FC2ブログ
ターミネーター4 (2009)
2009 / 06 / 07 ( Sun )
原題は"TERMINATOR SALVATION"…予告で期待したとおり、けっこう沈痛な内容になっている。ぶっちゃけ、キャメロンより深刻なことになっている。本作で、はっきりと抵抗軍がデタラメだということがわかった。たぶんユーモアがあるほうが勝つとおもえるので…スカイネット側のほうにはそれがあった。さび色のルック、トータルで文句はない。マックGで成功だとおもう。あと…世襲議員の制限案のあれこれ考えてた。梨園の世襲のことも…。以下、先行でぎゃあぎゃあ云ってる与太なので分別あるひとは読まないでね。

ターミネーター4
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
余命1ヶ月の花嫁 (2009)
2009 / 06 / 07 ( Sun )
この映画にまつわる由無しごと…さまざまなエレメントはすべて、一切が色欲にまつわることで、それそのものは、興味本位で接しても、別段問題ないようにおもえる。だって、商売でしょ?半島パクるのも、股ひらくのも、不幸を喰い物にするのも、そしてそれを揶揄しあって、晒すのも…。本作の監督は廣木隆一。その彼の、立派としか(おれには)云いようのないキャリアすらが標的にされる。出来不出来はともかく、そんな失敗が許されないなかで廣木はよくやったとおもう。瑛太も榮倉も。なお、脚本は斉藤ひろしだが、傑作『きみの友だち』のような事態には残念だがならなかった。

余命1ヶ月の花嫁
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
DJ森光光子 『 80年代日本の拡張ミックス 』
2009 / 06 / 06 ( Sat )
魂を穿つ優れたエディットもんは、なべて、ともすれば、昆虫の標本とおなじだ…害虫でも益虫でも、関係はない。80年代Jポップの、残響。それそのものには、無論こころ惹かれるものがあるが、でも文字どおり拡張…エクステンデッドかエクスパンションか、しらんけど、こんなんがフロアで鳴り響いても、慄きはすれ踊れは、しないのではなかろうか?なんつうか、わるくちでなくプラスティネーション的と云おうか、人体の不思議展的な死後硬直感がある。延々感覚が死んだままたまゆらにダンス。無限とも云えるほどに引延ばされた尺。ヘタしたら荘厳な響き方しかねない凶悪な涅槃トラック集です。

DJ森光光子 - 80年代日本の拡張ミックス
音楽 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
フロスト×ニクソン (2008)
2009 / 06 / 06 ( Sat )
一連の、今年度の米アカデミー作品賞ノミネート群のなかでは、現時点ベストかなーと。別段、そういう賞獲りがおもしろくて関心あるわけではないけど。『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』はブラピの変容ぶりはおもしろいが話しそのものは地味だったし、『ミルク』は地味めな監督が奮起したのは買えるしわるくはないが響かなかった。『スラムドッグ$ミリオネア』は事前の興味を本編がただの一瞬も上回らなかった時点で駄作としか見なせない。そこで本作ですよ!ふつうに乗せられて、おもしろがってるおれがいる。さすがま、ロン・ハワードだなーって。まあ、『愛を読むひと』は未見だけど…文芸じゃなあ。裸は見たいけど…。

フロスト×ニクソン
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
プリンセス・プリンセックス 『 おかあさんにないしょ 』
2009 / 06 / 05 ( Fri )
そう、プリプリ(セックスのほう)。"漫画家を目指す普通の女の子、「山本ヴァッギーナ」とモンブランと赤福が大好きな普通のサラリーマン、「うどん・でぃ・まんこってぃーに」による普通のアイドルユニット"ということですが…こないだ円盤に行ったときにジャケ買い。節操のないシアトリカルさだけ鼻につくゼロ年代のナゴムじゃあ?みたいな安易な印象がまずひとつ。男性のクソくだらない希望なんて、とうの昔に粉砕されているわけ…。とはいえ雨のなかド三流グラビアアイドルの末路を浅草ロックザハウスに求めるような、そんな浅はかさ?勃ちのわるさ?このCD‐Rに込められている女性性もモヤモヤも、過剰さとは無縁で芸にはなってないようなきがするけど(とかくユーモアが案外足りてない)、聴き流せるほどには送り手も受け手もまだ腐っちゃいない。そんな、退屈な想いを強くした。

プリンセス・プリンセックス - おかあさんにないしょ
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お自慰ちゃん・・・
2009 / 06 / 05 ( Fri )
【国際】 「キル・ビル」のビル役俳優、窒息しながらの自慰中に窒息死か



『キル・ビル』、『キル・エビル』でおなじみのデヴィッド・キャラダイン様がなんとまあ。ご冥福お祈りしますのと同時に、んーまー…とりあえず…『サイレントフルート』再発希望ですね。
その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ニセ札 (2009)
2009 / 06 / 04 ( Thu )
お笑いのひとや役者などが、余技予芸として映画撮るのは別段どうでもいいというか、それなりにおもしろいケースもなくはないのでアリだとはおもうが、けれどそんなに積極的に肯定しようとかどうとか、そんなきもない。ただ退社時間と上映時間の兼合いだけで観たりするケースだったり。この映画は木村祐一が監督している。脚本は向井康介、井土紀州、そして木村本人っていう、ある意味すごいメンツ。製作はビターズ・エンド、シグロほか。

ニセ札
続きを読む
映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
not stronger alone
2009 / 06 / 03 ( Wed )
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
sham 73
2009 / 06 / 03 ( Wed )
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
tooo laaaate
2009 / 06 / 03 ( Wed )
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
warning waitress
2009 / 06 / 03 ( Wed )
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
strings of two one poly girlboy
2009 / 06 / 03 ( Wed )
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
string without wind drag
2009 / 06 / 03 ( Wed )

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サクサク搾取
2009 / 06 / 03 ( Wed )

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
bla bla
2009 / 06 / 03 ( Wed )

放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
実家 glide divine
2009 / 06 / 02 ( Tue )


きのうは、クソ鴨居にクソ頭頂部ぶつけてスキンステープラー5ショットでクソ絶頂体験。きょうは、クソナショナルタックスエージェンシーの連中に無予告来社されてクソ臨死体験。いいことなし。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム |