スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
Fascinating frustration
2008 / 06 / 30 ( Mon )
スポンサーサイト
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ミラクル7号 (2008)
2008 / 06 / 29 ( Sun )
状況だ心境だなんだかんだの要素が複合されて、結果ことし最も大泣きした映画になっちゃった。チャウ・シンチーの映画だが、彼の映画である前に、真っ当なキッズムーヴィーであり、父子物だった。そのへんも影響したのか、たぶんこれまでで一番すきな作品かもしれない。

ミラクル7号
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
(She is) I feel strong, so serious, is likely to pride, to assess it.
2008 / 06 / 29 ( Sun )


昨日の午後のこと。天道ホテル脇のファミレスから会社までの道すがら、頭のなかでは「ゆっくりしていった結果がこれだよ!!!」の文句がループしていた。帰宅する頃には後藤隊長の名台詞に切り替わってまたそっからひたすらループ、ループ、ループ。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (2008)
2008 / 06 / 29 ( Sun )
こちらの期待があまりに大きすぎたのかもしれないが、でも冷静にかんがえて大変な映画だな、とはおもう。万人に薦められる映画をまちがいなくモノにしている。ひとに薦めるのをはばかられるような作品が多いさなか、観る価値が確実にあるという意味においては本作は確かに大作。こういう映画を撮れちゃうからスピはすごいなということになるんだが(核実験のシーンとかバーでの乱闘とか含め、すごいとしか書きようない)。

INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
山のあなた 徳市の恋 (2008)
2008 / 06 / 29 ( Sun )
おれのなかでは、差別的な意味を含めようと含むまいと、"きもちのわるい役"を演る役者という認識の草なぎ剛クン主演の、これまたきもちのわるい温泉旅館モノ。監督は石井克人。1938年の清水宏監督作『按摩と女』のリメイクだそうです。

山のあなた 徳市の恋

老成したふうでセレクト含めワビサビとか枯れた味わいを評価すべきなのかもしれないが、とにかく若いやつがこういうしみったれた映画撮ることを許しがたくおもってしまうのは、ひょっとしておれだけなのだろうか。
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
上原ひろみ a.k.a. HIROMI'S SONICBLOOM 『 BEYOND STANDARD (初回限定盤)(DVD付) 』
2008 / 06 / 27 ( Fri )
まずフュージョン臭が前作以上に高まった。スタンダードということだけではなく、演奏そのものも。でこれ、わるい意味ではない。前作『Time Control』は、デヴィッド・フュージンスキーのギターいらねえなとかハッキリおもってたのだけど、練れてきてるというか、グループの統一感が増してるような。ひろみ嬢が退くこと覚えたのかなって。って、まあ、なんもしらん奴の戯言ですけどね。個人的には「月の光」、イントロの時代錯誤さがグーな「Led Boots」、あと現編成でのセルフリメイクとなる「XYG」もいい。でも結局ボーナストラックのファストな「Return Of Kung-Fu World Champion」が凄まじすぎて話しになりません。ここではひろみ嬢、ぜんぜん一歩も退いてないしー。

at Arajuku Quest Hall

おまけDVDもすごくいいです。でもなんだよ"Arajuku Quest Hall"って…。

Hiromi's Sonicbloom - Beyond Standard
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
negative impact
2008 / 06 / 27 ( Fri )
毎日新聞社:「WaiWai」問題で処分 - 毎日jp(毎日新聞)

害の少ない多少の偏見は、ときに会話の糸口になるとおもうんだけど。これはねえ。すでに2ちゃんで指摘されてるようだし、ほんでこうしてブログに書いてるかたもいますが、映画『バベル』の異常すぎる日本描写(つーか文脈から相当逸脱した印象の菊池凛子演じるjkね)への影響大との意見はおれも同感です。よりによって、イニャリトゥのイメージソースこれかよって…。
その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
japanese funeral beat
2008 / 06 / 27 ( Fri )
昨日は或る若い社員の御母堂の葬儀に参列。年齢聞いて驚く。あまりにも若すぎる。遺された家族の諸事情を伝聞で伺うと、いまからが本当にたいへんなのだな…と。詳細はさておき、どうすることも出来ない。だがこんな事態が山ほどあるのも知っている。じゃあ、その原因って…?当人たちに責任あるだろうし、おれのせいかもだしアンタのせいかも。結局、全員が加担したわけだが、本当の原因はあのひとたちだろ。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
神様のパズル (2008)
2008 / 06 / 26 ( Thu )
男子目線を介してのオンナノコ映画ってあるよね。いや、いきなりでアレだけど、男子からみた、女子というか。大体にして存在そのものがスーパーナチュラルなオンナノコをよ、むさ苦しい成人男性である映画監督が忠実に描けるほうがおかしいのであって、むしろ根本は、男子の好色な、好奇心な、純真な、そういう、まじりっけ全然アリの目線からでしか追えないよなあ…と、本作を観てその想いを強固にした。かつてオンナノコなんて理解できたためしがない。わからない、でも理想だけは(連綿と続く日本のサブカルチャーとして)図々しくもあるもんだから、だからこそ不思議ちゃんとか創出すんのよ。ピンク映画とかでもありえんキャラクターとかあるじゃんか(すきだけど)。あと、もちろんアニメキャラとか…。以下多少のネタバレ。

神様のパズル

途中まではかなりの傑作なんだけどねー…。鶴巻和哉のOVA『FLCL』(フリクリ)みたいな味わいも有。
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
"Encounter" vs "Farewell"
2008 / 06 / 26 ( Thu )


先週に引き続き今週も、色々。呆けている。中だるみのせいか、こんな倦怠に。…これだって夏への扉。先週は党宣言じみた文章を就業時間中にかかわらず後輩ちゃんに送りつけたり、あと中古VHSソフト検索したり。あと、しばらくぶりにレンタルでDVD借りるも、一本も観ずに返してしまう次第(ISOファイルすらつくるきがしなかった)。それがおもしろくなくて反動でDVD買いあさったりとか。

あとさ、「24時間以内」どころじゃないくらいの常駐ぶりに自分でもひく。ふつうに。それでもなお空爆。そうして、こんなにも皆から祈られっぱなしで、あっけなく日々がうつろう。地震の噂とかすべて風の中。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
やけのはら 『 Brilliant empty Hours 』 (MIX CD)
2008 / 06 / 25 ( Wed )
けっこう前から聴いてて、何度も聴いた。キラキラと輝ける、不安になるほどからっぽな、ひととき。

やけのはらというひとのDJプレイは、一回しか聴いたことないので、おれ正直よくわかんないのだが、プレイちゅうに客にむかってクイズ出したり、いま自分のやってることをハンドマイクで実況したり(だってデッキは二台あんだけど、タンテとCDプレーヤで、片方ピッチ変えられないとかいうすごいセットなんだもん…!)、なんだかけっこうデタラメなひと、という印象しかのこってない。…無論いい意味で。ので、このミックスCDは…うーん、やっぱこれバレアリックってやつなんじゃないの?という印象。だとすると、やはりioajやFLUIDのリミックスをするのは至極当然のことのようなきがする(プンクボイのマスタリングとかも)。

CDの内容そのものは、まさに題名どおりの、根拠のないキラッキラ具合と、しめっぽくない空白具合が入り混じった、ウソくさいけど、とてつもなく至福の時間が流れる。個人的に、みっつめのチャプターが好きですね…。からだは全然動けないのだけど、始発動いてしばらく経っちゃったよ…的な駆け足感というか、まあ、そんなかんじがする。

YAKENOHARA - BRILLIANT EMPTY HOURS
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
KITO MIZUKUMI ROUBER 『 boseki ni tatazumu KMR 』
2008 / 06 / 25 ( Wed )
タイトルがなんだかね…悪意って云うのかな?ハチクロというより、曲名やらなにやら、アートスリーブ上のアルファベット文字列のすべてが、迷惑メールの件名や送信者名のようみえてきて…これ、あぶらだこのメンバーによる覆面ユニットだそうです。ほんで、ダンスミュージックに触発されて出来たサウンドだそうです。

んま、いったい全体どのへんがダンスミュージックなんだよ?というすがすがしさがある。ある意味たしかに酩酊による鈍い頭痛を活写したダンス音楽なのかもしれんが。一部では演歌ミーツガレージみたいな表現で説明つけてるけど、個人的印象では、ちょうアシッドでジャンク…というより、ぶっ壊れたまま放置された茶目っ気あふれるスペース・ブルースというかんじ…かなあ。なんにせよ、カテゴライズ不能で、自然と笑みのこぼれる一枚。2曲目と8曲目がとくにすきです。

KITO MIZUKUMI ROUBER - boseki ni tatazumu KMR
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
DE DE MOUSE 『 sunset girls 』
2008 / 06 / 25 ( Wed )
昨年ExTレコーディングスから出た『east end girl』は、個人的にはイマイチな印象だった(リズムがあまりにも後ろにさがってしまったから)。同シングル収録のチェリーボーイ・ファンクションのリミックスあまりにも期待通りな具合だったのがまたそれに拍車かけたのだが…。

続きを読む
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アンテナは絶対運命黙示録
2008 / 06 / 24 ( Tue )




そして、CanCamは「イラストの資料」―。
その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
僕の彼女はサイボーグ (2008)
2008 / 06 / 23 ( Mon )
観終えてしばらく経つにもかかわらず、なんともゴロッとした印象がのこり続けている、クァク・ジェヨンの待望の新作。『猟奇的な彼女』で耳目を集め、『僕の彼女を紹介します』という、なんつうか邦題にたがわぬまんまな作品で落胆させたクァク・ジェヨンが、日本の役者&資本(なんと山本又一朗プロデュース!)で撮ったという、それはそれは相当に不思議な出来ばえ。いや正直云って怪作…問題作。過剰にオンナノコにめり込む、クァク節というか…。オチの力強さ問答無用さは邦画のそれを軽く凌駕する、どうかんがえても韓流でした…といった按配。

僕の彼女はサイボーグ
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
true love will find you in the end
2008 / 06 / 22 ( Sun )


きのうきょうといわきへ。ちゅうごくの旅の仲間の結婚式だったもんで。つうかさ、あんなかわいらしいヨメさんもらうとかって…わかってない。人生の重みが。苦味が。誰より何より、おれがわかってないだけなんだけど…。前夜呑みすぎたせいもあって(完全に二日酔いで式場へ)、なんだか落ち込んだ。あとさー。結婚式って完全に新婦側のものなんですねー。そういうことすら知らずに、意識できずに漫然と生きてきたからさー。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Neat? I hate to tell you this is 1975.
2008 / 06 / 19 ( Thu )


またしても、ぜんぜん関係のない話しだが、透過光の使い方って現場で継承されてるのかな?
その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
JUNO/ジュノ (2007)
2008 / 06 / 18 ( Wed )
JUNOっていったらばやっぱ一般的にはアナログシンセの銘機かそれを冠したゴアトラ・バンドを連想するが、本作でのそれは、ワンショットワンキルな具合で妊娠しちゃった女子高生の名をさす。まわりから不用意に、"性的に活発"と云われるのが嫌なJK。93年のオルタナ/グランジより、77年のパンクが好きなJK。

JUNO/ジュノ

監督は『サンキュー・スモーキング』のジェイソン・ライトマン。
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Overreaction.
2008 / 06 / 18 ( Wed )
blue on green

きのう出社してすぐの朝っぱら、コンサルのしゃちょうさんから電話。勉強会→懇親会のあと予定あるか?とか。ないけど…ということでサシで呑むことに。最近、望まれぬフラグがあちこち立ってるので不安になりながら待ち合わせに向かった。で、焼き鳥喰いながら呑みながら戦々恐々としてたら…ふつうに呑みに誘われただけだった模様。なーんだ…カンパーイ。いつのまにか午前1時。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ひまわり (2006)
2008 / 06 / 16 ( Mon )
精神的に、"おもしろい"(とおもわれる)映画をなぜか避けたくなるときがある。詳しい話しはいいや(書いたけど、ものすごくつまらないので)。とにかく、そういうときは、あえて守備範囲からそれる行為に出る。だって、つまらなくても納得ずくなわけで。新規オープンのシネコンの影にかくれ、ほぼ告知のない状態になって久しい街中の映画館で、本作を観たのであった。ジャンルは、「ノワール・ヒューマンドラマ」…ぜんぜんわかんね。わかんねーけど、これが韓国なのだ、とおもった。観れば納得ですけど…。



本編に使われてないフッテージばかりで構成されてるのはなんで?テストショットなの?
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
the lack of pungent sweetness and acidity.
2008 / 06 / 16 ( Mon )
その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アイム・ノット・ゼア (2007)
2008 / 06 / 15 ( Sun )
下手にしんでるひとよりも、まだまだ存命だったりすると、こういう、一種異様なかたちのトリビュートというか、神格化とはまたちがったかたちでの象徴化がなされてしまうんだなあ…とおもった。これってさ、あのー不敬かもしれんけど、ことし高校2年生になる16歳の皇族のかたに対する、ニコ廚あたりの敬意の表し方にちかくない?…ああ、ちかくないですか。ですよね。まあそりゃそうだよ失敬だな。

アイム・ノット・ゼア
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
P2 (2007)
2008 / 06 / 14 ( Sat )
自分の乗っているボロ車のことを自嘲気味に揶揄してみせて、その場の笑いを取る―。そんなことを頼まれもせず日中の勉強会でやってたおれだもの。BMW乗りまわすような若い女(レイチェル・ニコルズ)が恐怖におののいたって、加勢するきにはなれない。残業は嫌だよ?でも休日出勤はもっと嫌だ。あと、白ならもっと透けるだろと。透けろ透けろ…と念じつつ観ていた。

P2
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Bookshelf about a sense of confidence and fear.
2008 / 06 / 14 ( Sat )
揺れたな…崩れたかな…。けれど日中勉強会で、またしても出張ちゅうだったのでDVDのトールケースに圧殺されずにすんだ。というか部屋そのものも問題なし。意外と堅牢じゃね?ただし空箱は落ちていた。

bx0110
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Reygrande EXE
2008 / 06 / 12 ( Thu )


そんなこんなで本日は前夜のアルコールが全然抜けずに芝刈り。しにそうになった。スタート前、皆がパットの練習してるさなか打ちっぱなしいって悪あがきするも、場内アナウンスされて呼び戻される。そんとき携帯をなくした。コース廻りつつ皆が心配するが、おれは昨夜のおそわった番号とメアドのみがきがかりだった。あとはどうでもいいんだけど。むしろ見つからなきゃよかったんだけど、見つかった。スコアも相変わらず。いろいろくじけてたが、一層くじけたようなきがする。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ネズミは米が好き。リンちゃんは寿司が好き。
2008 / 06 / 12 ( Thu )


そんなこんなで昨日はお隣の県で定例会だの会議だの、あとまあ懇親会だの。中央から様子を見に来た御仁の云いたい放題を苦々しくおもいつつビールとか芋とか呑む。ほんで二次会。一番きになってたあの子(遭遇三回目)がどんどん、ベタなかんじになってるというか、チャイパブずれしており、なんだかかなしくなった。あと二番目にきになってた子とはアイコンタクトがたのしかったですー。それよりもなによりも、なぜかアドレスの交換とか何年かぶりに…。なんだか、えらく狼狽している自分がいた。結果泥酔。
たんけん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (2007)
2008 / 06 / 12 ( Thu )
観ながら、アホだなあ、と。感激した。

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
テルマ&ルイーズ (1991)
2008 / 06 / 11 ( Wed )
劇場公開時以来、観た。その当時の感想は、なんつうか、もっとタギらないと!不完全燃焼だよ!といった身勝手なものだった。もっとドツボにはまんなきゃだろう?といった、カタルシス不足からくる不満だった、ようにおもう。で、17年ぶりに再見して、なんでその当時面白みをかんじられなかったのか?その感覚の差異にばかりきが入った。当時と見方やかんじかたが多少変わったんだとおもうけど、でもまあ、ずいぶんな映画ではある。アクション映画の女性という意味では、石井隆なんかより安心して観ていられる…とおもう。というより、文字どおり猛女つか鬼女ふたり組の逃避行。

テルマ&ルイーズ
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハーフェズ ペルシャの詩(うた) (2007)
2008 / 06 / 10 ( Tue )
監督はアボルファズル・ジャリリ。しりません。…"ハーフェズ(暗唱者)"と呼ばれる、宗教的に高位の青年が、コーラン音読教室の教え子麻生久美子サマとふたりきりで見つめ合って、ほんのすこし会話交わすとか、詩を読んだげるってだけで、鞭打ちされたり投獄されたりコミュニティから追放されてしまいます。かなり…おっかないみたいですイランって。たしかに麻生久美子はうつくしいが、そんなんで鞭打ちとかって…。うーん。あと後半で主人公の青年は、寒村に眼鏡っ子を大量発生させる秘術を見せてくれます。

ハーフェズ ペルシャの詩(うた)
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『天使のたまご』じゃなかった。
2008 / 06 / 09 ( Mon )
あと一ヶ月ねーじゃんなんだよこの突貫具合…とかおもったんですが、以前自作のリメイク云々いってたのは、このことだったのね。なんだ『天たま』じゃねーのか…素人の予想なんざこんなもの。でも観たすぎる。むしろ、『スカイ・クロラ』より観たいといっても過言ではない。

押井守の傑作がバージョンアップ!「攻殻機動隊2.0」7月12日公開 : 映画ニュース - 映画のことならeiga.com
「攻殻機動隊2.0」が間もなく誕生する!完全リニューアル版が急きょ上映! - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ
Variety Japan | 『攻殻機動隊』3-DCGで全編リニューアル
押井監督劇場アニメ デジタル版で“進化”(芸能) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース
『攻殻機動隊』がフルリニューアル! 全国5大都市で緊急限定公開!!-@ぴあ

攻殻機動隊2.0

ぴあのページをみれば判るんだが、その…ディスプレイ周りだけでなく背景やメカ関係もかなり直している様子。小倉宏昌の美術とか…。結構多方面から嫌われそうなことを大胆にやっているなーと。あと、なんで榊原良子なのかね。ぜんぜん嫌いじゃないが、でも家弓家正でいいじゃんとか。

攻殻機動隊2.0
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。