スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
害虫 (2002)
2008 / 07 / 31 ( Thu )
害虫
続きを読む
スポンサーサイト
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハプニング (2008)
2008 / 07 / 31 ( Thu )
たしかに、そりゃハプニングだよなあ…いろんな意味で突っ込みどころ満載で、シャマランのやぶれかぶれ感?と社会への不信感の募りっぷりが見事に結実してるのと同時に、夫婦愛への言及のさまが尋常でなく、なんだか嫌えない一作になってしまってる。一応、ネタバレにすらなってないとおもうけど、ミもフタもないこと書いてます…。

ハプニング
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青の炎 (2003)
2008 / 07 / 30 ( Wed )
青の炎
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
台風クラブ (1985)
2008 / 07 / 29 ( Tue )
台風クラブ
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
tasting time
2008 / 07 / 28 ( Mon )
選手村、評判いかに=北島「食事は最高」〔五輪〕(時事通信) - Yahoo!ニュース

>選手村だけの問題ではないが、大気や水質の汚染を気にする選手も目立ち、「水道でうがいしたけど大丈夫かな」と北島。

メダル云々とか、そもそもオリンピックが成功するとか、どうとか、加えて云えば環境破壊だの大気汚染だのにもまったく関心がないのだが、水道でうがいはふつうにアウトでしょ。なんつうか、危機意識のなさすごいなと。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
笑う大天使(ミカエル) (2005)
2008 / 07 / 28 ( Mon )
笑う大天使(ミカエル)
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
愚か者、中国をゆく ( 星野博美/光文社新書 )
2008 / 07 / 25 ( Fri )
筆者の経歴とか、なにやってるひとなのかとか、ぜんぜんわからないで読んだんだが(まあ、写真とか文筆のようだが)、この本は旅行記。20年ほど前のちゅうごくを旅するふたり組の若者。ひとりは日本人娘。もうひとりはアメリカ人の青年。当時の心境とか、旅行事情とか、いまと異なる旅の風景が描き出される。くわえてこのふたりの関係も異文化同士なもんだから、旅の途中で衝突起こしたりして…。

愚か者、中国をゆく
続きを読む
読書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
下妻物語 (2004)
2008 / 07 / 25 ( Fri )
下妻物語
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
崖の上のポニョ (2008)
2008 / 07 / 24 ( Thu )
観終えて、動揺のあまり駐車場の場所がわからなくなった。きょうは土用の丑の日です。

崖の上のポニョ

以下、未見の方は読まないほうがいいです。
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
たまもの (2004)
2008 / 07 / 24 ( Thu )
たまもの
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
だいたい、宮崎キャラの立体化とか・・・
2008 / 07 / 24 ( Thu )
痛いニュース(ノ∀`):“まるで化け物” ローソン、「ポニョ」の衝撃的なぬいぐるみを販売

まあ化け物は化け物だよね?百年くらい経たないと、このデザインの意味がわからないのかもしれない(でも、意外と来年あたり、若い女の子のカバンに付いてるかもよ?''Lilo & Stitch''みたく)。…じつは毎日歌、うたってるのだが(通勤中、サビだけ)、とにかく、ますます観たくなった。
その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ワン・ミス・コール (2008)
2008 / 07 / 23 ( Wed )
先週末から何度か劇場に行ってるのにかかわらず、いまだに宮崎駿の劇場用新作長編が観れてない。あと劇場用長編は撮れて2本か3本くらいだろう…。観たすぎる。なのに、なんでかこんな映画観ている。

ワン・ミス・コール
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ラブ&ポップ (1998)
2008 / 07 / 23 ( Wed )
ラブ&ポップ
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
fool on the matching information
2008 / 07 / 23 ( Wed )


60分ほど前、驚天動地した。地震じゃない。いいことばかりじゃない。でもかなしくない。おめでとう。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ドラッグストア・ガール (2003)
2008 / 07 / 22 ( Tue )
ドラッグストア・ガール
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
釣るとか釣られるでなく
2008 / 07 / 22 ( Tue )
asahi.com(朝日新聞社):超広角レンズ、死角少ないドアホン アイホン10月発売 - ビジネス

そゆんでなく、前職の絡みもあって基本はこっちなんだよな…。

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
田舎娘。
2008 / 07 / 21 ( Mon )
その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
nhhmbase 『 波紋クロス 』
2008 / 07 / 21 ( Mon )


ネハンベースの新作。プロデュースは54-71の後向きでベース弾いているひと(川口賢太郎)とヨシオカ・トシカズというひと。これいいアルバムだなと。夏向け。聴いてると、涼風がそよぐようなかんじでさっぱりする。…説明になってないか?以前の音源から比べ、展開の珍妙さはそのままに、耳ざわりがよろしく、朗々と歌い上げていて、格段に馴染みやすくなっている(以前は自己満ぷりが鼻についた)。なぜかライナーノーツを高橋健太郎が書いているのだが、ポストロックが云々などと評すでなく、意図的に矢野顕子なんかとの近似性を引き合いに出している。なんつうか、なるほどなーとおもった(でもま、ですます調が細野とか…?)。とまあ、小難しい内容ではないが、オシャレ音楽でも、単なるシーン消費音楽でもない。「パラソルライフ」「コインゲーム」あたりは純粋にいい曲だとおもった。

nhhmbase - 波紋クロス
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ひぐらしのなく頃に (2007)
2008 / 07 / 20 ( Sun )
どうかんがえても無茶な話しなんだけど、置換が予想以上に成功しており、わるくはなかった(いい意味でキチンと阿っている)。劇場からの帰り道、おおよそ主流じゃなさそうな(夏休み入りたての)jkちゃんらしきふたり組もおんなじような話ししてましたよ(聞き耳を立てた)。

ひぐらしのなく頃に
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ザ・マジックアワー (2008)
2008 / 07 / 20 ( Sun )
あくまで個人的な好みでいえば、さほど好きな映画じゃないんだけど。まあ、封切からしばらく経っているにもかかわらずお客さんは入ってた。おれあんまり大風呂敷広げられたり、ダラダラとあほみたいに展開する映画は好きじゃないのかも。約束事を強引に押しつけられたり、ウソをウソと容認させたうえで話しを進められてもね。…なんだかそんなことにきづかされた。

ザ・マジックアワー
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
"SANDINISTA! with ドラびでお(ドラびでお,ギリギリBOYZ,endakadoruyasu,ほか)"@sandinista (7/18)
2008 / 07 / 19 ( Sat )
なんつうか特殊なシーンなんだなって、やっぱおもった。ないよこんなブッキング。てゆか、地元シーン最高。お目当ては完全にドラびでおだったんだが、なんでこんな片田舎でダブ/レゲエを…?っていうギリギリBOYZにグサっときて、世界標準のファットな演奏、だけど墓場から空気を読まずに出てきたスペースサーカス(Space Circus)みたいなエレクトリック・ダンス・フュージョンを醸すendakadoruyasuに昏倒しそうになった。最後の曲のギター、なんだかスティーヴ・ヒレッジの霊(しんでない)を召喚したかのようだったし…。

ドラびでおさんとちょっぴり話しをした。怒られたのは著作権侵害のせいで、つべが悪いとのこと。あと今後はパブリックドメインを主にした作品になるので問題ないよ…とか云いつつ、ひとを喰った相変わらずの作品を繰り出していた。なので絶叫。終演後、たまらず本人に、エセジャズって嫌いですよね?って訊いたらやっぱり嫌い!との答えが返ってきて、なんだか永年の謎が氷解したような心地よさで帰宅したのだった。

SANDINISTA! with ドラびでお
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ナビゲートDVD カウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」count.1
2008 / 07 / 17 ( Thu )
ナビゲートDVD カウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」count.1

とりあえず活目して待ってるだけですが。このDVDシリーズは押井守のツラがたっぷり拝めて、ぼそぼそと、でもたっぷり喋るので、おれみたいなのにとっては最高たのしいです。だが喋りすぎだけどな。観てておもったのは、音響監督の若林和弘が大変ご苦労されてたところ。本当あんなイントネーションで全編演じられたらたまんねーなとか。あと、映像特典で押井と脚本の伊藤ちひろ、脚本監修(ってなんだよ)の行定勲の鼎談が収録してあんだけど、行定と伊藤がなんだか本当にバカみたいだった。いよいよアニメーションもマーケの埒内でさ、観客層がどうとか、泣けなきゃダメとか(いい加減にしろ)、ホント世界の押井も大変だよな、って。

ナビゲートDVD カウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」count.1
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
譜めくりの女 (2006)
2008 / 07 / 17 ( Thu )
予告観てピンときたので観にいったら大当たり。おれの大好物である平和な一般家庭に破滅をもたらす悪女毒婦モノ。まさに、「悪婦破家(あくふいえをやぶる)」状態で…なんだか興奮しっぱなしだった。

譜めくりの女
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2008年のオンナノコ映画 (ノミネート)
2008 / 07 / 16 ( Wed )
信頼できる審美眼を持つ高橋君いわく、以下の二作品じゃねーの?…とのこと。





うーん『純喫茶磯辺』観たいなあ。あと高橋目線では、『神様のパズル』は選外なのだろうか…。
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
MASS/AGE
2008 / 07 / 16 ( Wed )
午後から隣の県で会議して、終わってから食事兼ねた呑み会して、チャイパブ行って林ちゃんにあいたいようなきがしたがその想い振りきって一路バスで帰ってきて、でもなんだか物足りずに宮廷式マッサージ(ちゅうごくふう)行って(6k/h)、そのあと味噌ラーメン食べた。マッサージは多少やばかったが制球できた。むしろ、そのあとの味噌ラーメンのほうがセクシャルな刺激は強かった。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ホントかな?
2008 / 07 / 16 ( Wed )
2006年夏にヤン富田が行った〈サマー・ワークショップ・電子音楽篇〉の模様をDVD2枚+冊子にまとめた作品がリリースに - bounce.com [ニュース]

 2006年7月9日、ヤン富田が渋谷UPLINKにて限定80名の前で行った〈サマー・ワークショップ・電子音楽篇〉の模様がDVD2枚+冊子としてリリースされる事となった。タイトルは「YANN TOMITA'S "SUMMER WORKSHOP"」。発売日は8月27日だ。

…以上、まともに出ないことが通例となりつつあるヤン先生のリリースのお知らせでした。
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
勝ち負けじゃないが、なぜか負けたきがする。
2008 / 07 / 16 ( Wed )
Variety Japan | むさくるしい役所Co Festa2008広める

役所広司が「宮崎駿、押井守作品のファン」を自認するのはなんとなくわかる。要はリップサービスなわけで。ただ渡辺謙の娘という杏ちゃん(なんて読むのかねアンちゃんかね)の云う、「『白蛇伝』がお気に入りの自称オタク」っつうのには、単にアートスクール女子の云う、クレイアニメ好きとかトルンカ好きとも異なるねじくれた強いフックをかんじる。暗に宮崎駿とおなじ趣向性で観てるんだぜ?的なニュアンスで発信してるようなきがする。それも美人さんが。
その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ある意味キーマニア
2008 / 07 / 13 ( Sun )
key mania


見るかぎりだと、ただの青空駐車場のようだが、隣県のカーマニアの集いに行ってきた。自発的に集まるいろいろなクルマ…。マニア同士だらだらと情報交換つーかおしゃべりやら写真撮影やら。車種や年式、製造国のちがいによる仲間意識とかおもしろかったり退屈だったり。まあ、基本的に退屈。痛車が一台もなくがっかりしたし、おれ自身、ぜんぜんマニアじゃないので、となりの山のパラグライダーの滑空をぼけーっと眺めてた。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ファクトリー・ガール (2006)
2008 / 07 / 13 ( Sun )
激動のさなかにあった60年代のNY。アンディ・ウォーホル(ガイ・ピアース)やボブ・ディラン(まあ作中明らかにされないのだが、小ざかしいモノマネコスプレ芝居するのはヘイデン・クリステンセン)らに大きな天啓を与えた、てゆうか美貌と血筋のよさを買われてチヤホヤされた挙句ヤク中になって実家戻ってODしちゃう、かなしいサセコちゃんの物語(この時点で図らずもネタバレとなっております…)。

ファクトリー・ガール
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌 (2008)
2008 / 07 / 13 ( Sun )
ものすごく、イイ!とかじゃあないけど、松竹の屋台骨背負おうっていう、そんな風格はあったよ。で、おれんなかで議論紛糾してた田中麗奈の(露出激減の)猫娘のルックもわるくなかったし(多少ファッショナブルに…つーかおれがオンナノコの衣服について云々云えるはずがない)。オナラネタとか振られても、勘所はきっちり抑える麗奈嬢、ますます惚れ直した。あんな娘と乾き物(鰹節やスルメ)一緒喰いたいです!と同時に、安易に一作目を踏襲せず、語り口を微妙に変化させた本木克英って職人だなと。

ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。