FC2ブログ
河童のクゥと夏休み (2007) ※リバイバル上映
2008 / 09 / 05 ( Fri )
観ながら、後頭部とかが痛くなった。感動しながら延々悩んだ。ボロボロ泣きながら途方に暮れた。ちょうど一年前に封切で観てて、当然傑作だとおもった(しDVDも買った)。なのでまたスクリーンでクゥたちに出会えるのだという喜びがアタマにあったので後先かんがえず足運んだんだが。やはり意識してしまうのは、ヴェネチアでも話題沸騰の"世界の巨匠"の最新作『ポニョ』との、比較しようのない比較であり、相似で相違。どのみちキモカワ海洋生物と人間の少年との出会いの夏休み。でも、なんでまたここまで異なってしまうんだろう?そもそもおなじアニメーションなのに…。

河童のクゥと夏休み
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
押井守ワークス+スカイ・クロラ ( 別冊宝島1546 culture&spo )
2008 / 09 / 05 ( Fri )
バラエティ・ジャパン | 押井守ハプニングにも泰然自若の「グラッツェ」

もうね、きのうの昼すぎから色々アレで。いいじゃねえか無冠で。

そんで、またしても映画『スカイ・クロラ』便乗本。宝島社から出たこれはコンビニでも置けるような軽いムック形式によるもの。ネット書籍通販の素人レビューに多く書かれているように、この本は値段の割りに情報が整っており、リーズナブルな印象。ざっくりと、押井守の最新作『スカイ・クロラ』と、過去の容易には追えない彼のフィルモグラフィーとをコンパクトにまとめている。ついでに小説やゲームなどにも無理なく言及。控えめに云っておくが、おそらく数多の押井本のなかでも親切度はピカイチ。これは予習にも復習にもいいとおもう。いまとなっては、んまあ、最早さみしい行為かもしれないが…。

押井守ワークス+スカイ・クロラ
読書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小谷美紗子 『 Odani Misako Trio 』
2008 / 09 / 05 ( Fri )

Misako Odani - Who -08-

なんだかんだでいいんだよなあ。とくにアタマ3曲のならびが神がかっているとおもいます。小谷美紗子っつうひとは、なんつかカンちがってるかもだが、展開的にアニソンめくグッド・メロディ奏でるよなと(これは完全にホメことばです)。いい意味でこれまでの彼女のカラーと決別できたトリオ編成だったが、後半のウェットさも流石筋金入りでやはり嫌じゃない。実際、3枚で彼らのしたかった全てをやりきったのかもしれないし、ただの繰りかえしに陥るまえに彼らはなんとかしたかったのかもしれない…。鉄壁のこの3人でフェス出まくりだったのだから、どちらかというと既発曲をならべるなどより、ライブDVDとか、ライブCDでベスト版をこさえて欲しかったなあ(セットの都合上、定番曲しか入らないのかもしれないが、それはそれでいいじゃねえか)。

小谷美紗子 - Odani Misako Trio
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もうね、いろいろ無理なのも承知のうえで
2008 / 09 / 04 ( Thu )
妻に「私とPerfume、どっちが大事なの?離婚よ!」と突きつけられる |デジタルマガジン



ksykなら負け認めても仕方ないとおもう。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
through the silence without motion
2008 / 09 / 02 ( Tue )

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
in a sense of prescribed course
2008 / 09 / 01 ( Mon )
【政治家】社会民主党党首・福島みずほ氏「押井守監督の作品にはまっています」

押井の映画って基本的にさあ…。このタイミングでこれはよくわからないが、とりあえず足跡つけてきた。



福島みずほのどきどき日記 押井守監督の作品にはまっています
その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
except the little fish.
2008 / 09 / 01 ( Mon )


月曜のたびに腕にあざをつくる。会議のたびに1本か2本ボールペンをダメにする。まさか、机の上でへし折ってられないから、机の下でへし折る。いとも簡単に折れてしまうから、誠心こめて直線を湾曲させる。そのままカバンに放りこむのだが、インキが漏れ出てあとであけると底が真っ赤に染まっている。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム |