 ( Sun )
きがついたら、大泣きしていた。筋立て単純、幼稚だ。けれど…。

ひさびさに、映画のなかに男を観たきがする。監督のジャレッド・ヘスは正しい。
ジャック・ブラックだから…という使い方は実に正しい。けど、この熱く込上げるものの正体は。

繰り返すが、ベタな展開で役者の力量に頼りきった力のない演出かもしれない。
筋立ても、ともすると人を舐めているかもしれないほど。でもピチピチタイツ一枚で正義を成さんと奮闘するナチョ・ルブレの前には全てが霞むのではなかろうか。

***

おなじジャレッド・ヘス『バス男』にはまったくノレなかった。
邦題うんぬんの愚かさだけでなく、閉塞して息苦しいだけの時間、瞬間つま先立ちした主人公が哀れに映っただけに過ぎなかった。意外とコイツ、勝者なのかなって…。

けれど本作は違う。

***

本作はイイ意味で嘘だし神話である。そこにはカタルシスもある。そこがイイ。
どこまでがダニー・エルフマンの領域かはわからないが、サントラも当然欲しくなった。

メガネ拭きで持ってきたちり紙がぐっしょり。顔は上気。黙ってパンフ買って帰った。

ナチョ・リブレ 覆面の神様

(18日、ソラリス6にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
軍靴の音
2006 / 11 / 19 ( Sun )
さっき(土曜の午後11時半ころ)帰宅したんですが、母親から「リリー・フランキーって何してるひと?」と訊かれた。瞬間、なんだかすべてがどうでもよくなった。

で、例によって土曜深夜の恒例、『宮廷女官チャングムの誓い』を見、何度目かになる最終回を途中から鑑賞。この、メス入れたがりのチャングムの鬼気迫る端正な表情には何らかクルものがある。

続けざま、大人計画の特番がNHKで流れるが、違和感かんじてスイッチを切る。

大事なことは他にある、ようなきがする。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『なんて世界は美しい』 予告編
2006 / 11 / 18 ( Sat )
ひょんなことから、後輩ちゃんの自主映画の予告編をつくることになりました。
おもえば一週間前のこのとき、茶飲み話の流れで「予告つくらせてよ」と云ったのが始まり。
手元には脚本と画素材が届いてます。わー。どうしようがんばろう。監督がんばるよ。

つうわけで、しばらくこのカテゴリが続くかと。

***

※当エントリ、関連1公式HP
※当エントリ、関連2
…じっさい下は、2月時点での予告におれが感心したから付けたエントリだよ。
おれがナニカやる必要あるのかな、と不安に。まさかおれが予告つくるとは夢にも…。
『なんて世界は美しい』 関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
テキサス・チェーンソー ビギニング
2006 / 11 / 17 ( Fri )
精神的にものすごく落ち込んだタイミングに注入すべきは?戸塚ヨットスクール?ちがうね。
ともかく愁訴状態というか、ぶっ倒れてしまいたくて仕方が無い状態だったので…元気でた。
本作は、かなりねっとりとした嫌悪感が充満する一本。前作ほどキャメラは五月蝿く無い。

問題は、合衆国の生肉処理業界のリストラクチャリングではないかと。僕ミート!!!!

テキサス・チェーンソー ビギニング


続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
続・ナイトインいわき (中国文学としての『紅楼梦』)
2006 / 11 / 16 ( Thu )
小名浜の待ち合い室で北海道の地震を知ったが、どうする術もなく目の前のアースクエイクに身を委ね、ゆれたゆれたゆれた。んなこた、実際はどうでもヨイ。

二次会に合流、焼酎を飲み、三次会は好き者のみが集ってイーアルサンスー。
個人的に「チャイナである=小姐である」だけで業が成り立つ彼の地の女性の商魂に感銘。
同時に日本人男性であることの愚かさや困難さとか、でもわすれた。すっかり。

果てしなくやさしく、果てしなく、底がしれない。
たんけん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。