FC2ブログ
僕の彼女はサイボーグ (2008)
2008 / 06 / 23 ( Mon )
観終えてしばらく経つにもかかわらず、なんともゴロッとした印象がのこり続けている、クァク・ジェヨンの待望の新作。『猟奇的な彼女』で耳目を集め、『僕の彼女を紹介します』という、なんつうか邦題にたがわぬまんまな作品で落胆させたクァク・ジェヨンが、日本の役者&資本(なんと山本又一朗プロデュース!)で撮ったという、それはそれは相当に不思議な出来ばえ。いや正直云って怪作…問題作。過剰にオンナノコにめり込む、クァク節というか…。オチの力強さ問答無用さは邦画のそれを軽く凌駕する、どうかんがえても韓流でした…といった按配。

僕の彼女はサイボーグ
続きを読む
スポンサーサイト



映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |