スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
サクセスの秘密―中原昌也対談集 ( 中原昌也/河出書房新社 )
2007 / 08 / 31 ( Fri )
2週間以上前に購入してて、ついさっき一気に読んだ。つか、既読だったわけなんだけどさ(新潟の本屋行ったとき初版ふつうに置いてあったため確保。装丁は高橋ヨシキ)。

今回読んできにかかったのは、中原昌也宇川直宏の対談中、カヒミ・カリィはクラストコアで、グラインドコアで、しかもノイズコアだよ!!!みたいな展開になって(p47)、えーそれってまんま一昨年のSTRUGGLE FOR PRIDEのアルバムじゃんよ!みたいな一致性がおもしろかった(たぶんSFPの中の人は本書読んでる……きがする)。ただ、それだけ。

サクセスの秘密―中原昌也対談集


スポンサーサイト
読書 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
私たちの願い、人類の未来、生き残った全ての生物の命、あなたに預けるわ。
2007 / 08 / 31 ( Fri )
はいはい前夜祭!サマーネバーエンズ!な、わけでちょっち、フライング(あくまで予想!)。

まず、云われてるほど新作カットばかりというわけでなく、オリジナルからのBANKカットもある(模様)。あのー、印象深いシーンはあえて新造しないほうがいいとの判断なんでしょうか?たとえば第5話(コンテは甚目喜一)のC-174以降、みたいな狂信者が黙っちゃいないトコとか。んでも結局書き起こすかもね(ってDVD見返した。いま見ても何ら遜色ないが…そのへん検証はまた後日)。

あとは予告でも散々騒がれてた怪しい正八面体の、「ありえない」変形がみものでしょう!結論的には、結構ウルトラマン的というか、さすがYOU ARE (NOT) ALONE.というかんじのアツい泣かす展開のようです。

その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ぐっとくる題名 ( ブルボン小林/中公新書ラクレ )
2007 / 08 / 30 ( Thu )
こういう新書が増えるから…ぶつぶつ。でもおもしろい。大体文体ふざけてる。それは好感が持てる。

ナニを持って、ひとはタイトルにぐっとくるのか…?本書を読めば、ぐっとくる題名とそうでない題名の間には、あまりにも大きな隔たりが広がっていることがわかる…。
そんなわけで、一般人にとっての実用性は皆無に等しいが、昨今の新生児のDQNネーム跋扈に一石投じるようなきがしないでもない、そんな夢想というか暇つぶしにもってこいの良書です。

ぐっとくる題名


読書 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ベクシル 2077 日本鎖国 (2007)
2007 / 08 / 30 ( Thu )
ともかくひどい出来栄え。SFマインドがない人が作るとこうなっちゃうのか…みたいな。曽利文彦あらためSORI監督の紡ぐ近未来ディストピア物語。シナリオ(SORI半田はるかによる)も、キャストも、レイアウトからカメラワークまで画ヅラの一切も全部だめ。あきれた。

ベクシル 2077 日本鎖国

YouTube - Vexille - 2077 Nihon Sakoku (ベクシル 2077日本鎖国) Trailer
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
beijing street blues
2007 / 08 / 23 ( Thu )


あしたから出張で北京。なんで、んま、皆しておれに「お土産は、肉まん以外ね」っていうんだろ。
おれが段ボール話しをし過ぎたからか。ともかく、おれ的にはまだ、段ボールの話しは終わっちゃいねえ。

たんけん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
にせんねんもんだい feat. ECDイルリメ - 2006.1.16 渋谷O-NEST ( DVD-R )
2007 / 08 / 23 ( Thu )
にせんねんもんだい feat. ECDイルリメ

続きを読む
音楽 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
ここんとこiPODにいれたCD
2007 / 08 / 22 ( Wed )
月イチ更新。
続きを読む
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方 (2004)
2007 / 08 / 21 ( Tue )
ライフ・イズ・コメディ!ピーター・セラーズの愛し方

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ばんぶるはいいこ
2007 / 08 / 20 ( Mon )


しかし興奮したからって3周してコメつけるなよな…。

その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
怪談 (2007)
2007 / 08 / 20 ( Mon )
怖がらせてもらおうという期待はしないで、単にキャストの豪華さと、古典的な話しを一体どう語るかに期待をして観に行った。そういう意味では満足できた。脚本は奥寺佐渡子、美術に種田陽平、音楽に川井憲次

積もりつもった因果が、惹かれあった当事者だけでなく周囲をも面白楽しく巻き込みながら徹底的に破滅させてく、それはそれはとっても愉快な映画だった。もっともっと、破壊の度を増していってほしかったが(それこそ宿場町壊滅というかんじで)、クライマックスの高瀬将嗣による殺陣がじつに小気味よかったので全然OK。

中田秀夫監督作なので、ものすごく、ああ日本映画だな…と沈み込むような心地よさ、安心感が前半部までは画面にはあった。画に余裕があるというか…見事。んま、後半が悪いわけではないけど、舞台が変わるのと同じくしてテンポも変わるのね。

配役に関してはほとんどパーフェクト。行く先々で有り得ないほどモテまくる、という一見ハーレムルートを地で行く男を演じる…尾上菊之助はやはり画面が持つというか、観ていて一向に飽きないし、華があるというかやはり巧い。
そのモテ男に執り着く黒木瞳は相変わらずお美しい。つか、それだけで充分怖い。麻生久美子は相変わらず薄幸で素敵。結末も無残。瀬戸朝香は正直不安だったが、でも見事なビッチぶりで展開に適度な色気と勢いがついてた。あと木村多江!なんか、すごくヒキがあって、ああいう女はきになるよね…。

問題は井上真央『ゲゲゲ』にも出てた子ね。彼女自身にはなんの罪もないが、本作での起用は甚だ疑問。観ればわかるけど…物凄い期待させるシチュなのにあんな生温い演出じゃあ師匠の小沼勝も黙っちゃいないよ!どうした中田!つか、力関係でキャスティングすんな一瀬隆重

とはいえ本作、怖がりたい向きにはガッカリかもしれないが、据わりのよい堂々たる怪談映画でしたよ。

怪談

YouTube - 怪談 Kaidan Trailer

(19日、ソラリス6にて)

映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第8回オンチ映画祭!!!!!!!!!!!
2007 / 08 / 19 ( Sun )
なんか、だいぶ前に知ったきがしたのだけれど、掲載してなかったので。今更感はないよね!!!

今回は平成19年9月22日(土)、23日(日)の二日間開催!すごい!つか、大丈夫なのか!?会場は例によってオンチのメッカ(いみふ)、町田市民フォーラム!!一階はディスクユニオンだお!10年前は線路脇の狭い店でしたね…。

第8回オンチ映画祭情報
※公式HPはコチラ

今回の大きな目玉は、ウチウチでなく広く一般からも作品を募り、上映するとのこと。
おれもムビメカでつくったアイマスMADでも送ろうかしら…(つくってないし送りません)。
詳細は公式ブログをちぇき!!

んあー…DoItと重なるな…。

映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
SUMMER NEVER END
2007 / 08 / 19 ( Sun )
7,8年ぶりで画を描く。どんな画かはここではどうでもいい…とおもう。んが、数時間費やしたが全然ダメで(そもそも、住人じゃないから)、例によってアリモンで。…有明モンスターで。でも、悔しいなあ。

しかし…はじめて買う本格的画材がタブレットという世代が登場する時代ですよ。
きょうは最終日(逝ってないけどな!)。皆さんお疲れ様でした。夏は一向に終わらない。終われない。

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夕凪の街 桜の国 (2007)
2007 / 08 / 19 ( Sun )
ふしぎな映画だ…ある意味、ストレートにダメなのかもしれない。だが、見方やきもちを切り替えればこんだけ魅力的な作品も滅多ないかもしれない。ご存知こうの史代の出世作、の映画化。

夕凪の街 桜の国

YouTube - trailer 『yunagi no machi sakura no kuni』
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
その角度にしか興味はない
2007 / 08 / 17 ( Fri )
きょうから盆休み明け・仕事始めだったのだが、休みのラスト2日間はぎっくり腰のせいで絶対安静状態で過した。すこしなけた。ぎっくり腰になったのは7年か8年ぶり…。そう、そんときも、丁度盆休みのタイミング。夏コミ最終日。脂汗流して、がっつり買って、帰省して死んだ。なんなんだろうこの報われなさ(木尾士目『げんしけん』第2巻第9話「ハイ、フライ、ハイ」の斑目をソフトにしたようなかんじ…だから、この話数は笑えない)。



ひでぇ話しだ………。あは、きょう初日ですね…数年ぶりで、ものすごくきにかかる。

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
RONIN (1998)
2007 / 08 / 17 ( Fri )
RONIN

YouTube - Ronin - Movie Trailer
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「少しは時祭イヴを見習えよ」
2007 / 08 / 17 ( Fri )
痛いニュース(ノ∀`):「やっと時代が追いついた」 世界初の“バーチャルアイドル”伊達杏子、6年ぶり復活

とくに云いたいことはなくて、すべてレスにある通りかと。メガゾーン23とか、イリュージョンがどうとか、テライユキがどうとかの議論の遥か手前に、もはやアイマスの存在があるからなあ。



セカンドライフでおもったのは、あのー、『さんさん録』の参さん。有り得ないくらい羨ましいセカンドライフ送ってるなーとか、ふとおもった。ぎっくり腰で脂汗流しながら再読してたので。

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
SHIFT 『 SHIFT 』
2007 / 08 / 16 ( Thu )
この手の音出すバンドは、得てして妙な緊張や威圧をかんじさせることがたぶんにしてあるけれど、このバンドにはそれが無い。陽性で自由奔放…。ライブもそうだった。人柄がちゃんと音に表われているとおもいます。

SHIFT - SHIFT (MWCD-11)

音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジグラット崩壊に匹敵する官能映像
2007 / 08 / 16 ( Thu )


町山智浩アメリカ日記で知ったんですが(RESFESTでも上映済みみたい。ステ6にあがってた予告はコチラ)。中盤以降ははっきり云ってサービス精神の塊りだとしか説明できないし、ラストはいまにもダイダロスアタックしそーなガラスの山が出来上がるし…。なかなかグッとくる素晴らしい映像。

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
triple babel sweet hereafter...
2007 / 08 / 14 ( Tue )
sweeeeeet here afterrrrr

せっかくなんで上部のみ。この棚の利点はワイドが広い点、棚ダボが最初からDVD仕様で組める点。
この棚は8段ある。単品、BOXの別を抜きにして現状140箱が収まった。ので、とりあえず隙間は出来た。

…わーい。でも時間の問題。だいたい、岡本喜八の2箱がH寸法のせいで納まってねえし。

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
triple babel
2007 / 08 / 14 ( Tue )
ついさっき、汗だくになって二つ棚を完成させた。もう、棚なんて要らない。要るけど、つくりたくない。今回は地獄だった。暑いのはいい。でも、なんで腰捻っちまうのか。湿布貼ったよ。くそったれニト☆リめが…。

都合9個これまで購入、組み立てして、若干のモデルチェンジはあったものの木製ダボを用いたわかりやすい、そして組み立てやすい作りがきにいっていた。だがしかし、今回のモデルはあからさまに対地震のつくりが成されている。床板は10センチほど手前にせり出し安定性増してる(が、大層邪魔)。

くわえてだ、背板の固定処置(裏打ちのみ。これって…うまく咬まないことへのエクスキューズ)と壁面固定材が付属。後者は良い配慮だとおもう…だが、中越クラスの地震が発生したとき、確かに棚は倒れないが、なかの物品は全部落ちます。結局銀盤踏んで脱出することになるのは変わりないので、この処置はしなかった。たかだか棚風情のためにクロスブチ破るのも嫌だしね!

twin tower


放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
(ペース配分も)じつは計算どおり(ですよねー)
2007 / 08 / 14 ( Tue )


フルレングスのMADは、往々にして後半に失速する。手前つかツカミに集中しすぎなのか、見世物になるレベルのネタが切れるのか。なんとなくそういう傾向がある。ま、実際90秒くらいでスカッと楽しませてくれたほうがコッチもラクなんだけど。

だが、このMADはすばらしいです。中ダレ一切せず中盤以降にキッチリとピーク持ってきてますぜ!

その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ZAZEN BOYS “TOUR MATSURI SESSION” @ 仙台 CLUB JUNKBOX (8/13)
2007 / 08 / 14 ( Tue )
年に1回は何やかや見てるザゼンボーイズ。今回のトピックは、新メンバー吉田一郎が加わった編成だということ。ひなっちがおらんことになってやや客入りが減って、んまフロアは居心地けっこうよかったすけどね。

一曲目は「KIMOCHI」。これまでのアレンジ違い。シューゲイザーな轟音が延々鳴り響くかんじが格好よく興奮。しかしその後はベースがやや強調されたセッティングだったせいで妙な歪みがきになった。佐藤佐吉みたいなルックスの吉田一郎のベースはそういう環境で鳴ってたせいもあって必要以上に際立ってよく聴こえてたが、んま、なんの問題も無くこなしていた様におもえる。

また、新曲を中心にギターレス編成の曲も披露(「CITY DREAMING」、「I don't wanna be with you」、アンコールで「AMAYADORI」)。正直どうかとおもう瞬間もままあったが、先の「CITY DREAMING」~「I don't wanna be with you」などはディスコというよりはサイケつうかスペース・ロックといった風情で、もっとミニマルに淡々とやったら大変なことになるのではとおもった、が、未完成状態のこのかんじもわるくはない(だが、これでいよいよ先日の54-71との差が明白に)。

個人的なピークは「半透明少女関係」!リズム廻り、まんまニューオーダーの「ブルー・マンディ」アレンジ!!イントロのキックまんまでパターン組んで、前半のブレイクも再現。あきれたと同時に声出して笑った(ココでも触れてる人いるなーとおもったら…東芝のA&Rもとい元ナンバガの担当だわ)。
うーん…結局リズムしか聴いてない。松下敦で成立してるバンドになりつつあるような…。

TOUR MATSURI SESSION 2007

音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
8月の現状 (というか惨状)
2007 / 08 / 13 ( Mon )
KOTOBUKICHO’S CROW

続きを読む
たんけん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
横浜 寿町フリーコンサート ( ソウル・フラワー・モノノケ・サミット )@寿町職安前広場 (8/12)
2007 / 08 / 13 ( Mon )
いわゆる、寿町はドヤ街。5年前まで横浜に住んでおり、このへん(中区)は仕事上の担当地区だったが、正味な話し、元町とかしか客はいなかったので通過しかしなかった。

今年のアラバキロックフェスでの個人的ページェントはSFUだったので、なんとか都合つけて見に行った。あははバカでしょ。お目当てはSFMSのみです。後輩ちゃんと一緒4人で行った。

んまー、おっかなびっくりで現地に到着して、こう…ありがちなロックフェスの簡単に一蹴する凄みつうか、磁場がムンムンしていた。タワレコがエコだなんだかんだお題目掲げてゴミ拾い推奨するような軟弱な空気は微塵もない。尿臭とタバコとビールと出来上がった半裸の壮年男性らで構成されている祝祭空間。いろんな意味でクラっときた。

肝心のライブだが、3時開演で、15分前についたら既に演奏してるじゃん!中川敬が「あくまでリハーサルだから!」と云いつつ、ふっつうに演ってました。すでに現地の人らも大盛り上がり。一旦掃けた隙にビール購入、見やすい場所もとめてウロウロ。で、開演。

主催側の公式HPの出演者からのメッセージにもあるとおり、限られた演奏時間のなかでキラーチューン満載の演奏だった。すごい盛り上がったし。んま、一番しか演奏しないという離れ業使いつつ…もっと聴きたかったけど。
個人的には、「満月の夕」がこの編成で聴けて大満足。でも、ややまだ日が高かったね。

横浜 寿町フリーコンサート


音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
シュレック3 (2007)
2007 / 08 / 13 ( Mon )
なんかわかんないけど、あの、結局『スパイダーマン3』は見送ったのね。せっかくの完結編なのに、全然おれに引っかかるものがなくて。勿論前2作は封切で観てたよ。でもさ、出来のいいただの映画じゃん?みたいなきがして。完成度とか、もうどうでもよくて。

シュレック3

YouTube - Shrek The Third Trailer
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
まして素性なんてわからない
2007 / 08 / 11 ( Sat )


夏だし、夏だから。ねちっこい暑さ。

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
nhhmbase 『 nhhmbase (1st) 』
2007 / 08 / 11 ( Sat )
これはこれでわるくないのだが、まとまりがよ過ぎて、正直ライブの凄みはかんじられない。
都内では頻繁にライブしてるようなので興味の有る方は、そっちが先かと。もっと開放的。

nhhmbase - nhhmbase

MySpace.com - nhhmbase

音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トランスフォーマー (2007) (2回目)
2007 / 08 / 10 ( Fri )

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ある意味日本の先端芸能。でも執拗で暴力的なサンプル駆使するほうがすき。
2007 / 08 / 09 ( Thu )


うは。こらやばい。早速オーダー。でも、市井のマッシュアップ/MAD職人の狂気のほうがヤバイかもね。コレとか、コレとか…さ。でもMOSAIC.WAVは流石。売り物としてこういう技法をよしとしてるのはエライ。
5曲目はアザトサよりこの熱狂にのらないほうが人として間違ってると弾劾されそなほど!だし、UKインディロックの勘違いリミクスみたいな6曲目も発汗。

その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
数ある組曲ネタのなかでは最上の部類
2007 / 08 / 09 ( Thu )


9:20からの国歌ブレイクには掻き毟られるおもい。だいぶ前、創作でサークル参加したとき、お隣さんの漫画(安部公房『箱男』をモチーフにしたかなりキテる内容)を米沢代表がふらっと、じつにふっつーに買いに来たときに、ああ、このひと本当に漫画好きなんだ…と訳もなく感動した…ことをおもい出した。やっぱ黙祷。

その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。