FC2ブログ
チェイサー (2008)
2009 / 06 / 16 ( Tue )
観ながらおもったのは、これってさー…カウボーイの話しだよね?放牧してて消えたメシの種を血相変えて捜しにいくという…それいったらば、女衒とかピンプとか、みんなそうじゃね?ともかんがえたけど…まあどこか生真面目なのかなって半島のひと。とにかく、仕事に対して真摯に向きあうことの大事さや希少性をだ、『キャバレー日記』につづき、またもや大画面を通し、こういう性風俗がらみの一作でおもいしらされた。誰しもうしろ暗い経験を抱えるであろう、そんなすべての男女に捧げられる野太い魂の一作。なんつかもう、こういうの観ちゃうと、ほかの映画観にいこうなんてきになんねーよな。グッタリして。新鋭ナ・ホンジンによる、コリアン・クライムものの傑作。

チェイサー
続きを読む
スポンサーサイト



映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ウルトラミラクルラブストーリー (2009)
2009 / 06 / 16 ( Tue )
驚愕した。ゆるい感性一本槍な女流監督による、しょせん人気イケメン俳優を配した、単なる町おこし映画かなんかだろ?とまったく期待せず、なんのきなしに観たのだったが…たいした映画だとおもった。なんつうのか、おれの理解が行き届いていないのか、まだ素直にこの才能を認めるのに躊躇する。うーん…最初は自分探し系帰農映画かとおもいきや、黒沢清なんかの世界に近接した怪作だった(横浜監督本人も黒沢清の影響受けてる模様…ソースはいま出てる「映芸」な)。ある種のホラーだし、愛に殉じてくトラジディな怪物映画だと捉えた。そうすればこの違和感の塊のようなタイトルにも合点がゆく。…そう、黒沢清がなしえなかった片田舎ファンタジック・ホラー・コメディの域に易々到達(そして『サッドヴァケイション』で息も絶え絶えに到達した青山真治が北九州で地団駄踏む)。以下、ネタがぱっくり割れてます。

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |