スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
Director notice of hearsay
2009 / 04 / 30 ( Thu )
yaesusky

日帰りで東京出張。ここんとこ疲れのあまり、家呑み(ほぼ)再開。…なんだか雲行きがあやしい。
スポンサーサイト
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
SHORTBUS (2006)
2009 / 04 / 29 ( Wed )
ブライトン在住の後輩ちゃんおススメの一本…ってことで、私信でも、あと去年末コミケで依頼した原稿にも登場した作品をようやく観る…たぶん、比較しようがないのでわからないが、たぶん無修正版だとおもう(国内版との比較をしようとおもったんだけど近所のツタヤになかったの)。監督は『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のひと(ジョン・キャメロン・ミッチェル)。自己言及的だが、あれよりもゴテゴテしてなくて観やすいです。こういう享楽的で素敵なひとらが都会には沢山いるんだろうな~って、ぼけ~って観てた。

Shortbus
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
グラン・トリノ (2008)
2009 / 04 / 29 ( Wed )
イーストウッドのフィルモグラフィーをキッチリ押さえてきた真面目なひとなんかだと、そりゃもうかんじいるところは沢山あるんだろうけど、おれみたいにピーチクとついばむ程度で、『チェンジリング』も諸事情があって未見なんつう、トウシロつか新参には理解しがたい滋味がブワーなんだろうけど、でもなんつうの?そんなおれでも泣けて泣けて仕方がなかった。このところのクローネンバーグにも似た、直球感がたまんなかったのだ。

グラン・トリノ
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
レイン・フォール/雨の牙 (2008)
2009 / 04 / 29 ( Wed )
観ながら、あれもこれも…とおもったんだ。席を離れようかともおもった。今年度でも屈指の惨たらしさだが、だがどこをどうダメだとか、なってないとか、そういうことをいちいち挙げていくことすら痛苦にかんじてしまう。出自がいまいち判らぬ、だが黒沢清に脚本(原案)を提供した(『トウキョウソナタ』)という点だけで日本国内でカネを集めて一作撮って(前後関係はわかりません)、ほんでそれなりひとを呼んでしまうというガイジン、マックス・マニックスによる日本を舞台にしたサスペンス。大金任さされた御用聞き監督あたりが撮りそうな、ほんで"ハリウッドを越えた!!"みたいな惹句が踊りそうな退屈な映画もどき。いっちゃわるいが所詮邦画。だったら、これもクロちゃんが撮ればよかったのに…。むろん、マニやんのホンは敲き台でね。

レイン・フォール/雨の牙
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
It is (^-^) today ..warm it...
2009 / 04 / 29 ( Wed )
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マックス・ペイン (2008)
2009 / 04 / 29 ( Wed )
法の向こう側に興味津々丸という点においては、洋邦の別を問わないということか。カプコンの人気ゲームを映画にした『龍が如く 劇場版』なんかと同じテイスト。もうそうなると、好みでしかなくなる。本作はロックスター・ゲームズの表題作の映画化。またしてもゲームがオリジンとなる『ヒットマン』にも出てたオルガ・キュリレンコがほぼおんなじような役柄で登場し、安定感を下支えする。キュリレンコたんの大安売り…。だがわからんでもない。物事、都合のよさが最優先されることもある。ま、仕事選べるといいのにね…。

マックス・ペイン
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
鴨川ホルモー (2009)
2009 / 04 / 29 ( Wed )
個人的にすきな(むしろきらいになりたいぐらいだが)本木克英の新作。古都・京都を舞台にしながらも誰も手をつけていない境地…というよりか未踏すぎるステージへと我々をいざなう意欲作。笑えるか?といえば案外そうでもない。だが、わるくもない。そしてそれが、ここちよい。まったくもって不思議。

鴨川ホルモー
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
潜入 怖~い島 ( ミッシィコミックス/宙出版 )
2009 / 04 / 28 ( Tue )
たとえばやるきの欠けた四月下旬のある昼下がり、こんなくだらないマンガ本とお菓子と飲み物コンビニで買いこんで、仕事サボってひとしきり古ぼけた自家用車のなかで読みふけり、ほんで帰宅して焼酎や焼き鳥などカッ喰らいながらクソ胡乱な目つきさせて「クロ宗 甑島」でググったり、「豊年祭 人魚神社 アカマタ クロマタ 新城島」でググったり、「三重県 W島 女ヶ護島 渡鹿野島」でググったり…いろいろいそがしい。しかし世界はいろいろ平和でしあわせなのかもしれない。おれのようなクズにも明日は来る…。そんなわけで、さほどの新味はないし実用度も低いものの、安価かつさりげない適度な刺激を得るにはうってつけのビニマンではある。

潜入 怖~い島
読書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ターンレフト ターンライト (2002)
2009 / 04 / 27 ( Mon )
ジョニー・トーとワイ・カーファイの共同監督による、ラブコメともいいきれない、とにかく恋愛物語。舞台は台北。金城武とジジ・リョンは、かつて幼少時にサマーキャンプで出会った互いを忘れられずにいるのだが、ふとした拍子に13年ぶり(だっけか)に再会するのだが…っていう筋。全編に渡ってたっぷりと、このふたりの常軌を逸したすれちがい…超ど級のニアミスを拝見する羽目になる。

ターンレフト ターンライト
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
罪とか罰とか (2008)
2009 / 04 / 27 ( Mon )
ケラさんの映画、ちゃんと劇場で観るの初めてだな…などとおもった。タイトルどおり不条理を、その不条理すらをも虚仮にするようなコメディ。よって、よくもわるくも中身はありません。でも、それでいいじゃないか…とはおもう。

罪とか罰とか
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
pump up the...
2009 / 04 / 26 ( Sun )
somasky

同業者さんの新築お祝いで遠出。本当に遠かったなあ。帰路いろいろ考えちゃって落ち込んだ。ギャング・ギャング・ダンス聴きながらまたさらに落ち込んだ。20年前とかいろいろ面倒だ。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジェネラル・ルージュの凱旋 (2009)
2009 / 04 / 25 ( Sat )
前作に負けず劣らず、すげえタイトルだなあと。オチもなかなかの凄まじさなんですがね。まず云いきっちゃうけど、第一作目より確実に良いです。そもそもおれ、シリーズ物が大好物で、しかもこんなふうに勢い殺さず間を置かずに作られたっていうのはいいよ。…作り手も演じ手も(キャストも設定も)同一の愉しさってある。前作はアベチャンが登場してそのまま解決編となる直線的つくり。一方、本作は非直線。ミステリーとしては弱すぎでキャラクターにおもねっている節がみえるが、純粋に続き物としてはこれで正解なスタイル。

ジェネラル・ルージュの凱旋
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
チーム・バチスタの栄光 (2008)
2009 / 04 / 25 ( Sat )
故あって観てみた。バチスタってなんだろーって、チームだから、なんらか医療チームが、薬害とか救急車受け入れ拒否の問題とか過疎地の医師不足など解決してく話しなのかなーって。あとまあ誰彼の研究成果を改ざんしたとか教授会とかそういう象牙の塔ライクな問題とかが出てくんのかなーって。けど観てみないとわかんないもんだね。医療とかわからんから、なんとなく勉強にはなったきがする(きだけ)。でも、予想以上にコミカルだったな。

チーム・バチスタの栄光
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
バーン・アフター・リーディング (2008)
2009 / 04 / 24 ( Fri )
略してバーニング。公園兄弟ってさ、だいたい屑みたいな連中がよ、カネ勘定しながらグチャグチャにもつれきって全員おかしくなるような話しばっかじゃん!とか観ながらおもった。全部が全部そうだとは云わないが(だいたい全部観てるわけでもない)、とにかくカネに汚いっつうか、ひとの顔みた瞬間ガマ口にみえるような、そんな手合いがたくさん出てくる。ただ混乱させたくて、ひとを矮小化させたくて仕方がないのだろう。

バーン・アフター・リーディング
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
やめても消せない 裸の気持ちを
2009 / 04 / 23 ( Thu )
東宝、SMAP草なぎ剛容疑者の逮捕で主演映画公開に影響も - ニュース: MSN マネー



山崎貴のリメイク(改悪?リビルド?)も、まあ多少はきにはなるが、穴埋めに原恵一のオリジナルを再上映すればいい。『しんちゃん』新作もなかなかの傑作だったし!
その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Various Artists 『 FINAL SONG #1 』
2009 / 04 / 22 ( Wed )


今際の際に、オラが聴きたいオンガクってばよ!!みたいなノリでコンパイルされた、そういう意図がなければ酔っ払って国際線のヒーリングchやニューエイジchでダラで流れてきそうな、そういう意味ではアリかな?でも意図を添えてみればなるほど幽玄というか玉響な、そんなCDではあります。こういう企画意図に賛同して、他人の曲をホイホイ挙げられるDJというひとたちは…なるほどすごいなあと。おれはいま、そんなときに聴きたいオンガクは、ないかなあ…むしろいま、オンガクあまり聴きたくないかもなあ。…10曲目のヴィラロボス選曲のインティ・イリマニ"Caramba、Yo Soy Dueno del Baron"あたりから急速に体温が冷えこみ、リッチー・ホウティンが選んだLINKでジワジワして(いいセンス!)、ケヴォーキアンの選んだファラオ・サンダースで恍惚のさなかハイさようなら。イーノは冒頭のサティとのブリッジになってるきがした。

Various Artists FINAL SONG #1
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
机のなかみ (2006)
2009 / 04 / 22 ( Wed )
仲里依紗の飾らない原石な魅力を鷲づかみにしてみせ、麻生久美子の正しい運用方法を世に知らしめた、という意味で一部の好事家を唸らせた『純喫茶磯辺』を撮った吉田恵輔による作品。とにかく、習作だとおもって我慢して観た。…けっこう、しつこく、うざったい映画。

机のなかみ
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クレヨンしんちゃん オタケべ!カスカベ野生王国 (2009)
2009 / 04 / 21 ( Tue )
これでようやっと、原恵一のくびきから、長く暗いトンネルから抜け出たのだ、という想いを強くする。前作で本郷みつるが久方ぶりの登板を果たしたのが功を奏し、シリーズにいい風吹いたのかも。演出は、しぎのあきら(鴫野彰)。クレしんはジャンルにおもねる必要も、引率の大人におもねる必要もなく、もちろん泣かせなきゃならない必要もない。とにかくギャグを連発し、動きまわることからはじめればいい。結果、小気味いい娯楽作品に仕上がった。とにかく痛快。

クレヨンしんちゃん オタケべ!カスカベ野生王国
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
/White Tie/
2009 / 04 / 20 ( Mon )


ただ、ひたすら、『イヌっネコっジャンプ!』な具合で渇望。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
No Samantabhadra
2009 / 04 / 19 ( Sun )
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
きみのいえbirdland
2009 / 04 / 19 ( Sun )
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
実家birdland
2009 / 04 / 19 ( Sun )
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ZOMBIE FOREVER企画 vol.15 「私の手紙」 (Qurage,麓健一,とうめいロボ,ゆーきゃん) @山形FRANK LLOYD WRIGHT
2009 / 04 / 18 ( Sat )
ZOMBIE FOREVER企画 vol.15 「私の手紙」
続きを読む
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トワイライト~初恋~ (2008)
2009 / 04 / 18 ( Sat )
事前情報としては北米のさ、夢見る夢子ちゃんあたりがオマタ湿らせながら熱狂してるティーン向けロマンホラーというかコバルト文庫系吸血鬼ノベルの映画化…っていうかんじかなと。おもってた。要は腐の字向けの作品なんだろうなと。なので観るのに二の足踏んでたんだけど…映画館に行きたくて堪らないきもちだったもので作品の出来不出来は別にして観にいった。そしたら案外わるくなかった。ハイスクールを舞台にした吸血鬼話し。典型的なジョックスが出て来ないのは新鮮。だがおれが目の敵にしているプロムネタが配されるが、んまあ、わるくないよ。無論プロム大きらいだけど。監督は『サーティーン あの頃欲しかった愛のこと』のキャサリン・ハードウィック。『ロード・オブ・ドッグタウン』は未見なんだよな…。まあ、変則な青春映画の得意なひと、なんでしょうか。

トワイライト~初恋~
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Exposing of age,each other
2009 / 04 / 17 ( Fri )


新卒の連中とお食事会。若さに任せて肉を喰いまくる彼ら。反面財布をきにしてキムチとか突くおれ。でもなんつうかまあ、どっか小心というか、やんちゃな度合いが足りてない印象だった。…世相を反映してるのかな。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ピイナッツ -落華星- (1996)
2009 / 04 / 14 ( Tue )
ピイナッツ-落華星-
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
full of the curiosity
2009 / 04 / 14 ( Tue )
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ザ・バンク 堕ちた巨像 (2009)
2009 / 04 / 12 ( Sun )
なーんか、ダルい映画だったなあ…悪者にしたいのはわかるんだが、特定のどっかモデルがあんのかしらね?主人公二人、クライヴ・オーウェンとナオミ・ワッツってひたすら華ないよね?貧乏そうというか…。あんなしみったれた銀行頭取も、なんとかならなかったのか。どっかで観たことあるような、そんなシーンの連続。とりあえず銀行モノとしてはまるっきり方向性がちがうが、『バンク・ジョブ』のほうが遥かに面白かったので本作、まあどうでもいい映画だなーとしか。

ザ・バンク 堕ちた巨像
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ワルキューレ (2008)
2009 / 04 / 12 ( Sun )
世代的には、しつこいようだがナムコのアクションロープレとか、河森正治の一斉風靡したデザインなんかを連想しちゃうんですがねー。ここんとこ大味なコスプレアクション大作ばかり手がけてた印象のあるゲイのブライアン・シンガーが、トムクルを迎えて撮った…なんとナチスネタ。これだってある意味コスチューム・プレイ。事実を基にしてるらしく…こう、弾けきれないでもどかしそう。

ワルキューレ
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
BOGULTA 『 A HAPPY NEW ANARCHY 』
2009 / 04 / 12 ( Sun )


去年の円盤ジャンボリーで見て、相当によかった想い出があるドラム&ベースデュオ。の、アルバム。音源…と共に、やれる範囲でのサービスはきっちり収めた映像集つき。かなり濃口なんだけど、分量そのものはさほどでないので一気にペロリと喰えます。むしろきにせず一気に喰うべき。ドカドカしつつ、血がたぎりつつ…最高になごむ。にっこり微笑んでしまう。メロディーをひと言で云えば、夕方の再放送アニメのOPみたいな…そんなかんじ?それらが、野生な獰猛さと尋常でないキャッチーさと、あとどっかケミカルな怪異っつうか不健康感やらスペーシーさやらが意識混濁しながら、なんつうか…颯爽と奏でられる。単純に、ドーピング的な意味で元気になるとおもいます。アルバムタイトルの曲は、劇場版『機動戦士ガンダム00』のテーマ曲にしたらいいとおもいます(てきとう)。

ボガルタ - A HAPPY NEW ANARCHY
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。