FC2ブログ
復讐 THE REVENGE 運命の訪問者 (1997)
2007 / 04 / 06 ( Fri )
「アンタ、自分の手ェ汚せんのかよ」

日頃より殺伐としてますので、ええ。新品で買った本作のDVDを、きがついたらひん剥いてました。で、3年ぶりくらいに観たんですが、これが惨たらしい画質で。

黒沢清のDVDは画質が悪い」は一時期まで定説で(「画質の悪いDVDソフト愛好会」における『Nightfly』的チェックソフトの地位に)、マトモに観られるようになったのはここ最近ですよ。

そう、『アカルイミライ』まではマジ最悪だった(それでも最高!とは喜べない)。

で、黒沢っ子のおれとしては、本作の双子ともいえる『復讐 THE REVENGE 消えない傷痕 (1997)』も当然購入済みだし、『勝手にしやがれ!!』シリーズも老後の楽しみで購入してる(「黄金計画」残しコンプしてないけど)。画質の話しは、また別の機会にすべきだろう(なんせ『回路』、ちゅうごくのパチもんのほうがマスターの問題で絶品だったりする)。んま、それはそれ。

でだ、本作。こんだけ、情動に突き動かされつつ、でも黒沢清の刻印もしっかり打ちつけられている作品もないかとおもう。脚本の高橋洋とのコンビはその後、『修羅の極道 蛇の道』で高すぎるピークを迎えるが、本作は前段階、彼らの知る活劇をVシネの世界にいかに定着させられるかに注力した痕跡が窺える。

こんだけ段取りを踏む黒沢清はもう、いない。そういう意味では貴重だ。なにより、いまのおれの行き場のない衝動を抱え込んでくれるだけの暗やみがキッチリと備わっている…。原盤テレシネでジャギってブロックノイズだらけでBLがマトモに出ず眼に痛い画質なのにね!

復讐 THE REVENGE 運命の訪問者

(DVD鑑賞)
スポンサーサイト



映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Pale Blue Dot.
2007 / 04 / 06 ( Fri )
同僚が火曜日から来てない。というか先週来てたけど先々週は一切、出社していない。

いい歳して…こいつ出社拒否。調子のイイ野郎にかぎってこうだ。くそったれ。
母親の容態がまーた、悪くなったとか云う与太飛ばして(昨日は持ち直したが一日付き添ってくれと医者に云われた、だと。馬鹿かと)、親戚縁者に付き添いお願いするとか抜かして本日休み。
そんなこんなで、本来おれの領分じゃない仕事までタンマリ任されちゃってますよ。



とおくからみれば、地球なんて青い星屑さ…カール・セーガンの言をアル・ゴアが引く。
だが、ちっぽけな存在という形容や、貴さ・深遠さから遠く離れて、こいつは真の意味で「屑」だ。

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |