スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
V.A. - 『 LIV-ING HUSKING BEE-ING~tribute to HUSKING BEE~ 』
2007 / 09 / 30 ( Sun )
べつに詳しくないし。あ、以下の記事が詳しいですよ。

web Rooftop: 磯部正文×工藤“TEKKIN”哲也×ISHIKAWA('07年8月号)

否定も肯定も出来ないけれど、かつてこういう音楽を聴いていた。それに連なって、これまでも、いまだって、いろいろ聴いてるわけだし。ハスキンはちゃんと聴いてたわけではない。でもその頃のEMOなり邦ハードコアシーンでは欠くことのできない存在だったとはおもう。個人的にグッときたのは英語詞から日本語へシフトしつつあった或る一時期だけど。

正直、BEYONDSが聴きたいがために買った。彼らがカバーしたのは、おれ自身チンプンカンプンだった2004年リリースのアルバム『Variandante』からの1曲。彼ら流の愛情満ちた解釈と仕上がりで本当に最高。ある意味難解だった?収録アルバムをいま何となく聴く。それなりに判ったような、でもまだ判らないような。

ほか、ロリータ18号MOGA THE ¥5あたりが流石っつーか、よかったです。NAHTのセイキ氏と中尾憲太郎によるTHE OZONESは…NWリバイヴァルはわかるんだけど…ノーコメント。

LIV-ING HUSKING BEE-ING


スポンサーサイト
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
こーゆーことで休日が削り取られる。
2007 / 09 / 30 ( Sun )
萌えキャラ作成ソフト「キャラクターなんとか機」が人気 :にゅーあきばどっとこむ

うっかりしたことはできない!自分はさっき日日ノ日キで知りました。みんな上手いなあ!もう…。

nanikasticgirls

とりあえずセンスないのは自覚してるから!

K.Hみっくす ふぁーすと えでぃしょん

その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
絶対の愛 (2006)
2007 / 09 / 30 ( Sun )
良くも悪くも人のこころに楔を打ち続けるキム・ギドク先輩のジャパンマネーで製作された最新公開作。

Time Kim Ki-Duk

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夜の上海 (2007)
2007 / 09 / 30 ( Sun )
どきどき☆異文化コミュニケーション。ロマコメで、ある意味観光映画で、ヴィッキー・チャオ映画。

夜の上海

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フレンチ・コネクション (1971)
2007 / 09 / 28 ( Fri )
誰がどう云おうと、傑作ですよ。付け加えたりすることは、多分なにもない…。

フレンチ・コネクション

続きを読む
映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
たぶん2,500円の廉価版だとおもう
2007 / 09 / 28 ( Fri )
痛いニュース(ノ∀`):“エリカ様”番組でマジギレ ガン飛ばし「沢尻会は…」

なんかも、いろいろとーどうでもよくなってるような、そうでもないような、そんなかんじなんですがね。
しかし沢尻会には興味津々。こんな目に力のある役者は昨今いないような…や、ほめてない。
なんかの間違いで沢尻会の呑み会参加することになったら、その場には30秒も耐えられないとおもう。

『つよきす』実写化の暁には当然…。



ツェッペリンを(ついでに長澤も)フックアップしてるつもり?…本格派姐さん女優の登場に乾杯。

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
街のあかり (2006)
2007 / 09 / 27 ( Thu )
もうね、いつもどおり、例によって、うだつのあがらない負け犬の、うだつのあがらない様を、透徹としつつもユーモアまじりのいつものタッチで描く、カウリスマキの映画。

街のあかり

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
こういうのが簡単に見られるのは素晴らしい
2007 / 09 / 27 ( Thu )




なんか最近、疲れることが多くて…もうね、考えるといろいろ落ち込む。そういうときはこういうアヌメ。
もうね、最高。80年代アヌメ最高。おれの帰る道はあっちじゃない!こっちだった!

メーターだけであっちゅうまにタグが埋まる。てか溢れた(毛利とかカリスマ井上とか……)。
作画云々や豪華声優陣の変名仕事で語られることの多い本作ですが、じつは諦めに裏打ちされてる陽気な80年代真っ盛りの作劇と展開、キャラクター…才気奔った若きメーターの暴走が、いまジャストで刺さる。

その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
艦橋のガンイージあたりで胸詰まる
2007 / 09 / 25 ( Tue )
逢坂浩司さんが亡くなったとの事。



逢坂浩司氏=アニメーター : おくやみ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

……。正直、サンライズ第2スタジオ系の画ってすきじゃないんだけど、でもなんだかんだと見てる。
べつにBONESもすきじゃない。でもなんか落ち込む。Vガン相当すきでした。ご冥福お祈りします。

その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
9:04からの展開にBGM含め涙
2007 / 09 / 24 ( Mon )


不覚にもないた(ガンダルフのくだりで)。嘘か誠か、そんな事はいい。アイマスとか春閣下とか、そんなんもいい。これはドラマチックな塊。LOTRで一ミリも心動かないおれが…。くだらない遣り取りだ?手前勝手な妄想だ?…知るかそんなこと。

選曲の具合がベタ過ぎ神過ぎ。そういうわけで、こんなエモーショナルな動画ないです。

その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
"do it 2007!!!" @ sandinista (9/22,23)
2007 / 09 / 24 ( Mon )
昨年は参加できず。なので万難排して今年の“do it”は…!とおもってたんだけど。22日の初日のほうは先に記したオンチ映画祭観にいく都合もあって、tialaしか見れなかったのでした。んまー相当後ろ髪ひかれる想いでしたが(だって…nemoにトクマルシューゴにNAHTにトリがU.GMANだよ!?)。

んで、体調万全にして23日はガッツリと。ちょっち新幹線乗り遅れて4時に地元に着いて、そっからだったのでこのタイムスケジュールでいうとノンポリラジカル以降、とりあえずすべて(何らか欠けはあるかもだけど)見た。

do it 2007

続きを読む
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
オンチ映画祭速報兼テスト(新幹線から)
2007 / 09 / 23 ( Sun )
ツーカーの消滅まであと半年なのに、とうとう宗旨変えしてしまって、auに切り換えしてしまった!さっき新宿で。てなわけで、てす、てす。

昨夜はオンチ映画祭に行ってきました。クールありホットありコミカルありと、今回のラインナップもバラエティに富んでます。

本日二日目が賑々しく開催されますので、ほんの少しでも興味のある向きは是非是非。


映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
グルコサ☆meaning of love
2007 / 09 / 21 ( Fri )


なんかわっかんないけど、最近、声優の卵だった人との面接の機会を失いました。ギザカナシス。
それを信用のおける後輩ちゃんに伝えたら、「ばーか」だって。ユーモアやロマンのない人はきらい。

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ところでエコノミーってなんだよ
2007 / 09 / 21 ( Fri )


ここ数日で観た動画の中では出色。なんせセンセ、新劇場版のキモを往年の名ソフトDOGA-L3にてある意味魂SPECで(きもち)完全再現!!「想像もつかない形に変形」、「不可解に展張してわけのわからん形状に!」のラミさまが見事に再現されてます!廉価ソフトによるダウングレード表現である点、公開3週目の速攻感漲る仕事振りからしても、真心と心情溢れる最高の表現がここにある(画的に完璧ネタバレだけどね)。

その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
荒野のオンチ映画祭
2007 / 09 / 19 ( Wed )
今週末に「オンチ映画祭」というすこし不思議な名前の上映会が東京の町田でおこなわれますよ。
今回でなんと8回目。身内ウンヌンは抜きにして、これは本当に誇れることだとおもいます。

オンチ映画祭 - 第8回オンチ映画祭 - Onchi Film Festival

日程 平成19年 9月 22日(土) 23日(日)
会場 東京都町田市 サウスフロントタワー町田3F 「町田市民フォーラム」
アクセス
開場 18:00
開演 18:30
終演 21:00

なーんか無料で、二日間に渡って自主制作映画が観られます!おカネなんか取らないですよ!
ですので、映画なんか特に興味がなくてもヒマな方、お近くの方、話のタネにおいで下さい!
(ある意味、町田の風物詩と化しているかもです。アンケートにこの世の憂さをブチ撒けよう!)

第8回オンチ映画祭

しかし…本編観てないけど、中村の作品はある意味希望の星だな(これで人ひとり死なない内容だったりしたら、おれは…)。それとさ、『ぐっとくる題名』読んでおきながら今時このタイトルになる、そのセンスがすこしおかしい。西部劇か大和屋か…。

映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
CODE46 (2003)
2007 / 09 / 19 ( Wed )
個人的マスト『ひかりのまち』の(最近妙に社会派)、マイケル・ウィンターボトムの近未来SF。

CODE46

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
DE DE MOUSE 『 east end girl 』
2007 / 09 / 19 ( Wed )
正直、引っかかりないですわ。かなり期待してたデデマウスのマキシシングル(ミニアルバム?)。



全般的にスケール感とメロディアスさが増したようだが、表題曲含めリズム関係が全く弱い。
アルバムのアウトテイクスとゆーか…んま、敢えてそうしたのだろうと勘ぐるのだが。瑞々しさが失せて、なんか無音のブレイクが障るようになってきた!そんななか、唯一の救いがチェリーボーイ・ファンクションのリミックスだったなあ。撥ねたリズムが心地よいです。

DE DE MOUSE - east end girl

続きを読む
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
なに一つなびく物がない予告も問題だが
2007 / 09 / 18 ( Tue )
中央日報 - 「シム・ヒョンレ監督はスピルバーグでなくウベ・ボール」

なんつうか、いろいろ突っ込みどころの多い記事。とりあえず被虐的な記事だなあ、と。ウベ・ボールって誰?とおもったらウーヴェ・ボル(Uwe Boll)だった。なはは。とりあえず『ヤンガリー』をつくったひとに、この比較は失礼じゃない?

中央日報 - NYTが『D-WAR』を冷笑?…電子版・トップ記事に

べつにおれ、嫌韓なひとではないので、こういう尻馬に乗って目くそ鼻くそを笑うのはどうかとおもうけど。日本も韓国も米国も、クソな映画はどこまでいってもクソでしょ(どうすりゃ『グエムル』をディスれるのか、その神経がわからない)。個人的に下の『D-WAR』のトレイラー観ても、画的な快感は少ないよね。



すぐさま連想したのは、『G-SAVIOUR (1999)』あたりの気まずさや他人事感かなあ…。
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ (2007)
2007 / 09 / 18 ( Tue )
期待と不安で云えば、遥かに不安が上回っていた。話しだけ聞くとおもしろそう、だけど…。
三池の場合、得てしてバジェットがでかいほど不安の的中率の精度が上がる(バジェットの大小と、本来の出自であるヤクザ/ヤンキーVシネからのブレ幅の大小でおおよそ予測が立つ)。
要するに、カネのかかった、なおかつヤクザ物でない企画で良作はないと断言してもいい。

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ

(邦画だけど、邦画なのに)力いっぱい精一杯作った、という点は評価したいが、カネ払ってしまえばそれまでのこと。そんな配慮や勘案、ふっつーの観客はしない。
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アヒルと鴨のコインロッカー (2006)
2007 / 09 / 17 ( Mon )
文学作品を映像化すると、得てして有り得ないだろっつうシーンが、まんま映像的に再現されてて困るよね?笑わせたいのか、そうでないのか。「神さまを閉じ込めてさ、なかったことにすればいい」って、それをマンマ表現すると…(以下ネタばれ)。

アヒルと鴨のコインロッカー

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ため息でSo long in my dream
2007 / 09 / 17 ( Mon )
そんなこんなでとうとうらき☆すたが終了(マイリストのランキングで3本最終話がランクイン)。



ニコ動の隆盛と手に手をとって放送されてたきがするし、OPシングル発売の祭りや角川削除祭りなんかもあったりで、ある意味2007年を代表する、そして象徴的すぎるアニメだった。

地元じゃOAされてないから、ニコニコ頼みだったわけですが(放映されてても見てないとおもうが)、終わってしまうとそれはそれでさみしい。チアのシーンはもっと感動させられるはずだが、ベタを外すのがらき☆すたならば、それに則った演出だったようにもおもう。本編の温度そのままに、エンドロールの選曲とその再現の低温振りに感心した。

しかし…コメントの流れないらき☆すたなんて…鑑賞できるのかな?

その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Perfume 『 ポリリズム (初回限定盤)(DVD付) 』
2007 / 09 / 17 ( Mon )
初回盤5万枚という強気なリリースに応えるように、オリコンの初動4位だったそうで、まずはめでたい。

Perfume - ポリリズム

かしゆかかわいすぎで危険すぎ。やばい。鼻がとくにかわいい。
続きを読む
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
リッチャンハEMOイデスヨ
2007 / 09 / 16 ( Sun )


驚いた。週刊アイドルマスターランキング見て知った。予想だにしない組み合わせ、だがこれ以上ない組み合わせ。原曲の尺のせいでちりっと冗長なきもするが、ある意味吉野以上にエモいから凄い。

その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
後半のソニックな人外ぶりが聴きどころ
2007 / 09 / 16 ( Sun )


結構前から関係各所でエライ騒ぎの初音ミクねた。一部でPerfumeより人肌のぬくもりがあるとの意見もありましたが、そんなもん容易に頷けないわけだ(虹/惨事行き来する者としては)。だが、これが現実なんだよ?オリジナルの人工感、メタリックな具合をじつに細やかなアレンジでトコトン押し進めたら、あれれ?みたいな。



でもこっちのほうが、まだまだ凶悪かつドリーム。

その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ラッシュアワー3 (2007)
2007 / 09 / 15 ( Sat )
タイトルほどの勢いはもうない。けれど、たかだか映画ごときにナニを期待してるんだよ?っていうかんじで冷や水ぶっ掛けられるような、でもどっかで既に観たことがあるかのような、ごくごく普通の娯楽作。

RUSH HOUR 3

おれ、『スパイダーマン3』観てないし、『オーシャンズ13』も観る予定はない。どちらも1作目2作目は観たよ?でもさ、おれが見なくても、いいようなきがしてるの。その…おれがいなくても世界は廻るんだし、会社もスムーズだし、家庭は円満なんだよ。となると、観なきゃいけないのは、どう考えてもこの映画のほうだろ、となる。
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ (2007)
2007 / 09 / 14 ( Fri )
実際どうなんすかね?本谷有希子の芝居は2度ほど観たことがあるけど(劇団本谷有希子の第2回・第3回公演)、なんつうか、本人舞台に居ないのにかかわらず自意識過剰なかんじがあって、それは映像化された本作にも通じるものがあったようなきがする。舞台上の女優陣より主宰のほうが遥かに美人…内容はああいうみもふたもない話し…って(んで、客入りのときえらくニコヤカに愛想良くしてんのね本谷様)。

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

そういう、安易に消費されたくないいじましさがあるというか。筋?すぐに忘れるような内容でしたよ。
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Pretending not to see his gun.
2007 / 09 / 13 ( Thu )
元(!?)NEW ORDERのベーシストPETER HOOK、TONY WILSONの追悼ライヴで元サヤに収まることができるか? - bounce.com [ニュース]



なんかも、どうでもいいです。とりあえず、なんかも、カウベルが足りない!

Peter Hook: 'I WOULD play bass in New Order again' | News | NME.COM

音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もっともそうな二人の沸点
2007 / 09 / 13 ( Thu )
痛いニュース(ノ∀`):彩香ちゃん、「お母さん」と叫びながら落ちていった…秋田子殺し事件

きのー、きょうと秋田に出張。きのうの3時ころ、業者会出席前に現調せんといかん場所があって同僚とともに使い慣れないナビ使って秋田市中心部を走る…と、秋田地裁前に報道陣…カメラクルーがわんさか。なんぞこれ…とおもいきや、今朝同僚の解説によると上記事件の初公判だったそうな(酩酊が過ぎて一切TVも新聞も見れなかった)。

なまはげとともに、世間を震撼させたこの事件…云いたい事、おもに妄想方面でたくさんあるが、とりあえずどうでもいいです。それよりも、昨夜の二次会でのこと。

例によって得体の知れない焼酎をガブ呑みしてたんですね、秋田のキャバクラで。んで、近頃、日本人の女の子の店に行くと、なんつうか、非常にくだらない身の上話しをおれするのね。どう考えても、愉快な酒にならない話し(盛り上がらない、むしろ、さがる)であることにしばらくしてきがつくんだけど、話題を変えようとして、「幽霊見たことある?」「犬飼ってる?」などの、いよいよ興味のないテーマを振ると、なんか見事に乗ってきて、それはそれでなえた。

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
まぜまぜはすごくたのしい
2007 / 09 / 11 ( Tue )
あすは秋田に出張。寝なきゃ。そのまえに準備しなきゃ…なのに、だらだら。帰宅したらPerfumeのニューシングルが届いてて、聴きたかったんだけど、そういやDVD『Fan service~bitter~』の封も切ってねえや(こんな品物の封切りたくもない…や、別段他意があるわけじゃないが)。

つうかんじですべてにやるきを無くしてしんだ。最近、おもしろいほど部屋で酒をこぼします…。



どのへんがポリリズム?とか聴くのはダメ?(Flying Rhythmsあたりにリミックスしてもらうとかさー)

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
V.A. 『 もってけ!セーラーふく Re-Mix001 -7 burning Remixers- 』
2007 / 09 / 10 ( Mon )
この夏、ホントこの一ヶ月、結局この一枚しか聴いていなかったきがする。まさにサマー・アンセム。
これって当然ながら、「REMIX」とか「LOUD」とか、「クッキーシーン」とか、あとサンレコの別冊みたいな(いわゆるニットー系)音楽誌のアルバムオブマンスに選出されてるんだよねえ???


続きを読む
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。