FC2ブログ
きょねん後半にiTunesとかSonicStageにいれたCD
2008 / 01 / 12 ( Sat )
メモみたいなもんです。まるで中学生。
続きを読む
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ベオウルフ/呪われし勇者 (2007)
2008 / 01 / 11 ( Fri )
アハー☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆…。allcinemaの素人星取りで☆みっつって。どんだけ見識浅せえんだよ。こんだけの映像体験させてもらって…貧乏馬鹿かと。速攻☆10で介入しますた。いつ反映するんだろね(こういう星取りは大嫌いなのですが…さすがに見かねた)。

ベオウルフ/呪われし勇者

もし昨年中観てたら、『トランスフォーマー』とがっぷり四つで組む驚愕の映像体験。ここで挙げたランクにも激震が。おれが去年観てた映画って、いままで観てた映画って、なんだったんだ?常にゼメキスは正しい。塗り替えられていく諸々。帰宅後デジタル3Dの近場劇場を探したのは云うまでもない…無論必見!!
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
箆棒な人々 戦後サブカルチャー偉人伝 ( 竹熊健太郎/河出文庫 )
2008 / 01 / 11 ( Fri )
われわれ世代でベラボーといえば、コレですわね。おもえばあの頃のナムコはいろいろな意味で迷走しまくってた(それに健気に付き合って小銭貢いでたおれら)。そのベラボーなのか、よく、わかりませんが、いまや存在自体がレジェンダリな赤田体制の初期「クイック・ジャパン(いまある同誌はご存知の通り半端なお笑い雑誌)」に連載されてた竹熊健太郎によるインタビュー集。その文庫版。単行本からも大幅加筆。手元に原典がないので比較できないけど相当増量。

連載当時ですでに香ばしいというか、人物もそのエピソードも、戦後の混乱を体現するかのような、ドサクサ具合漂うような胡散臭い内容だったが、ひとまわり以上経てしまえばなんだかほっこりと落ち着いた風合い。とはいえ錆びつかず、いまだドスがきいている。

個人的には康芳夫と川内康範がグッときました。こうやってまとめ読みして、当時と大きくちがうかんじかたしてしまうのは、アレですわね。日本とその周辺の国々とのかかわりあい方、かなあ。所見時とはいま情勢ちょっとちがうじゃん。微妙じゃんいろいろ。登場人物たちの振る舞い、戦時中であってもおおらかさが何とはなしにあるような(ないような)。

とりあえず大著つか一気に読むとどっと疲れる本。この値段はやむなしかも…。あ、酒のつまみに最適です。白木屋とかで軟骨揚げなんかとベストマッチです(年末けいちゃんに、「『最強伝説 黒沢』ですね!!」と云われた。…否定はしない)。

箆棒な人々 戦後サブカルチャー偉人伝

読書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (2007)
2008 / 01 / 11 ( Fri )
異論反論あろうが、日本で一番ピーター・ジャクソンに肉薄している男(だとおもう。白組は日本のWETAですよ)、山崎貴の国民的大ヒット作の続編。

観ながらおもったのは、実写版『げんしけん』の荻上役は掘北真希ちゃまでキマリですね!珍妙な東北弁を操るロクちゃんに激もえ。あのやわらかそうなほっぺとか背中とかイロイロを想像するだけで…ギャー!!山崎も『もやしもん』OPとかパチエヴァCMの演出してる場合じゃねえよ!次の漁場はコッチだ!!あ、ガンガンネタ割れしてますので未見の人は御注意。

ALWAYS 続・三丁目の夕日

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
かつて誰もが憧れた「居候キャラクター」。
2008 / 01 / 11 ( Fri )


きらびやかな絶対体験。なきそう(おれが)。
その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
レポマン (1984)
2008 / 01 / 09 ( Wed )
A repo man spends his life getting into tense situations.

repoman

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ところでこれなに? たちまちいやになりました
2008 / 01 / 07 ( Mon )


われらがPerfumeちゃんの新曲。PVはCG臭さというかGONZO臭は後退して(監督はいつもの関和亮ですが…)、かしゆかがきもちオーヴァーフィーチュア気味でうれちい。聴いているとだんだん有頂天の名曲「べにくじら」が聴きたくなるのはなんでなんだぜ。
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ちーちゃんは悠久の遥か彼方の向こう岸
2008 / 01 / 07 ( Mon )
新風舎が民事再生法申請へ - 社会ニュース : nikkansports.com
自費出版大手の「新風舎」、民事再生法の適用申請へ : 文化 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
asahi.com:自費出版大手「新風舎」、再生法申請へ - 文化・芸能

新風舎ktkr!以前とあるエントリで親切な人がコメントつけてくれたおかげで妙に勉強しましたよココ。…んまあ、書店に置かれたらなーなどという妄想のその手前で、オフセットの同人誌でもつくっちゃったほうが余程心身は健康的かと。宴席で配る/配らないは自己責任で。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
とりあえず3年くらい経年したパイレーツなDVD、そろそろデータ飛び始めてます…。
2008 / 01 / 06 ( Sun )
アニメ産業とビジネスの情報:ワーナーブラザース ブレーレイ一本化発表 アニメDVDはどうなる

記事読むと、現在製作中の押井守最新作『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』も引き合いに出されている。ワーナーの資本が入ってるつうわけで、ほぼ、固まりましたかね?次世代規格の情勢。日本ではアニメや特撮ソフトがこの手の新規格の牽引役だからなあ。…まあ、その前に買わなきゃならん&観なきゃならんDVDが山のようにあるわけです。あと押入れの中で磁気帯にカビ繁殖させながら眠ってるVHSテープエンコするだとか…。その辺の整理がつかないとニューメディアなんて夢のまた夢。
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
AVP2 エイリアンズVS. プレデター (2007)
2008 / 01 / 06 ( Sun )
ごく一部で“プレさん、プレさん”と一定の畏敬の念を持って呼称(この敬意の払われ方はトキワ荘における“テラさん”に対してのリスペクトと同種のものかと)されている殺戮宇宙人と、ただすばしっこくて繁殖して増えやすいだけになってしまった殺戮宇宙怪物との抗争劇(というか、やったらやり返せ!的な)。殺戮の舞台は宇宙から地球へ。時代も現代へと遡る…すべてにおいて逆行。

AVP2

んで、結論なんだけど、かなり退屈。見事なまでに前作との関連がない(“2”を謳う理由がない)。そしてすべてが格段にスケールダウンしている。以下、ネタバレしてますけど新春を寿ぐ意味でお読みください。
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
DN-FLV800D
2008 / 01 / 06 ( Sun )
CloseBox and OpenPod > 「みっくみくな携帯動画プレーヤー」を鏡音リンでレビューしてみた : ITmedia オルタナティブ・ブログ



動画再生機能を持った携帯プレーヤーに触手が伸びない(現ラインナップのiPODも。SanDiskは多少きになる)。んもー素直に対応させろよ…。このプレーヤーもきにはなってたんだがようつべもニコニコも未対応だそうです。でもDailymotionはOKって、おなじFLVじゃないの??
その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
酔眼のまち-ゴールデン街 1968~98年 ( たむらまさき・青山真治/朝日新書 )
2008 / 01 / 06 ( Sun )
読み終えて、ただやはり意味がわからなかった。わるくはないんだけど、この本が書かれた意味が。これ同人誌?自分史?だらだらとした昔話、おもいで話。ドキュメンタリーから独立プロの作品群を経て、いまもなお最前線の名キャメラマンの語り起こし、自分語り。主に呑み屋での交遊録。そこにちょっとした時代背景が絡む…。

よくもま、覚えてるなーと。おれなんか、呑み屋の名前も場所も、すぐ忘れちゃうのに。覚えようとすると駄目なのかな。とはいえ、本書が新宿ゴールデン街についての資料的価値があるかどうかはわからない(たぶんないとおもう)。たむらさん、ネオン煌めくゴールデン街行ったり、雪深い茅葺屋根の古屋敷行ったりと忙しそうなのはなんとなく伝わる。

劇映画のキャメラを次々と担当していく後半のエピソードはともかく、前半は退屈。小川紳介、黒木和雄、土本典昭らの「青の会」について、「岩波映画出身の人たち」と括られた事への反感とか(ふうんそうなんだ…ってくらいで)。ほかには伊丹十三に対して苦々しくおもっている様子はよかった(後年、同じく伊丹への因縁浅からぬ黒沢清と合流し、たむらは傑作二本撮りVシネの撮影を)。

あと、腐すようで申し訳ないんだけど、なんで青山なんでしょうね?コンビ組んでるのは判るよ。作品はいいとおもうよ。でも、この本での青山の存在わかんない。出版の口添え?証言を残しておきたい?青山、中盤以降になって所々チョッピリ揉み手合いの手いれるだけ。青山作品が好きな人も、たむらのキャメラが好きな人も、これじゃ退屈なのでは?と。もひとつ、どうでもいい事だけど、なんか手前んとこだと、青山の名前が前に出てるみたいだね?

ただまあ小川紳介の存在が余程大きかったようで、映画監督と撮影監督の関係って、アニメの演出家と作画監督の関係そっくりだなあーと改めておもってしまった(作品毎に作監が変わる高畑勲は例外中の例外)。そういう意味で、普段語られることのない作品成立上の“女房役”の立場というか、心情がわかるのはおもしろい。青山真治はそのあたりを悟って…そういうあたりの理由というか必要から、この本が書かれたんでしょうね。多分。

酔眼のまち

読書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
恋の軍事費
2008 / 01 / 06 ( Sun )
ジョブキャフェ絡みの企業は皆潰れればいいとおもう。特に某…。





とりあえずなーんもやるきが起こらんので貼るだけ。二作ともアイマス職人のドントストップ感というか、通報寸前の愛が氾濫おこしてる。前者はうp主と同じく『スパイキッズ3-D:ゲームオーバー (2003)』公開時に配布された立体めがねで確認。ちゃんと立体のリッチャンですよ!!当然のマイリツコ入り。後者は極々ありがちなんだけど沁みた。共感?シンパシー?…その魂の報われなさ加減に。
その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Tangled In Your Thoughts
2008 / 01 / 03 ( Thu )


ちうわけで、今年はじめてのマイリス入り動画。アレンジの飛び方が秀逸。髪の毛の動きがかわいい。つか、ニコニコもひさびさなきが。去年の回顧動画ばかり見てしまって通常サイクルに戻れない。あと胃痛も。
その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヤング・アンド・ファイン
2008 / 01 / 03 ( Thu )
約1.5日ぶりに固形物を喰った。500円の助六寿司。…久々に生命の危機をかんじた。あれですね。散々、好奇心は猫をもぬっころすって肝に銘じてたのに…。ネタには事欠かないが全然嬉しくないし(書けないし)。とりあえず彼の地のタクシーの運チャンには要注意ですわ。

badsansa

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム |