FC2ブログ
若松孝二 実録・連合赤軍―あさま山荘への道程(みち) ( 「実録・連合赤軍」編集委員会・掛川正幸 編/朝日新聞社 )
2008 / 06 / 01 ( Sun )
昨日本編観た会場で購入。だって監督が目の前でサインしてくれるんだよ?買うでしょに。並んだよ?外周大手ばりに。そんなこんなで、大判で資料性もやたらある、たしかに読みでのある一冊。その…塀のなかに居るひとはともかく、この本にあるトークショーの内容やら、「映芸」やらで時折昔話のように語られるモンを読む限り、当時ギラついてたひとも、いまやそれなりで、それがなんだか。映画本編や資料にある人物像とものすごい落差なのな。それは仕方のないことかもしれないが、でもなんだかな。だが瑞々しい理想なんか潰えて久しいのに(あくまで私見)、まるで昨日のことのように噛みついて憤る平野悠の態度を倣いたい。

若松孝二 実録・連合赤軍 あさま山荘への道程
スポンサーサイト



読書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |