スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
ファイナル・デッドサーキット 3D (2009)
2009 / 10 / 31 ( Sat )
とにかく最高に元気になれる。その…こういう映画だけで、もう十分なきがする。すべての映画は、こんな具合になってしまうのも仕方がないのかもしれない。たとえばいまやTVゲームで、ベタな平面画ってのはありえないわけで。見世物の真っ当な進化の仕方、その真っ当な過程をまざまざと体感できる。まあ…とりあえず清水崇はデヴィッド・R・エリス先輩の爪垢煎じて呑むべきだ。

ファイナル・デッドサーキット 3D
続きを読む
スポンサーサイト
映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
3時10分、決断のとき (2007)
2009 / 10 / 31 ( Sat )
たとえばおれやあなたがだいすきなもの、それってやはりお金じゃない。ほかになにがあるのか…いや、お金じゃないんだよ。お金も大事だけど、それだけではないんだよ、と痛切に映画が訴える。時計をとめて。とまらない。午後3時10分ユマ行きの汽車をジッと待つ。「誇れるものがない」。どうしようもなく染みる。ぶっ倒れそうになる。泣きはらした。監督はジェームズ・マンゴールド。

3時10分、決断のとき
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
宮本武蔵 -双剣に馳せる夢- (2009)
2009 / 10 / 31 ( Sat )
地元で観れて、まずは感謝感謝。さらーっと上映してんだもん。おどろいた。押井守原案脚本で、押井のアニメ仕事の演出実務を長年担ってる盟友西久保瑞穂が監督。けっきょく押井がなにしたいか、おそらく押井以上に含蓄やユーモア含めた押井の本質理解しつつ(ぶっちゃけ押井の普段のアニメ仕事との相違点は、コンテ切ってるか否か、だけでしょ)、なおかつIGの現場実情もわかってるわけで、西久保の起用は、んまー押井の複製的なモンが出来上がるという点では見事功を奏している。事実そうだが、押井よりも冷静にサービス精神を発揮しているので観易いよ(なんかのインタビューでこんなに動いてるとは!っていう押井の感想があったはず。ソースは知らん)。

宮本武蔵 -双剣に馳せる夢-
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
my convictions could not lie
2009 / 10 / 30 ( Fri )
続きを読む
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
got to go home
2009 / 10 / 30 ( Fri )


きのーのこと。愛車ちゃんのオイルレベル異常を、さすがにホッタラケにしすぎてて、もうちょっと寝かせちまうと本当に症状が風景化してしまうような、壁紙化してしまうような、そんなナチュラルさ一歩手前だったため、覚悟きめて昼に世話になってる車屋に行った。世間話感覚で置いてあるクルマ(10年位前のアルファロメオ)ホメたらば、なんか話しが長引いた。「ぼくもホラ、バツイチじゃないですか~」みたいな同意を求めてくんのね。馴れ馴れしく。ちょっと待てよ。おれは婚カツ殺人の標的にされるほどピュアだよ。…積んでたプラモ幾つか貰って帰った。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
KONKATSU KUITAIZE
2009 / 10 / 28 ( Wed )
1 photos

痛いニュース(ノ∀`):結婚詐欺女の周囲で計6人の男性が不審死 自殺として処理されたケースも
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
6 hour conference people
2009 / 10 / 27 ( Tue )
tk4

水棲生物の楽園つうか、でもその楽園、汚水に塗れてて。毒沼の主の高説を延々聞こし召した。あれ?表現あってるのか?とにかくわっかんないけど、ブッ殺したくなった。DNA根絶やしたくなった。部屋のなかには10匹以上の蛙がいて、あと河童も何匹かいて、とにかくまんじりともしない時をすごした。日付け、変わるまで。蛙や河童の体たらく、ゴミ箱の分際で風情で、大層ご立派なコト云うのな。脳内で何度も何度も絵図を描く。束の間ラストリゾート。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
にじかい
2009 / 10 / 25 ( Sun )
たいへん素敵なにじかいでした!中村君花ちゃんおめでとう!

welcome
続きを読む
放課後 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
cripple
2009 / 10 / 22 ( Thu )



放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カイジ 人生逆転ゲーム (2009)
2009 / 10 / 22 ( Thu )
正直なんだかくやしいんだけど、クソおもしろい。原作コミックの妙味をもれなく仮借なく映像にしてしまおうと本気で取り組んでしまった結果がこれだよ。やっぱテレビ屋侮りがたし、といいますか。監督は佐藤東弥(佐藤純彌の息子)。これ一本での判断はアレですが、深作の息子よりクセがなくて当たり前に撮っちゃうかんじがしました。大作請負人の血が引き継がれているのか…。なお脚本は大森美香。「ターゲットが明確でない=売れない、ヒットしない」ではなくて(作り手はンなこと云っちゃあイカンよな。愛なさすぎ)、そもそも原作や企画そのものが今日的すぎてヒットせざるを得ない状況だったのだ、とおもいます。かなり客入ってた。

カイジ 人生逆転ゲーム
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
forever weekender
2009 / 10 / 22 ( Thu )




マンチェスター・ムーヴメント期に活躍したバンド、FLOWERED UPのLIAM MAHERが他界 - bounce.com [ニュース]
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
姫ちゃんのribbon controller
2009 / 10 / 22 ( Thu )
SENRI newtown nightlights

ほんでもってきのうきょうオーサカ。いよいよなんの意味があるのか分からない会議になってきました。意味不明感が募りに募った懇親会を駆けぬけ、有志での二次会はなぜか駅改札と眼と鼻の先の「PRONT○」!大阪くんだりまできてプ□ント呑みって…!なんでキタとかミナミとかいかないの?とおいの?だったらなんで摂津くらいいかないの?そんな疑問は愚問で不問だ。くわえて尋常でなく呑んだ。ふざけた名前の、色つきのオスイみたいな、そんなんを大喜びでがばがば呑んだ。22時にはシャッター街化したこの古びたnewtown。帰りがけ冷めきったたこ焼きをほおばりつつ、部屋に戻っても、もちろん魂は納得してないので、大枚はたいて姫ちゃんのリボンをいじくり倒した。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
tendency in their ages
2009 / 10 / 21 ( Wed )
強風

きのーは合同就職面接会ってなわけで隣県へ。さまざまな観点で、きょねんよりざっくり二倍くらい大変みたいですよ皆さん。…たとえば現時点での前年同時期内定率が4割減とか、参加企業が二分の一とか、登録生徒数が倍とか。むろんこっちも消極的。入り口近くのブースあてがわれて、JKちゃんがわらわら入ってきたときはエキサイトというよりシェイムでした。なんかもつかれた。「ジブリの絵職人 男鹿和雄展」を見て帰る元気はそこにはなかった。帰路、小腹空いたんで関川の道の駅で玉こん買おうとしたら店の娘が猛烈アピール(このおにぎりはわたしがつくりました!のこり一個です!とか)。『東京上空いらっしゃいませ』の頃の牧瀬里穂なら反応するけど。ほんできょうはOSAKA。もうすでにつかれてる。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
とびだす!3D東映アニメまつり (『きかんしゃ やえもん (2009)』ほか4本立て)
2009 / 10 / 19 ( Mon )
とうとう東映が本気出したか!ってかんじで喜び勇んで観にいった。『やえもん』を除き、イベント向け旧作だらけだが未見なんでおっけーだ!お目当てはむろん、細田守の二本!あるいみサマーウォーズ!しっかし、たかだか1時間やそこらなのに、眼窩を執拗に陵辱されたかのような偏頭痛がですね…24フレのTVとおんなじような演出を、劇場で、それもデジタル3Dでやるとどうなるのか。ジャパニメーションの、真の凶暴さが如実に現れてます。

とびだす!3D 東映アニメまつり

とびだす!3D 東映アニメまつり
続きを読む
映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
扉をたたく人 (2007)
2009 / 10 / 18 ( Sun )
原題は"THE VISITOR"。わかりづらい邦題だが、観終えるとしっくりくる。とかくこの世は不寛容が蔓延してるよなー。そうおもった。かといって、それに対して、自分の目で見ないで断ずるような風潮に対して、なんらの対抗策もないようにおもえる。だっておれ自身がそういう傾向の強い人間なのだから。本作、声高に主張するではなく、ひっそりと異議を申し立てる。品がある。どっちが扉をたたくのか、そういう問題。

扉をたたく人
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH (2009)
2009 / 10 / 17 ( Sat )
たまたま見たNHKの番組で、安めぐみがこの映画紹介してて(あと手塚眞も出てた)。せっかくイマジカの試写室で観たのに、安めぐみが作品そのものに対して薄い反応しかなかったあたり、ものすごく惹かれるものがあった。それって彼女なりに、安易なデジタル3Dの流れを批判してるのかな?とか…。

戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Base, Apex & Oil
2009 / 10 / 17 ( Sat )
frontwindow

朝っぱらはやめに出て日本海寄り県北部へ。高校生ちゃんの面接。その後鶴岡の「満び」でラーメン(太麺あっさり)。やっぱこの麺か…。旨いんだけどダメージでかい。さいきん、ラーメン喰うと腹の調子やらなにやらぜんぶダウンすんだよねー。ついでにオイルランプも点灯。面倒くさい。
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ゴースト・ドッグ (1999)
2009 / 10 / 16 ( Fri )
ビクターから出てたジュエルケースももちろん所有。けど、トールだしジャケも地味で格好いいし、なにより妙に安かったから購入。故あって自宅で某監督作ばっか観てたせいで、ひさびさ自宅DVD鑑賞が愉しかったのだった。

ゴースト・ドッグ
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ATOM (2009)
2009 / 10 / 16 ( Fri )
おもったよか、相当面白かったというのが正直な感想。云いすぎかもしれないが、でもまちがいなく『ホッタラケの島 遥と魔法の鏡』よりはマシだった。ひょっとしたらりんたろうの『メトロポリス』なんかよりも手塚だったかも…。ちゃんとハムエッグが内海賢二だった!とか、そういう原作に忠実かどうかはさておき、原作への愛はあった。手塚治虫はもとより、日本のマンガやアニメは基本好戦的なんだから。未来や創造の先にも破壊。そこにバッチリ焦点合わせてきてる。監督はデヴィッド・バワーズというひとで、音楽はジョン・オットマン。オリジナルの声優はハリウッドで固めてるが、製作は香港のIMAGI INTERNATIONALというトコ。側は洋風だが中身は結構アジア風、和風。

ATOM
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
映画監督って何だ! [Cut!] (2006) 特別上映+著作権シンポジウム
2009 / 10 / 12 ( Mon )
映画本編そのものへの感想は、以前DVDで観たときと大体おんなじ。今回は英語字幕がついており、人物名や出来事など却って理解し易かった。そしてまあ…なんつか、大スクリーンで映画監督達のツラぁ眺めることが出来て随喜のひと時でした。問題はそのあとのシンポジウム。

映画監督って何だ!
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
O.S.T. 『 あんにょん由美香 Original Sound Track(音楽:豊田道倫) 』
2009 / 10 / 12 ( Mon )


なんつうか、でもどっか、どこかしらが乾いてる。土曜日観た映画のサウンドトラック。音楽担当は豊田道倫。ばかみたいだけど、こうして聴くと浮かんでくるものがあるといいますか、いいですね。劇中で流れてるときは、まさか川本真琴だとはおもわなんだテーマ曲「ほんとうのはなし」や、とってもあら恋な具合の8曲目とか、あと10曲目なんかこのひとぜんぜん変わってないんだなあ…っておもった。単純に。ひでえ歌詞…ってタイミングでまたしても川本嬢のお声が。なんかも、却ってひでえな…ひどくせつないな…って。

O.S.T. - あんにょん由美香
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
環ROY × NEWDEAL 『 the klash 』
2009 / 10 / 11 ( Sun )


このコンピレーションのなかでも、相当格好よい曲だった「hello!!」も収録のアルバム。ラップとアナログシンセの融合…って惹句以上に、キレのいいアシッド…でも、ないか。なんつかブリープっつか、レイブ感が最高たのしい(フィジットハウスなんてのはしらない世代)。やんちゃだがカウベルがかわいい7曲目、まんまなフレーズがじつに燃える8曲目なんか聴くにつけマスク野郎ALTERN8とかやっぱ想起。名曲すぎるタイトルの「ナイトクルージング」は心象風景の残像で断片で。眩暈するようなフレーズもインサート。9曲目もイイ。どっちかいうとおまけのエディット・ミックスCDのほうがアシッド色は強かったかな~。ブレイクのスネアロールとか感涙だった。

環ROY × NEWDEAL - the klash
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ (1966)
2009 / 10 / 11 ( Sun )
久しぶりに観ようと。なんかむずかしい映画とか、なやましいきもちになる映画とか観てると、つらいじゃん。こういうときにこそ東宝怪獣ですよ。東宝大プールですよ。本多猪四郎が地元出身だから、っていうので特集上映されてたの。しかしですね、もう3本連続して映画観るとか、きついんですよね…なので程なくして寝た。ほんで時おり起きて、ヒト喰ってる姿見てはニヤニヤした。メーサー車見てはほっこりした。なんつうか、バトルシーンが多いな~って印象。延々やってる。

THE WAR OF THE GARGANTUAS
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ナオキ [Japan: A Story of Love and Hate] (2008)
2009 / 10 / 11 ( Sun )
イギリス人監督が山形を舞台に日本のワーキングプア層の悲哀と希望を描く国際共同製作作品。かつて学生運動に身を投じ、事業で成功、バブル崩壊で転落、今は郵便局でアルバイトをしながら20代の恋人と暮らすサトウ・ナオキさん。時代を映す自らの人生をチャーミングに、誠実に、カメラにさらしていく彼を通して、監督は先進国ニッポンの陰の現実に素朴な問いをかけ、友情を深めながら人間関係を変えていく。2009年1月放送のNHKハイビジョン特集「東京モダン」で初公開。

(YIDFF: 2009: インターナショナル・コンペティションHPより)

Japan: A Story of Love and Hate
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
RiP! リミックス宣言 [RiP! A Remix Manifesto] (2008)
2009 / 10 / 11 ( Sun )
既成曲をサンプリング、アレンジすることでオリジナル・ナンバーを生み出すアーティスト〈ガール・トーク〉の活動からはじめて、知的財産権に対する激烈な問いかけが紡がれていく。著作権や知的財産権が映像、音楽、果ては癌治療にまで及ぶ事実を明らかにしながら、カナダの監督ブレット・ゲイラーは文化批評家からブラジルの文化大臣にまで取材を展開し、人類の遺産に縛りをかける団体の存在を明らかにするとともに、オリジナリティとは何かを考察する。

(YIDFF: 2009: インターナショナル・コンペティションHPより)

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ワイルド・スピード MAX (2009)
2009 / 10 / 11 ( Sun )
第一作目からの、シリアスなエッセンスの継承。ただ、うーん…個人的には、ほとんど無かったことになってる『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』のほうがふざけてて、全然すきです(本作ではサン・カンが冒頭で登場し、引退して東京でレースやるって発言だけが繋がる)。監督はジャスティン・リン。

ワイルド・スピード MAX
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あんにょん由美香 (2009)
2009 / 10 / 10 ( Sat )
いろいろな意味で、いや面倒なこと抜きにして確かに真の意味で、おれもレンタル屋の店先で大変お世話になったという意味で唯一無二の"映画女優"である林由美香の、"新作"。…監督は『あんにょんキムチ』の松江哲明。まあ、それだけでクンクンと漂うものはあるし、優先枠とは云わないまでも(でも数年前中央公民館で『あんにょんキムチ』かかってたよね。まぁ観に行きましたけど!)それだけで山形国際ドキュメンタリー映画祭で何らかのかたちで上映されてしまうんだろうなあ…と、おもった。作品の出来不出来はどうあれ。…ひとことで云えば、かわいいかんじの作品。

あんにょん由美香
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
not even if reaching it
2009 / 10 / 08 ( Thu )
放課後 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
えびのお寿司おねえさん 『 初潮のダンス 』
2009 / 10 / 08 ( Thu )
だいぶまえに買ってたんですが…二人組のギャルバン。いいです。録音技術のことはわからないけれどドシャグシャしてて、尋常でないことが起こるんだろうな…ってかんじがしてて、とにかくポップだし勢いや姿勢が大事なんだなって。立派だなって。そんな一方で、やったらシュンとしおれる瞬間もあったりできになるかんじ。歌詞についてはあまり…触れたくないきがします。セキララで露悪的なのは、恥ずかしさの裏返しだと勝手に解釈した。あ、おれのCDは、なぜか6曲目のとちゅうから音が鳴らないのでした…。

えびのお寿司おねえさん - 初潮のダンス
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 (2009) 3回目
2009 / 10 / 08 ( Thu )
きょう海側に面接で行く予定だったんだが、急遽台風のせいでなしになった。ので、本当だと三川のイオンで観る予定にしてたんだが…なんだかんだとまたホームでの鑑賞。さすがに三度目なのでどうのこうのはないよ。だいたいもう10月じゃん!いいかげんにしないと!

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

なお、初見、二度目の感想は…
World (The Price of Love) ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 (2009)
World (The Price of Love) ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 (2009) 2回目
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。