スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
『アヴァロン』の日本語吹替はひどかったよ
2008 / 02 / 29 ( Fri )
CINEMA TOPICS ONLINE|声優の発表は4月中旬、押井守最新作『スカイ・クロラ』8月2日初日決定!!

『イノセンス』のプロモ体制を敷いたのはジブリの鈴木敏夫。それ踏襲する?本作の売らんかなの姿勢とこの記事を読むと、まさか声優の人選までジブリナイズするんだろうか…。少し不安なんだけど、さすがに田中敦子とか榊原良子は使えないんだろうけどね(でもキャラデは西尾鉄也じゃないのけ?)。

スカイ・クロラ

スポンサーサイト
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
りど☆すこ
2008 / 02 / 29 ( Fri )
リドリー・スコットが「レーガン・ゴルバチョフ会談」を映画化 : 映画ニュース - 映画のことならeiga.com

しかしさあ、生き急いでるんじゃないのかと心配になるね。撮影所でしぬつもりなのか?だってこの記事の出る前に撮影準備作含め、こんだけスタンバイしてるんだぜ?御年70歳なのに量産体制って…。まるで才能枯渇せず、なんやかや云って高位置でアベレージをキープし続けるのは凄いことです(口の悪い押井守ですらリドスコは3割打者だと賞賛)。フィルモグラフィみると続編を撮らない監督ですが(『ハンニバル』はラウレンティスから請われた請負仕事)、世界観が完璧だった過去初期作のスピンアウトとかも観てみたいよな…。


映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Life is like a filthily dung and garbage, and strange.
2008 / 02 / 28 ( Thu )


扉を叩く。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
うる星と、ガメラと、ポケモンと、Jホラーと、ネクサスと、Vシネマと・・・
2008 / 02 / 27 ( Wed )
ケータイ捜査官7:プロダクションIGが特撮ドラマを初制作 三池監督で4月開始(まんたんウェブ) - 毎日jp(毎日新聞)

転校してきたばかりで人とコミュニケーションを取るのが苦手な高校生のケイタ(窪田さん)がある日、工事現場でショベルカーが勝手に動き出すという事件に巻き込まれる。ケイタを救ったのは滝本(津田寛治さん)と、彼が使うロボットに変形する携帯電話。滝本はサイバーテロ犯罪と戦う秘密組織「アンダーアンカー」のエージェントで、ロボットに変形する携帯電話は「フォンブレイバー」と呼ばれる万能ツールだった。悪と戦う滝本の決意を目の当たりにしたケイタはエージェントになることを決意し、滝本の相棒だった「フォンブレイバー・セブン」とコンビを組んで犯罪に立ち向かう……という物語だ。

もうぜんぜん、さっぱりわからない。けれどなんだか、希望がわいてきた。蛮勇にも、程がある。あまりにも、滅茶苦茶すぎる。VFXのメインは(坂美佐子絡みで)OLMデジタルだとおもうが…。これはシリーズ構成が余程しっかり手綱締めないと…とおもったらこんなひとが担当。湯山がいるから?

アニメのニュースと情報 VFXテレビ番組「ケータイ捜査官7」夜7時に I.G、OLM等参加
Variety Japan | 三池崇史「子供を感動させる」
自称“Vシネマ人”三池崇史、現在のTVドラマ体質を斬る ニュース-ORICON STYLE-
「ケータイ捜査官7」が制作発表 - 芸能ニュース : nikkansports.com
島谷ひとみが三池監督に出演直談判…「ケータイ捜査官7」:芸能:スポーツ報知

フォンブレイバー

これみたらいきなり萎えた。容易に浮かぶ死屍累々(アイジーもわざわざ手前から窮地に陥ることないだろ)。すでに2chでは「ゴールドライタンじゃねーか」との厳しい声も(タツノコの遺伝子故?)。それでだ、ワンクール持つのかしら…。放映圏じゃないくせにいまからドキドキです。

ドラマ完全連動! ロボにも“変身”新ケータイ ソフトB - MSN産経ニュース
その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
hot hub
2008 / 02 / 27 ( Wed )
なんだかやんなきゃなんねえことがあり過ぎていやになるね。事務員が何百枚もミスプリしたりとか。眩暈。

忙しすぎて、人生の、大切なものを置き去りにしながらここ数週間過ごしてるわけですが、あまりにも業務上、差し支えあるもんで上に懇願してあたらしいカラーレーザープリンタを導入してもらった。ほんの3ヶ月早けりゃ冬コミに……。ともかく、たのしみに導入を待ってたのだが、設定しても動かねえのやら。クソったれ業者のヤロ。文句云ったら昼過ぎ4人くらい来て、修理交換までの代替品ですといってショールームに置いてあるニューエストな複合機が一時的にやってきた。マット調の黒光りしたナリででか過ぎるのが一見アレですが、多機能すぎ高速すぎ(あたらしいのが霞んでみえる)。結局この子を養子にしたいです。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
歓喜の歌 (2007)
2008 / 02 / 25 ( Mon )
徹夜明け、新幹線で3時間ほど仮眠とって、完全に二日酔い状態のまま日曜昼に観ましたよ…。心身ともに相当混乱した状態だったのにもかかわらず、いやむしろそういう状態だったせいもあってか、染み入った。ぶっちゃけボロボロになけた。松岡錠司&シネカノン(この組み合わせはなんだかんだで安心感ある)とゆー、ある意味卑怯すぎる一本。『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』は全然なけなかった(そこが大層心地よかった)のに…。本気でなかせに入るとおそろしい松岡。

歓喜の歌

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
人生に大切なことはすべて深田恭子から学んだ
2008 / 02 / 24 ( Sun )


そのせいか、いろいろ台無しにしているような…。昨夜からきょうにかけて、いろいろとおもいだしたりした。その結果、1㍉も成長してないことにきがついた。愕然としたけど、ぜったい成熟なんてするものか(と誓う)。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
にじかい
2008 / 02 / 24 ( Sun )
そんなこんなで皆さんおつかれさまでした。高橋君けいちゃんおめでとう!

harftime.jpg

続きを読む
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
続ヤング・アンド・ファイン
2008 / 02 / 23 ( Sat )
20080223225712
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
奈緒子 (2008)
2008 / 02 / 22 ( Fri )
演技力があると思う若手女優ランキング - goo ランキング

奈緒子

名前のおわりに「子」のつく女はきらいじゃないぜ。だけど、なんだかスナックの屋号のような(そして自分ひとりではぜったい入らないような)題名―。加えて云えば、「ビッグコミックスピリッツ」誌上で読まずに飛ばしていた漫画の一つでもある…。
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
血を吸うデジタルカメラ
2008 / 02 / 22 ( Fri )
「香港わいせつ写真事件」でエディソンが引退発表 2008/02/21(木) 17:13:31 [中国情報局]

数日前知ったんですけどね(←おそすぎ)ホント衝撃。日本じゃあまりアレかもしれないけど、いろんな意味でエディソン・チャン自業自得ですね。眩暈がしそうなほど羨ましすぎ。女性の敵は許せないですよね。てゆかPCを修理に出す感覚じたいがわかんね。ここ数日の肩の凝りは仕事のせいだけじゃなくて帰宅後のサルベージ作業のせいもあったような…。
放課後 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
CGじゃ本谷利明様の神作画にゃ遠く及ばないけどな
2008 / 02 / 21 ( Thu )
痛いニュース(ノ∀`):「AKIRA」、ハリウッド実写映画化実現…舞台は「ニュー・マンハッタン」

ネオ東京から舞台はニュー・マンハッタンへ―。以前触れたように、監督はCM界出身の新鋭Ruairi Robinsonになったようです(ちなみに脚本のGary Whittaはゲーム業界出身のひとみたい)。ようつべで観られる短編だけだけど、救われない人でなしなドス黒い魂抱えた奴っぽそうなので個人的には応援したいきもする。でもやはり、かえすがえすもラッセル・マルケイじゃなかったのが惜しまれる…。



こういう実写化もきらい・じゃないよ。
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
約束はいらない
2008 / 02 / 21 ( Thu )
PETER HOOK、MANI、ANDY ROURKEからなるスーパー・バンド、FREEBASSにヴォーカリストが加入。LIAM GALLAGHERやIAN BROWNもゲスト参加 - bounce.com [ニュース]

このご時勢にスーパーバンドとか…。こんなの学祭とか結婚式の二次会バンドみたいなもんで、そーゆーラフさだけじゃないですか見るべきところは。本気で集金かけちゃダメだとおもうんだ。むしろそこらの無名の中学生とかフロントに据えるよーなユーモアが必要。それが無理なら墓掘りかえすしかないよ。
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
all overtures
2008 / 02 / 21 ( Thu )


石のような肩たずさえて今夜もねむる。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
なんセカDVD情報
2008 / 02 / 20 ( Wed )
血で血を洗う次世代DVD戦争の終息迎えたいま、とうとう高橋哲也監督作品 『なんて世界は美しい』がめでたく世紀のDVD化でございます。第10回インディーズムービー・フェスティバルで見事に準入選のこの作品、DVDの購入によって投票権が与えられ、投票結果によっては敗者復活(入選枠入り)が可能という、かなりトリッキーな状態に置かれています。ブルレイ購入検討の前にまずは本作を!まだまだ広がるMPEG-2の世界をご堪能ください。なお、商品の発送開始は三月上旬、だそーです…。

『なんて世界は美しい』 DVDジャケット

インディーズムービー・フェスティバル|公式ホームページ
SoulNet Store「しらせ売店」
映画 『なんて世界は美しい』 公式ホームページ
『なんて世界は美しい』 関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
神戸港より入国
2008 / 02 / 20 ( Wed )
それって貨物かなんかかっつう話しで。なお、但書きには「天候等により、変更が生じる場合がありますので、予めご了承下さい。」だってさー。人命が貴ばれない昨今。彼の国ではあたりまえ。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
見も知らぬ至福の花を見た
2008 / 02 / 19 ( Tue )


ひさびさニコニコ見てたんだけど…これには驚いた。KAITOでこれはないわ(極めてよい意味で)。つうかオリジナル凌駕しそうなスレスレな瞬間があるってどゆこと(比較版)。…とおもったらこんな大名曲も。


音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今何時?
2008 / 02 / 19 ( Tue )
「らき☆すた」途中降板の山本寛監督、心機一転再スタート。|Techinsight Japan

山本寛は方向性は明確にしたものの、バトン受け取った武本康弘の仕事を評価すべきではないのかと。単に降板騒ぎが面白かっただけで…。武本の手堅さ(つか当たり前に高いアベレージ)の前にはかすんでしまうようなきがする。とまれ、山本寛の演出したみさおたんが見たかったようなきもする。


その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Money for gods sake
2008 / 02 / 19 ( Tue )


左肩から首筋にかけて尋常でないコリが。かつてない痛み。首傾げることもできない。左右に振ることもできない。だが縦に振ることはできる。全身全霊懸けて、ようやっとYesといえる日が。…帰宅したいでちゅ。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Butcher's storefront or cushy job (hotrod or chocolate)
2008 / 02 / 18 ( Mon )


月曜早々たおれそうなり…。毎度毎度変わりばえなく訪れる風物、修羅場のキセツ。龍角散ののど飴明治アーモンドチョコレートの消費量が異常。しかし一袋一箱で1,000kcal超って…。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ちーちゃんは悠久の向こう (2007)
2008 / 02 / 17 ( Sun )
ちーちゃんすか。へえ。なんつうか色々と微妙だな…。ま、いいや。本作は第4回新風舎文庫大賞の映画化。あのー、何度か触れてる所謂自費出版ビジネス?かぎりなくクロに近いグレーなビジネスで名を馳せっぱなしで破産手続中の新風舎から発された、最後の弾丸かとおもって。そんな理由がなきゃこんなもん観ませんよ…。

ちーちゃんは悠久の向こう

ヤンデレ青春ミステリーっつうのかな。あのー、ほら。シャマランの『シックスセンス』ってあったじゃん…?おぼえてない?あっそ…。あとさ、広末涼子の出てた『秘密』って映画にも似た出涸らしたサムシングが横溢…。
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
V.A. 『 White Album 』
2008 / 02 / 17 ( Sun )
知らない名前も多いんだけど、全編通して聴くと、93年~94年頃の空気を誰からも乞われずに本気で再現してるExTレコーディングスよりも指向性が明白というか、そんなきがする。ともかく、単なるエレクトロミュージックのコンピじゃない。流行り廃りから遠く離れてしまっているというか、まあロックというか…安直かもしれないが、ただ所謂10年位前のデジロックとか、数年前のディスコ・パンクなんかよりも余程初期衝動的というか、聴いてて物騒というかおっかないというか。

ぶっちゃけ、"The Dust Brothers"の頃の、ウェザオールが噛んでた頃のジュニア・ボーイズ・オウンとか、ウェザオールの彼女のやってたセイブレッツあたりの薄暗さが滲む…音そのものは陽性なんだけど、気分を害しながら踊り続けてるような、そんな具合のよさ。

個別でみると、派手なオープニングを飾るやけのはらのM-1、題名が酷すぎるM-2(Harley&Quin)、「スモークベルチ」みたいな?キラキラしたM-5(Pepe California)、COS/MESのM-6も製造年月日詐称みたいなタイムレス感溢れる純トランス。ゲリラレコーズあたりのトライバルぶりがすばらしいM-7(DJ YOGURT&KOYAS PRODUCTION)。トラック・ボーイズはプラティパス(PLATIPUS)っぽい果てしらずのトランスハウス。チェリーボーイ・ファンクションやデデマウスは普段聴かせる以上に激しくレイドバックしており、特に後者は「Boy Around The World」のオリジナルヴァージョンを聴かせる。極めつけはM-3(GOALTS a.k.a. ALTS)で、初期スヴェン・ヴァスふう荘厳つーか過剰にリチュアルな雰囲気と、本気でないユーモアにきが動転しそうなほどヤラれた。

V.A. - White Album

音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アメリカン・ギャングスター (2007)
2008 / 02 / 17 ( Sun )
ファミリーを構成しハーレムで熨していく男。彼を追い詰めんと奔走する男。二人の男の物語。黒く光る男と、白く誠実にあらんと願う男。だが、どちらも純粋にその色をまとっているわけではない…。リドリー・スコットがスティーヴン・ザイリアンの脚本で撮った実録NY黒社会物。発砲と爆発と女の裸が絶え間なくキチンと出てくるいまどき真摯な一本。

アメリカン・ギャングスター

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
文学賞殺人事件 大いなる助走 (1989)
2008 / 02 / 15 ( Fri )
「生意気なチンピラ女子高生を見るとむかむかしておもいっきり痛めつけたくなるんだ。良家のお嬢様育ちの世間知らずの馬鹿が…。本で読んだ知識だけで生意気に他人の作品だの社会などの批判を黄色いクチで捲くし立てやがって…」

文学賞殺人事件 大いなる助走

ちょっとまえ、芥川賞獲ったひとが話題みたいでしたけど。しらねえけど。よまねえけど。文学というより芸能みたいな雰囲気の、そんな堕した文壇事情を痛烈かつブラックに活写した筒井康隆による傑作フィクションを、余すところなく鈴木則文が実写化→結果、ハイテンポで隙のないアクションに。傑作。
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
HARM HARMONIZER
2008 / 02 / 15 ( Fri )
view from richfield

続きを読む
たんけん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
now I kiss you dark and long drive
2008 / 02 / 13 ( Wed )


表すごい雪。天候とかでなく、時節柄、ものすごーく、修羅場になってまいりました。二進も三進もいかねえのにこれから出張でニ連泊…とても出かけられる状態じゃないのにー。ひとの不幸でメシ喰うだけの糞ったれ社労士め(電話くらい直ぐ寄こせっつうの)。もうね、ぜんぜんたのしくない。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
イグジステンズ (1999)
2008 / 02 / 12 ( Tue )
云わずと知れたクロネン先生の大傑作。観てないひとは人生を損してます。ちょうどストレスで家呑みをちょろっとしたのね(解禁したわけではない)。もうね。やはり最高。こういうシチュエーションだと、長尺でなくて、初っ端からトバしてくれる映画でないとダメ。意外とそういう映画はすくない(個人的な好みだと、そういうのに適うのは三池のVオリとかヴァーホーヴェンとか、川尻善昭とか)。

イグジステンズ

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?―巨大掲示板管理人のインターネット裏入門 ( ひろゆき/扶桑社新書 )
2008 / 02 / 12 ( Tue )
実に今更なんだけど読んでみた。南の島でなにやってたんだか。…タイム感逸してる部分もあるが概ね全然有効。もうね、なにより文体がやばい。慇懃でなおかつ、ひとを喰ったような軽薄なタッチでいながら、内容があまりにミもフタもないので…つか有体がすぎており次第に眩暈がしてくる。中身と文体のギャップが激しすぎて、却ってこれってめちゃくちゃ名文じゃね?みたいなきがしてくるからふしぎ(実は編集者による聞き起こし本なのだが、らしい構成が見事)。最後に載ってる小飼弾との対談もおもしろかったです。

2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?

読書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
おまえんちスポンティニアス・コンバッション
2008 / 02 / 12 ( Tue )
痛いニュース(ノ∀`):【人体発火】 セックス中に突然ペニスが燃えだし、男女が下半身に重度の火傷


放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Perfume 『 ファン・サーヴィス [bitter] 』 [Limited Edition]
2008 / 02 / 11 ( Mon )
ファン・サーヴィス [bitter]

祝・普及盤リリース!みんな大好きPerfumeちゃんたちの昨年リリースのDVD。というわけで頃合い見計らって手持ちの数量限定盤の封をひん剥きました。持ってるおれ勝ち組つうわけで。でも買いっぱなしはわるい癖だよな…。みておもったけど、すばらしいライブDVDですわ。たしかに一家に一枚なかんじはする。監督は関和亮。タイトルグラフィック他でGONZOが参加。11台のカメラ素材を情け容赦なく惜しみもなく切り刻んでて、ものすごいテンポ感。こんだけ刻まれると、マルチアングルとか余計な話しかも…とかおもったものの、不満はあるよな。なんでもっとゆかちゃん映さねえんだよ馬鹿野郎。つうわけで、結局ksykばかり追ってキャプしてました。個人的には昔の曲もかわいくて(歌ってるときの表情とかもう…)相当よいとおもった。

ファン・サーヴィス [bitter]

音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。