スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
L change the WorLd (2008)
2008 / 03 / 31 ( Mon )
なんだか、得体の知れない圧倒的なものに包まれていくような、そんな観終えたときの印象。中田秀夫が本作を撮るのは去年の夏ごろ、「映画芸術」のインタビュー(『怪談』公開前)で知った。なんでまたそんな事態に!?と驚いたんだけど。結果的に観逃さないでおいて正解だった。

L change the WorLd

続きを読む
スポンサーサイト
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三文ガン患者 ( 谷岡雅樹/太田出版 )
2008 / 03 / 29 ( Sat )
Vシネマ評論で知られる著者、谷岡雅樹の、「32歳・胃の全摘手術」の記録、というよりか魂の殴り書き。この世間への意思表明。…おれ、いわゆる闘病記もの、医療エッセイなど読んだことない。だが、著者が谷岡雅樹だから読んだんだが…ガンって、おれ全然しらないわけです。自分の祖父がガンで死んだとか、それくらいで。まるっきり遠い。死因ナンバーワンだけど、ぜんぜん興味なかったし、まるで無関係だとも。だが読めば…。

しらないおれでも、わからない、門外漢なりに、ずしんときた。極々個人的なこと、コッチが聞いてもいないようなことまで全身全霊で、なりふり構わず、仔細に渡り、ときには時空を超えて、つい昨日の出来事のようなセンチメンタルさや憤りぶりで、谷岡は延々書き飛ばしてる。この手のジャンルの本を、他にしらないのでどうなのかわからないが、個人的には、短文散文で読んできた谷岡の映画評論よりも、こういったまとまった文章の破壊力たるや…読み進めるのが勿体ないほど。個人的には、ゲーセンでのランキングに血道を上げていた頃の寄る辺さなにシンミリきた。各章のオシマイの書評も遠慮のなさと省略のスピード感がすごいです。

三文ガン患者


読書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
花様年華 (2000)
2008 / 03 / 29 ( Sat )
リバイバル上映されてたので。…最近観た、『マイ・ブルーベリー・ナイツ』が、予想外に分かりやすくてさ。あんなに理解しがたかったウォン・カーウァイなのに!だったら、なんだかもう少し勉強すれば理解できるのだろうか?などとおもって観てみたのだが。そんなに甘くはないね。90年代、散々ぱら予告で騙されてグッタリしてたクチだったことを遅まきながらおもい出したよ。

IN THE MOOD FOR LOVE

観終えて家着いて、風呂入ってメシ喰って、部屋でチョコレート喰って、さて寝るか…ってときにわすれてた。そもそも、観たこと自体を…。
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
なんセカDVD情報
2008 / 03 / 28 ( Fri )
高橋哲也監督作品 『なんて世界は美しい』DVD化の報から幾星霜。とっくに入金してるし、以前お知らせした発想時期から大分経つので問合せしてみました。…「4月3日からの発送スタート予定」だ、そうです。んまあ、ひょっとしたら既にレンタル店には置いてあるのかもなあ(…根拠のない憶測)。

なんて世界は美しい

インディーズムービー・フェスティバル|公式ホームページ
SoulNet Store「しらせ売店」
映画 『なんて世界は美しい』 公式ホームページ
『なんて世界は美しい』 関係 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
yutori school
2008 / 03 / 28 ( Fri )
そんなわけできのう。やや二日酔い気味で県の南のほうへ。ずらっと並んだ新入社員きゅんたち。激しく不安になる。こちらを見透かすような、文字通り24の瞳…。晩ご飯を一緒に食べましたが…これが男子でなくて女子だったらホント大変だよね(そんなことはありえないから心配するな)。

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
"apple chair & banana desk(ZU,にせんねんもんだい,FRATENN&SHIFT)"@sandinista (3/26)
2008 / 03 / 28 ( Fri )
平日なのに、ド田舎なのにいつもながらアタマの下がるこのメンツ。異常事態でしょこれって。…入りが寂しかったのが残念だったけど、いろいろたのしかった。わざわざタクシーで出張って(当然)したたかに呑んだ。

apple chair & banana desk

続きを読む
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
GONIN2 (1996)
2008 / 03 / 26 ( Wed )
魂の大傑作アクション『GONIN』の続編。だが、直接的関連はまったくない。オトコ5人をオンナ5人にしただけの内容。5人のワケありの女たちに、プラス緒形拳。雨は相変わらず降るけど、予算は大幅減(だから邦画って!)。そんなわけで、いろいろ考えてしまう出来上がりに。本作も10年ぶりくらいに観ましたが…。

GONIN2

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
GONIN (1995)
2008 / 03 / 26 ( Wed )
悲惨で、散々ぱらひとがおっ死んで、なおかつ爽快なきもちになる映画、そんな映画が観たい夜だってありますよ。お年頃ですから。ひとによってはそれはある種のホラーやスプラッタになるかとおもいますが、おれの場合はヤクザ映画ですわね。…多くはVシネ。本作、名美シリーズでおなじみ石井隆の歴史的大傑作。系統としてはニューヤクザ、アウトロー物だが、約一年前ようやく待望のDVD化。当然BOX買ったさ…買うだろ…常考。

GONIN

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
特報2の「声」は中性的でわるくなかった
2008 / 03 / 26 ( Wed )
押井守最新作「スカイ・クロラ」の特別映像が公開!注目の声優陣は? : 映画ニュース - 映画のことならeiga.com
Variety Japan | 押井守最新作『スカイ・クロラ』映像初公開

20分て。全尺大体分かるんだけど…んまー、ロケショットとか、テスト兼ねたプロモーションリールとか、そうゆうのも混ざってるんでしょうけどねー。声優陣ウンヌンの件ですが、あのー…これまで有名俳優やら芸能人を声優に配したことでヒットしたアニメ映画って具体的にあんの?ジブリは基本ヒットのダメ押しでのキャスティングでしょ?『ハウル』はさー…んまー正直映画館で寝ちゃったからなー。とりあえず総作監(押井曰く全カットに筆がのる!)西尾鉄也のキャラが動いてるとこが観たいです。

スカイ・クロラ

その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ウソでかためたもちをつくのさ
2008 / 03 / 26 ( Wed )

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
チャプター27 (2007)
2008 / 03 / 24 ( Mon )
作中出てくる有名人や有名なロックバンドや有名な文学作品のことなど何ひとつ知らない。興味もない。タイトルもかなり怪しい。こういうタイトルの映画たしかあったっけな…。観た理由としてはですね、大変な有名人が銃殺される事件を描いている点と、その殺した奴を、ジャレッド・レトーが懸命に役づくりして演じているようだとわかったから。

チャプター27

たかだか丸坊主にしたくらいで「役づくり」を名乗れる昨今―。この野心的試みに加担したくなったのでした。監督はJ・P・シェファーというひと。あ、最初云っとくと『ナンバー23』よりかマシでした。
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ナビゲートDVD カウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」count.3
2008 / 03 / 24 ( Mon )
よく適度な規模の邦画で、先行お試し盤的な、プレスキットまがいのDVDが公開前に販売される。中味はお茶濁し程度のメイキング映像、インタビュー、予告篇が収録されているだけで、作品自体に関心がなければほとんど意味を成さないもの。大概人気アイドルが主役である場合が多いが、ごく一部に狂信的信者がいる押井守の待望の新作『スカイ・クロラ』に関せば、それが公開前までに隔月で3本リリースされる(本作の場合、ナビゲートDVDという名前だそうで)。そしてこのDVDはその1本目。

スカイ・クロラ

肝心の中味は3部構成で、新作準備のためのロケハン密着(アイルランド、ポーランド)、劇場特報2本、そして昨年6月に行なわれた製作記者発表が収録されている。延べ100分を超えるボリューム…。
続きを読む
その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マイ・ブルーベリー・ナイツ (2007)
2008 / 03 / 23 ( Sun )
大概、予告編や前評判に本編が負けている、それでも90年代を風靡したウォン・カーウァイの新作。例によって予告が、タイトルに負けず劣らず甘ったるくて、却ってそそった。騙されてみるかみたいな。私見だけど、これまででもっともわかり易く、事前イメージから反れることもなく、飽きずに観れたのは確か。

マイ・ブルーベリー・ナイツ

ノラ・ジョーンズというひとをしらないのだが、んまー歌手でしょ?くらいの認識で(唇とか瞼とかかわいいです)。でもほらフェイ・ウォンを起用してたりしたので違和感はなかった。ただ、予告観てて、レイチェル・ワイズとルックスが被ってるのはなんでだろう?とはおもってたのだが。そのへんは本編観れば納得。つか、まんまだよなあ…と正直おもった。
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
V.A. 『 キラキラジブリ 』
2008 / 03 / 23 ( Sun )
1 櫻井 響 / スラッグ渓谷の朝(『天空の城ラピュタ』より)
2 HAPPY SYNTHESIZER / となりのトトロ(『となりのトトロ』より)
3 HALFBY / さんぽ(『となりのトトロ』より)
4 BOOT BEAT / ルージュの伝言(『魔女の宅急便』より)
5 DJのはら / 風の谷のナウシカ(『風の谷のナウシカ』より)
6 ONEPEACE / 海の見える街(『魔女の宅急便』より)
7 LARK CHILLOUT FEAT. 45 / 天空の城ラピュタ(『天空の城ラピュタ』より)
8 MR.COMICSTORE / もののけ姫(『もののけ姫』より)
9 SPECIAL OTHERS / 君をのせて(『天空の城ラピュタ』より)
10 WORLD'S END GIRLFRIEND FEATURING 湯川潮音 / 君をのせて(『天空の城ラピュタ』より)〜ナウシカ・レクイエム(『風の谷のナウシカ』より)
11 DE DE MOUSEと本名陽子 / カントリーロード(『耳をすませば』より)

キラキラジブリ

ジャケットは河野未彩…。

続きを読む
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
風の谷のナウシカ (1984)
2008 / 03 / 23 ( Sun )
わけあって久々に再見…まずね、音楽かっこいい。久石譲の最高傑作は『Birth』だとばかりおもってだんだけど(ここでアンチ認定ね)、絶妙に経年劣化して聴こえる電子音に胸がキュンとなる。駿と組むときは、北野武とのそれとちがって基本シンフォニックなんだけど、時折ベタで結構やんちゃでグー。

風の谷のナウシカ

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アメリカン・サイコ (2000)
2008 / 03 / 22 ( Sat )
なんつうか、ひさびさに省みちゃったというか、いろいろと考えるところがあったので、おもわず衝動的に缶ビールと焼酎を買い込んでしこたま酔っぱらった。痛飲した。二日酔い。たまにはいいだろう。つーかしるか。そんな折に観たのでした。ウォール街のヤング・アメリカン・エグゼクティヴ(クリスチャン・ベイル)が、グリッターな80's(MTV)サウンドに乗って、ブロンド娼婦や浮浪者やじぶんと同じヤンエグちゃんを、心のゆくまま、感性のおもむくまま、時の過ぎゆくままに、ぶっ殺してくだけの、たいへん志の高い、素晴らしい映画。

アメリカン・サイコ

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ONCE ダブリンの街角で (2006)
2008 / 03 / 22 ( Sat )
きっとため息しか出ないが…どうせ、観れば、落ち込むだけだろ?と、自問しつつ敢えて火中に飛び込む(誰も褒めてくれない)勇気。予告にあったような、おしゃれな街角で男女が出会う、音楽を通じて一夜にして―みたいな、たとえこんな映画を観ても、目のまえの荒野は、現状ってのは変わらないだろう?

ONCE ダブリンの街角で

とか、まあ、悩みつつ(近ごろ自部屋で『アニー・ホール』とか『彼氏彼女の事情』とか観てるから過剰反応なのかもしれない)。しかしてその実態は?……。むしろ、先入観としてあった、甘ったるい展開のほうがなんぼか未だいい。ある意味、ラブ関係以外は、なんだこれ?っつう神展開なんだけど、肝心の色恋方面がもう、なんとかしろよ!と叫びたい程のほろ苦さだったりする。そんなわけで、ただの都合のいいおとぎ話というわけではなかったです。
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
THE SEARCH FOR VENGEANCE
2008 / 03 / 21 ( Fri )
小栗旬:「ハイランダー」で主演声優に ハリウッド映画をアニメ化(まんたんウェブ) - 毎日jp(毎日新聞)

鈴木杏ちゃんの語学留学も相当ショックだったが…。べつに小栗なんちゃらにどうこう文句もないが、しかし、この画にこのひとの声は合うのかね?大丈夫なのかね?…冷静になって山寺とかにしろっつの。

> 小栗さんは、劇場版CGアニメ「サーフズ・アップ」に主演、「鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」などで声優として出演している。



そうなん?ハガレンに?途中で観るの止したんだが…。もう一回観てみよう。しかし、ラッセル・マルケイの『ハイランダー』を川尻善昭がリメイクって…わかってるなあ。すばらしいなあ。トレイラーも…いつもの、相変わらず流麗でかつ濃厚な川尻タッチで興奮。半端なくヴァイオレントな内容を期待したい。
その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夜の大駐車場
2008 / 03 / 21 ( Fri )

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
にせんねんもんだい 『 デスティネイション トーキョー 』
2008 / 03 / 20 ( Thu )
だいもんだいなアルバム。よくしらんが、激トライバルで激ノイジーな3ピース・ガレージ・ロックンロールだったような…きがしていた女子3人組の新作。1曲目からイキナリ不穏。「想像するねじ」再演なれど以前までのジワジワ跳ね上がってく無茶な暴走具合は後退。高速四つ打ちで展開はグッとミニマムに。かつ激トランシー。そしてドラマチックでストリングスのような前衛リフ…。デタラメなクロノス・クァルテット・ミーツ・プラネタリー・アサルト・システムズ!?!?!?ってくらい格好良くて踊れる。…なんと13分!

以後、トーンの差はあれ反復で長尺なトラックが並ぶ。幾分音質がクリアになって、ジャンクさも目減りしたが、その分これってなんだかメジャー狙いなんじゃね?みたいなきも。ああ、なんか、ステレオラブみたいだなーとか。だがしかし。ありがちな破綻のない精密精緻なバカテク系のジャムユニット(人力ナントカとか云われるような連中)とちがい、やはり、1・2・3・せーの!でやってるかんじなの。何度何度も聴いてると、重ねきってないモアレのなかに決定的な綻びやコボレや欠けが現われる。そこがめちゃくちゃ、ひたすらきもち良い。

にせんねんもんだい - デスティネイショントーキョー

音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ペネロピ (2006)
2008 / 03 / 20 ( Thu )
オンナノコのお顔で、きになるところは?んまー、人それぞれでしょうがおれは鼻。…鼻ばかり見ているようなきがする。…きのせいかもしれないが。ほとんどワンアイディアな企画を、説得力のあるキャストと適度に漫画な演出とで奇跡的に成立させた魅力溢れる作品。

ペネロピ

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
AERA MOVIE ニッポンの映画監督 ( AERA Mook/朝日新聞社 )
2008 / 03 / 20 ( Thu )
んまー、意図は分かるのよ。現代(主に、2001年以降)日本映画の監督たちと作品群を、えいやっと、グラフ調で、ざっくりで俯瞰できればよいのだ、という。必要なのは実像や踏み込んだ評論などではなく、30分くらいで覗き見れる程度であればいい内容。後述する以外にはさほどおかしな問題もないし、執筆者もマトモな人たち。相当数を網羅せねばならないという、そういうボリューム的面もキッチリ押さえた、それなりに見ごたえはあるガイドブックです。

AERA MOVIE ニッポンの映画監督
続きを読む
読書 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
Unsung Heroine of the Kokubuncho
2008 / 03 / 18 ( Tue )
夜―。来月から家賃13万で新宿区に住むという21歳の女の子に、おばあちゃんの知恵袋的な他愛ないお節介で、都会のおそろしさを教えてあげようとおもったら逆に諭された(ホストの本性まじ半端ない、とか)。



いつだってシー・イズ・ビヨンド…。

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヒトラーの贋札 (2007)
2008 / 03 / 18 ( Tue )
只でさえバリエーション豊富な、ナチス物なのにまたしてもあらたな鉱脈―。元犯罪者がナチスの片棒を担ぐという新機軸。ユダヤ人でなおかつ贋札づくりのプロが強制収容所に収容されるも、その才覚を見込まれ国家規模のプロジェクト、稀に見る史上最大級のナチス主導の贋札づくりに加担する。観たこたねえけど、『ドクトル・マブゼ』みたいに、大量の贋札によって国際金融恐慌を目論むナチス側と、それに加担したり翻ったり阿ったりする文系囚人たちの織りなすオモシロ実話つうことですね。

ヒトラーの贋札

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
バンテージ・ポイント (2008)
2008 / 03 / 18 ( Tue )
映画というフィクションの中で合衆国大統領が登場する…10年くらい前までは自ら戦闘機を駆って侵略宇宙人の船団にカチコミかけたりとか、苦渋の選択して核弾頭発射したりとか、エアフォース・ワン内で暴れたりとか、たまにピュアすぎる恋愛したりとか、そんなんだったわけですが。最近の潮流はなんといっても暗殺。ふりむけば暗殺。なんてったって暗殺。とりあえず大統領たる者、とりあえず暗殺くらいされないと、とりあえず格好つかない。本作は、何度も何度も(たぶん10回くらい?)合衆国大統領が憎きテロリストどもに狙撃されるという、ショッキングで画期的な映画であります。

バンテージ・ポイント

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Finnegan's Break
2008 / 03 / 17 ( Mon )
日曜だというのに…きのうは昼過ぎからずーっと部屋のお片づけ。探し物が見つからないことがいよいよきになり始めたのに加え、どうもよそ様を自部屋に招かねばならないようで…天上ウテナ主義(「ボクは自分の部屋に人は招かない主義なんだ」)の終わり。まあ、さほどの魔窟じゃねーよこんな部屋、とおもってたのに、たかが6畳の部屋に5時間費やしても、見た目の印象がまったく変わらないのにあきれた。不要物の整理をある程度つけたつもりが、単に物の位置が移動しただけなのな。右から左へ(略)。積み重なって上空へ。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
tokyo tone
2008 / 03 / 15 ( Sat )
日帰りはべつに良いよ。午後の会議もそれなりだった。しかし雨避けて、懇親会と称して、東京駅地下の居酒屋で、ダラダラ呑むのはいかがなものか。喰い物は出てこねえし会話も弾まないし。…話題の多い人間になりたいなあ…けれどつまらない話しを、さもおもしろそうに話すようになりたくはないし。終電まで空き時間があり、地下でスーツ姿の酔っ払いどもがスイーツに群がってたので(たぶん、アルコールで皆判断が出来なくなっている)、おもしろそうだったので並んでみる。べつに返す相手もいるじゃなし、だが。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
destination tokyo
2008 / 03 / 13 ( Thu )
とりあえずきょうの勉強会は、2時間くらい寝てた。いつだってデイ・ドリーム・ネイション。そういや一緒に行ったウチの事務が、なぜか、さも当然のような顔して後部座席に乗り込んだときには、云いようのない感興におそわれた。これはハイヤーかなんかか?おまえ社長け?

あしたは日帰りで東京主張。…たーのしいなあ。ああ、そういや、きょう会った取引先のひとがきれいだった。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
母べえ (2007)
2008 / 03 / 13 ( Thu )
母べえ母べえって。うるさいよ。「映画芸術」422号の寺脇研と宮台真司と荒井晴彦の鼎談で、寺脇と宮台が本作を馬鹿のおれには理解できない云いまわしで評価してたので観てみた(寺脇は輸送船沈没による「戦死」を表現した点と市井の人たちが戦時下に巻き込まれていくさまを、宮台は漫画やアニメの王道的ドラマツルギーに則りながら当時の大衆への批評を成立させている点を評価)。

母べえ

ちなみにその鼎談では荒井は未だ観てないのか、『三丁目の夕日』のアンチなのかー、などとすっとぼけた発言しかしてない…。なお、本作のVFXは『三丁目』と同じ白組が担当。
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
とりあえずDAICONオープニングアニメとか、『スウィートホーム』とかが軽々しく見れた功績はデカい。
2008 / 03 / 11 ( Tue )
ニコ動がテレビ局に宣言「番組の著作権侵害動画はすべて削除します」-INTERNET watch

ぶっちゃけ、あんまもう、関心ないんだけど…。月525円の意味はあまりなくなっている。どっちにしたって(この場合、運営もテレビ局もニコ厨も)そんなに都合よくないわけで。いろんな側面から、キレイサッパリになるはずがない。それはそれで、絶妙な空気読みで、清濁併せ呑むのがうますぎる運営のアクロバティックな手腕に期待したい、よーな。

(個人的には、「ニコニコ外部プレーヤー」、FC2対応しなくてもいいですわ…)
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。