FC2ブログ
叫 さけび (2006)
2007 / 03 / 08 ( Thu )
[「叫」 黒沢清監督に聞く 忘れられた過去が復讐するホラー] 西日本新聞

「ラストに船で逃げたり、遠くで街が崩壊していたりという映画も作ったが、今回はうかつな結論は出したくなかった。その方が誠実だと思った」

***

たしかに90年代に燦然と輝いた自作のセルフリメイクといったふうにもとれる。
単純に『CURE キュア (1997)』、『カリスマ(1999) 』、『回路(2000)』だけでなく、Vシネの『蜘蛛の瞳(1998)』あたりの風情も垣間見られる(とくに中村育二をどつきまわす役所広司あたりが…)。

けど、それだけ?いや、まちがいなくあたらしい。引用の言葉は911以後の世界風景に関しての心情吐露だろうし、同時にレイティングに屈した自作のハリウッドリメイクに対しての本家のカウンターなのかもしれない。
たしかにおなじみのショック表現なのだが、その魅せかたがとにかく凄まじい。

それとね。やはり『LOFT』より顕著ないわゆる恋愛話しへの重みのかかり方も注目。
いっちゃあ、あれだが、フーパーっぽいよね。なんだか熱くなる。拳銃はでるが発射はしないのだ。

ぶっちゃけ、葉月里緒奈の処理はやりすぎ感がさすがに漂ったが、でも圧倒的な緊張感?それだけでおなか一杯。にしても、昨今の黒沢清の女優の奇形的な扱いは素晴らしいね。暴力的で、芸術的。

あ。パンフレット買いましたよ?ことしはじめて。

『叫』trailer

sakebi

(ソラリス4にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
海でのはなし。 (2006)
2007 / 03 / 08 ( Thu )
この作品の予告観ました?きたないV撮りの画面云々でなく違和感バリバリの構成。
そう、『BABEL』で妙に騒がれたタイミングだったもんだから、異常に菊地凛子たんがフィーチャーされた作りになっていた。彼女、2シーンしか出てこないんですが。

ともかく。本作の予告観て雷打たれないヤツは信用がならないね。どっかおかしいよ。
なんせ、現代日本映画最強のふたりがガップリ絡むんだから。そう、宮崎あおい西島秀俊…。

そんなわけで、撮影も照明(いたのかよ…)も、筋立て展開もグズグズだが、だがしかし。
けっして良い映画ではないが、この名優ふたりと同時代を生きる喜びを余す事無く表現しきっている。
なんだか、この大学映研のちょっとイイ秀作みたいな、ミニDV撮りっつうかんじのルックも、なんだか生々しくふたりを捕らえている。ほんと、西島の空虚さって…なんなんだろうね。

(しつこいようだがこの撮影と照明はなんかの間違いかとおもった。メイキング用のVを流用してるのかと。ちなみに戦犯は松島孝助横道将昭…っていま、公式サイトみたんですが、48時間で撮了ってマジ?…なら納得。失礼しました!)

海でのはなし。

(フォーラム2にて)

映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ECDイルリメ 『 2PAC 』
2007 / 03 / 06 ( Tue )
かるく聴き流しつつ、耳から伝播しきもち踊ってるような。そんな奇は衒ってない。
ECDとイルリメのコラボレーションによるアルバム。意外にふつうに聴ける(歌詞はコチラ)。
トラック2、『ブレイクダンスは頭で回る』こりゃかっこいい。

間に合った?
助かった?
集まり交わりじゃれ合う仲間に
楽しんだ?
気が済んだ?


mmm…….4曲目、幻惑されている。すでに。

踏み出す 踏み出す
・・・よれば
断言出来ない事だがどうやら本格的に動くらしい


それはともかく。『ラッキーなストライク』もちょうかっこいい。リリックもバックトラックも。

イエー 被爆に似合う青い空
イエー 島国ひとつ消滅
イエー ラッキーなストライク


んで。『BPM120』もカコイイ。いや。もうみんなかっこいいな。かっこいいばっかりだ。

踊って聴こえて、またそして踊る。目はもう開けてられない。
狂気と暢気が偏在。野坂昭如のカヴァーを含む全15曲。

ECDイルリメ - 2PAC

音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
硫黄島からの手紙 (2006)
2007 / 03 / 04 ( Sun )
もうよくわかんねえよ!本日観ました。ええ、今頃になってね。年の瀬に観れば評価も変わるのだろうか…異常なほど高まった期待を胸に、そう、いまどき、ようやっと観にいったわけ(予告はコチラ)。

確かに、これを観て日本映画の不甲斐なさとか、同時に出来るだろこれくらい!(すこし上陸作戦の規模は減らして)という想いもすこしはあった。実際、『男たちの大和/YAMATO』というなかなかの好例もあるのだし。
でね、この作品悪く云うわけではないけど、世評ほどではないなと。こういうのがアカデミー賞獲っちゃうのもなんかヤだよ?(あ、『ディパーテッド』も観てないけどね)

正直『父親たちの星条旗』のほうが断然おもしろいし、意気込みが伝わった。でも、この映画はなにが云いたいのか…声高な反戦ではないのはわかるんだが…及び腰というか、なんかどこかに遠慮が無いか?そんなことばかり考えながら観た。
イーストウッドは二宮和也裕木奈江の夫婦の団欒シーンをどんなツラして演出したのだろう…。

ポケベルが鳴らなくて
恋が待ちぼうけしてる
ねえ あなたは 今 どこで
何をしてるの?


んま、じぶんでもなにがなにやら。
塹壕で自爆するシーンは見応えがあったよ(んなのばっかりだ)。

ioujima

(フォーラム3にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
さくらん (2007)
2007 / 03 / 04 ( Sun )
新人らしからぬというか。堂に入っており、妙にうまいんだよな蜷川実花(親父よりこなれてない?『青の炎 (2003)』しか観たことないけど)。原作つき、それも漫画というのがよかっただろうし、タナダユキの脚本もポイントは掴んでたとおもう。

それ以上にね、女性監督の良いトコだとおもうんだが、ちゃんと女優に物怖じしない演出つけてる。腰が抜けてない。なんせ本作、吉原の遊郭が舞台だから、ヤルとこヤんないと成立しない。
画的な満足の水準は人それぞれだろう。B地区くらいみせろや、という御仁の意見も解る。けど個人的には納得した。 土屋アンナ、菅野美穂、木村佳乃という正直疑問もかんじる女優陣が三者三様の濡れ場をみせる。んまー、アヘ声込みで菅野美穂最強っつうことで。

美術にしろ劇伴にしろ、テーマにしろ不満はかんじず。おにゃのこなんかはこゆのもう、大喜びでしょ。
たまに観る分には文句も無い。要は『マリー・アントワネット』とおなじガーリームーヴィーのラインですよ。
女性というより一個人が隔絶された村社会から離脱するというような結末つうかテーゼだが、そんなことよりむしろ肯定的に性産業が描かれている点に好感。

YouTube - 『さくらん』trailer

さくらんimage

(フォーラム5にて)

映画 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
先週、先々週 iPODに入れたCD
2007 / 03 / 04 ( Sun )
続きを読む
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
庶民コーヒー
2007 / 03 / 04 ( Sun )
TV版『桜蘭高校ホスト部』について。溜まったテキストの消化。年明けスグに観始めたのに未だ全部観れてませんが。ちょい億劫になってきてるのでテコ入れつうことで(前回はコチラ)。

あ、第15話「軽井沢さわやかバトル」、第16話「ハルヒと光の初デート大作戦」、第17話「鏡夜の不本意な休日」の3本は未見。なぜって?彼の地で購入のBOX中、この一枚だけ再生不能なほど銀盤がキズだらけだったのね。なんでこういうことが起こりえるのか…。

桜蘭高校ホスト部BOX


続きを読む
その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
悪夢探偵 (2006)
2007 / 03 / 03 ( Sat )
「あ。いまタッチしました」

本作の予告編観たとき、「ああ、塚本晋也もけっこうベタな企画出してきたな…よい事だ」と、なんか意地悪い見方をしてしまったが、んまー、早速続編が企画されようが、ハリウッドに権利が売れようが、例によって塚本印。まったくブレは無し。

悪夢の中に侵入して事件を解決するなどという新味に欠ける設定だが(なんせ『パプリカ』上映時に予告かかるんだもん…)、そういうダークヒーローの創出というよりも、所謂“Jホラー”ブームにそろそろ一家言ある塚本が名乗りをあげたようにもおもえる。なんせ塚本晋也、テーマそのものはあえて典型的ホラーから逸脱するようなラインだったから(『HAZE』は未見)。

結論的にはとてもアンチモラルというか、血がブシャブシャ噴き出す粋な作品となってます。
製作はムービーアイ(ゼアリズじゃない)。VFXにGONZOほか。

こんだけ「死」という言葉が山のように吐き出された映画もないのではないか?
隙あらば「死ぬ」とか「死んで」とか「死にたい」とかなんとか、登場人物たちが呟く。
つねに塚本晋也(の作品)は死に執りつかれている。血のにおいがする。ブレてない。

ぜんぜん探偵じゃない松田龍平の台詞回し以上に、hitomiの存在感がじつにヤバかった。これは上手い下手の問題ではない。妙に偉丈夫に、真正面にカメラをいつも見据え、たどたどしく、ときに云えてない台詞をくっちゃべる。
このひと、すばらしいのではないだろうか(塚本はやりすぎ半歩手前…)。

akumutantei

(フォーラム5にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
素敵な夜、ボクにください (2007)
2007 / 03 / 03 ( Sat )
一瞬目が眩んでしまったんだな。見果てぬ夢を見たというか。
要するに、『シムソンズ』の夢をもう一度状態だったのは確か(ちょうど一年前!)。
やっぱ無茶。韓流とカーリングに便乗して町おこしの一環で映画をつくろうとするのは。

suteboku

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Kissing disease
2007 / 03 / 02 ( Fri )
咳が止まりませんよ。しぬんでしょうか。…んまあ、しなないんだろうな。

ところで、或る社員がですね、先般の会社行事欠席したんですね。
ただのインフルエンザだろうという話しだったのに、大きな病院で検査し、3週間の安静だと。
おかしくね?…ということで診断書取り寄せしたら「伝染性単核球症」とかいう病名。

別名、「キス病」だそうで。ふーん。かわいいっすね名称が。きっしん・でぃじーず☆
んま、死に至る病ではないようですが、肝炎は肝炎。とはいえ、ふしだらだよ!アンタら!

おれも罹患して、あれだ、安静したいわ。3週間、溜まったDVDとかエロゲ消化するから…。

Epstein Barr Virus

Kissing Disease Giant Microbe Plush Doll - (Epstein-Barr Virus) -

イカれた商売もあるもんだ…。なんでもアリですね。画的には“こっちみんな”的ルック。
んま、ひところの擬人化流行りとおなじかな?だが、全くかわいくないのが致命的。
ベタだが、アランジアロンゾや下笠美穂(東映アニメーション)あたりにリファインさせたら最強だろう。

そうして感染症ですらハイブロウなファッションになっていくのであった…(なんない)。
放課後 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
共犯者は埋葬中
2007 / 03 / 01 ( Thu )
やーもう、なにもしたくない。憑かれきっているので。

ええと、話しは続けて昨日の会社行事のことなのだが、懇親会終わって皆それぞれ二次会やら居酒屋でラーメンやらニギニギ麻雀やら飯坂のほうまで足延ばしてスナック行ったりと三々五々たのしんだわけです。ヨカッタね!

sujiko

続きを読む
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
やけっぱちのナニカ
2007 / 03 / 01 ( Thu )
きのう、年に一度の会社行事。社員が一同に会する催しがあった。
んまー、しんだね。例年のことながら。ほらおれ、学習しないから。
皆が意気揚々としているさなか、ひとりだけ後ろ暗いきもちに浸ったよ。

今回の舞台は穴原温泉(福島)。

showdown07

同僚が半ば泥酔し、それでもその見事な酔いっぷりに感動して色々な悪ふざけに付き合った(熟睡してるひとにワンカップを飲ませてあげる等)のだが、ついさっき湯に浸かった(露天風呂で水鉄砲用い4,5人でシューティング)のにも関わらず、忘れモンを取りに脱衣所に再度戻った途端、「おー風呂入ろうぜ~」と陽気に真っ裸なれるような…そんな万事に対しつねにフレッシュな視点をもっていたいものだと、痛切にかんじた一夜ではあった(二日酔いのいま、それもどうかとおもうが)。

放課後 | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム |