FC2ブログ
いろいろな人たち
2007 / 05 / 13 ( Sun )
ひがなDesktop Tower Defenseばっかやってました。ニコ動がすこし重いからさー。
いまだにSwarmTowerの使い方がわからない。イージーで40まで往かないヘタレなので。

ちょうど昼間、チャーハン喰ってるときにNHKでヘンなのがが映ったので速攻平らげて部屋へ。
数時間後ニコ動で確認しましたが、心臓にわるいからこういうのは止そうよ…。



スポンサーサイト



放課後 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい (2007)
2007 / 05 / 13 ( Sun )
地味すぎて退屈という印象がつよく残った『NARC ナーク (2002)』ジョー・カーナハン監督作。
製作はなんとワーキングタイトルこの予告の冒頭はそれを茶化している。BGMは「Ace Of Spades」!)。んで、音楽にはクリント・マンセル

そんなわけで『NARC ナーク』から一転、バカみたいなノリの映画。今号の『映画秘宝』インタビューで「三池崇史みたいな映画が撮りたかった」というような旨の発言をしてるんだが、どうみてもモトネタは石井克人の『鮫肌男と桃尻女 (1998)』。

漫画スレスレな殺し屋たちが湖畔のホテルに集って無駄に殺し合いをする…という、脳ミソが薄っぺらくなる筋立てで、『鮫肌男~』をハリウッド的火薬の量とドンデン返しとでブロウアップ?させたような映画。

あとカーナハンの無駄なプライドのせいで、シーンごと印象チグハグ。全般的にバランスを欠いた疲れる仕上がりに。ネタバレなので明言は避けるが、バディものかとおもったら別行動しちゃって、仕舞いには何時からコイツが主役になっちゃうんだよ!っていうおもいを胸にエンドロールへ。
「潜入デカ」ものが流行ってるからって…ネタはスグ割れましたけど?あんだけリピートすりゃ。

個人的には、リタ中のカラテ少年のシークエンスが最高だった。「興奮剤」って字幕に失笑。

スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい

(12日、ソラリス4)
映画 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
| ホーム |