FC2ブログ
やけのはら 『 Brilliant empty Hours 』 (MIX CD)
2008 / 06 / 25 ( Wed )
けっこう前から聴いてて、何度も聴いた。キラキラと輝ける、不安になるほどからっぽな、ひととき。

やけのはらというひとのDJプレイは、一回しか聴いたことないので、おれ正直よくわかんないのだが、プレイちゅうに客にむかってクイズ出したり、いま自分のやってることをハンドマイクで実況したり(だってデッキは二台あんだけど、タンテとCDプレーヤで、片方ピッチ変えられないとかいうすごいセットなんだもん…!)、なんだかけっこうデタラメなひと、という印象しかのこってない。…無論いい意味で。ので、このミックスCDは…うーん、やっぱこれバレアリックってやつなんじゃないの?という印象。だとすると、やはりioajやFLUIDのリミックスをするのは至極当然のことのようなきがする(プンクボイのマスタリングとかも)。

CDの内容そのものは、まさに題名どおりの、根拠のないキラッキラ具合と、しめっぽくない空白具合が入り混じった、ウソくさいけど、とてつもなく至福の時間が流れる。個人的に、みっつめのチャプターが好きですね…。からだは全然動けないのだけど、始発動いてしばらく経っちゃったよ…的な駆け足感というか、まあ、そんなかんじがする。

YAKENOHARA - BRILLIANT EMPTY HOURS
スポンサーサイト



音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
KITO MIZUKUMI ROUBER 『 boseki ni tatazumu KMR 』
2008 / 06 / 25 ( Wed )
タイトルがなんだかね…悪意って云うのかな?ハチクロというより、曲名やらなにやら、アートスリーブ上のアルファベット文字列のすべてが、迷惑メールの件名や送信者名のようみえてきて…これ、あぶらだこのメンバーによる覆面ユニットだそうです。ほんで、ダンスミュージックに触発されて出来たサウンドだそうです。

んま、いったい全体どのへんがダンスミュージックなんだよ?というすがすがしさがある。ある意味たしかに酩酊による鈍い頭痛を活写したダンス音楽なのかもしれんが。一部では演歌ミーツガレージみたいな表現で説明つけてるけど、個人的印象では、ちょうアシッドでジャンク…というより、ぶっ壊れたまま放置された茶目っ気あふれるスペース・ブルースというかんじ…かなあ。なんにせよ、カテゴライズ不能で、自然と笑みのこぼれる一枚。2曲目と8曲目がとくにすきです。

KITO MIZUKUMI ROUBER - boseki ni tatazumu KMR
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
DE DE MOUSE 『 sunset girls 』
2008 / 06 / 25 ( Wed )
昨年ExTレコーディングスから出た『east end girl』は、個人的にはイマイチな印象だった(リズムがあまりにも後ろにさがってしまったから)。同シングル収録のチェリーボーイ・ファンクションのリミックスあまりにも期待通りな具合だったのがまたそれに拍車かけたのだが…。

続きを読む
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |