FC2ブログ
続・ナイトインいわき (中国文学としての『紅楼梦』)
2006 / 11 / 16 ( Thu )
小名浜の待ち合い室で北海道の地震を知ったが、どうする術もなく目の前のアースクエイクに身を委ね、ゆれたゆれたゆれた。んなこた、実際はどうでもヨイ。

二次会に合流、焼酎を飲み、三次会は好き者のみが集ってイーアルサンスー。
個人的に「チャイナである=小姐である」だけで業が成り立つ彼の地の女性の商魂に感銘。
同時に日本人男性であることの愚かさや困難さとか、でもわすれた。すっかり。

果てしなくやさしく、果てしなく、底がしれない。
スポンサーサイト



たんけん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ナイトインいわき
2006 / 11 / 16 ( Thu )
出張で昨日きょうと福島県いわき市へ。遠かったけど、じつに充実。
だいたいおなじ東北なのにナニこの温暖さ!あったけー!勘違って常夏を想像させるに充分だ(だから映画『フラガール』の銀残しルックはおかしいっつーの!)。

めひかり

続きを読む
たんけん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |