FC2ブログ
ミラクル7号 (2008)
2008 / 06 / 29 ( Sun )
状況だ心境だなんだかんだの要素が複合されて、結果ことし最も大泣きした映画になっちゃった。チャウ・シンチーの映画だが、彼の映画である前に、真っ当なキッズムーヴィーであり、父子物だった。そのへんも影響したのか、たぶんこれまでで一番すきな作品かもしれない。

ミラクル7号
続きを読む
スポンサーサイト



映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
(She is) I feel strong, so serious, is likely to pride, to assess it.
2008 / 06 / 29 ( Sun )


昨日の午後のこと。天道ホテル脇のファミレスから会社までの道すがら、頭のなかでは「ゆっくりしていった結果がこれだよ!!!」の文句がループしていた。帰宅する頃には後藤隊長の名台詞に切り替わってまたそっからひたすらループ、ループ、ループ。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (2008)
2008 / 06 / 29 ( Sun )
こちらの期待があまりに大きすぎたのかもしれないが、でも冷静にかんがえて大変な映画だな、とはおもう。万人に薦められる映画をまちがいなくモノにしている。ひとに薦めるのをはばかられるような作品が多いさなか、観る価値が確実にあるという意味においては本作は確かに大作。こういう映画を撮れちゃうからスピはすごいなということになるんだが(核実験のシーンとかバーでの乱闘とか含め、すごいとしか書きようない)。

INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
山のあなた 徳市の恋 (2008)
2008 / 06 / 29 ( Sun )
おれのなかでは、差別的な意味を含めようと含むまいと、"きもちのわるい役"を演る役者という認識の草なぎ剛クン主演の、これまたきもちのわるい温泉旅館モノ。監督は石井克人。1938年の清水宏監督作『按摩と女』のリメイクだそうです。

山のあなた 徳市の恋

老成したふうでセレクト含めワビサビとか枯れた味わいを評価すべきなのかもしれないが、とにかく若いやつがこういうしみったれた映画撮ることを許しがたくおもってしまうのは、ひょっとしておれだけなのだろうか。
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |