FC2ブログ
ひまわり (2006)
2008 / 06 / 16 ( Mon )
精神的に、"おもしろい"(とおもわれる)映画をなぜか避けたくなるときがある。詳しい話しはいいや(書いたけど、ものすごくつまらないので)。とにかく、そういうときは、あえて守備範囲からそれる行為に出る。だって、つまらなくても納得ずくなわけで。新規オープンのシネコンの影にかくれ、ほぼ告知のない状態になって久しい街中の映画館で、本作を観たのであった。ジャンルは、「ノワール・ヒューマンドラマ」…ぜんぜんわかんね。わかんねーけど、これが韓国なのだ、とおもった。観れば納得ですけど…。



本編に使われてないフッテージばかりで構成されてるのはなんで?テストショットなの?
続きを読む
スポンサーサイト



映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
the lack of pungent sweetness and acidity.
2008 / 06 / 16 ( Mon )
その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |