FC2ブログ
しんぼる (2009)
2009 / 09 / 22 ( Tue )
画的な満足に相当関心がある様子、としかおもえない。わるいこっちゃないんだけど、正直映画館で観なくてもいい内容になってしまっている。映像作品として秀でているが、残念ながら映画でない。松本人志の前作『大日本人』は、青さいびつさ含めて映画であらんと断固、屹立していたが、本作はそうではない。どっかで腰が引けている。うまく説明できないけど、するきもないけど、これってNHKスペシャルの内製CGで晩飯時に感動するとかと同種のエモーションだよ?

しんぼる
続きを読む
スポンサーサイト



映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カムイ外伝 (2009)
2009 / 09 / 22 ( Tue )
漫画(劇画)の実写映画化の、邦画におけるひとつの到達点だとおもう。白土三平の原作漫画は、小学校のとき担任の先生から借りて読んだ。これっていまにしてみれば日教組ラインの価値観刷り込みだったきがするが…まあトラウマにはならなかったものの、作中の適度な人体破壊は精通前の消防のこころをガッチリ掴むには十分だったわけで。そんな原作を、まったくもってジャストでファットな人選としか云いようのない崔洋一が、仮借なくガチで挑んだ本気の被差別アクション忍法漁村映画。きっと、演出部とか制作部とかバンバンしんでたでしょうね…。いまの日本の映画監督で、ここまで現場に無理を云えてしまう、ないしは無理をさせられる現場は崔のトコだけでは?ここまで苛烈な要求、普通しないでしょ。だし、崔だってさ、こんな映画でなく、文芸ものとるような年齢だしキャリアでしょ?根岸吉太郎とか高橋伴明みたく…。以下、ネタ割っちゃってますんで。

カムイ外伝
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サンシャイン・クリーニング (2008)
2009 / 09 / 22 ( Tue )
端境期だったんで、別段期待しなくて観にいった。というのも、おなじクルーで撮った(そして妙に評価も高い)『リトル・ミス・サンシャイン』がさっぱり引っかかんなかったもので。客筋からおれは外れてるんだろうなと。そういうのも、確認したくなるお年頃。嘘。なんかもーね、正直ここ二週間ばかり家で晩飯が喰えない状況で、当然ながら映画もさ、観れなくて。なのでなんでもよかったの。で、期待せず観たらば…まず、『リトル・ミス~』より断然よかった。案外拾い物かもなーとか。

サンシャイン・クリーニング
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |