FC2ブログ
環ROY × NEWDEAL 『 the klash 』
2009 / 10 / 11 ( Sun )


このコンピレーションのなかでも、相当格好よい曲だった「hello!!」も収録のアルバム。ラップとアナログシンセの融合…って惹句以上に、キレのいいアシッド…でも、ないか。なんつかブリープっつか、レイブ感が最高たのしい(フィジットハウスなんてのはしらない世代)。やんちゃだがカウベルがかわいい7曲目、まんまなフレーズがじつに燃える8曲目なんか聴くにつけマスク野郎ALTERN8とかやっぱ想起。名曲すぎるタイトルの「ナイトクルージング」は心象風景の残像で断片で。眩暈するようなフレーズもインサート。9曲目もイイ。どっちかいうとおまけのエディット・ミックスCDのほうがアシッド色は強かったかな~。ブレイクのスネアロールとか感涙だった。

環ROY × NEWDEAL - the klash
スポンサーサイト



音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ (1966)
2009 / 10 / 11 ( Sun )
久しぶりに観ようと。なんかむずかしい映画とか、なやましいきもちになる映画とか観てると、つらいじゃん。こういうときにこそ東宝怪獣ですよ。東宝大プールですよ。本多猪四郎が地元出身だから、っていうので特集上映されてたの。しかしですね、もう3本連続して映画観るとか、きついんですよね…なので程なくして寝た。ほんで時おり起きて、ヒト喰ってる姿見てはニヤニヤした。メーサー車見てはほっこりした。なんつうか、バトルシーンが多いな~って印象。延々やってる。

THE WAR OF THE GARGANTUAS
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ナオキ [Japan: A Story of Love and Hate] (2008)
2009 / 10 / 11 ( Sun )
イギリス人監督が山形を舞台に日本のワーキングプア層の悲哀と希望を描く国際共同製作作品。かつて学生運動に身を投じ、事業で成功、バブル崩壊で転落、今は郵便局でアルバイトをしながら20代の恋人と暮らすサトウ・ナオキさん。時代を映す自らの人生をチャーミングに、誠実に、カメラにさらしていく彼を通して、監督は先進国ニッポンの陰の現実に素朴な問いをかけ、友情を深めながら人間関係を変えていく。2009年1月放送のNHKハイビジョン特集「東京モダン」で初公開。

(YIDFF: 2009: インターナショナル・コンペティションHPより)

Japan: A Story of Love and Hate
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
RiP! リミックス宣言 [RiP! A Remix Manifesto] (2008)
2009 / 10 / 11 ( Sun )
既成曲をサンプリング、アレンジすることでオリジナル・ナンバーを生み出すアーティスト〈ガール・トーク〉の活動からはじめて、知的財産権に対する激烈な問いかけが紡がれていく。著作権や知的財産権が映像、音楽、果ては癌治療にまで及ぶ事実を明らかにしながら、カナダの監督ブレット・ゲイラーは文化批評家からブラジルの文化大臣にまで取材を展開し、人類の遺産に縛りをかける団体の存在を明らかにするとともに、オリジナリティとは何かを考察する。

(YIDFF: 2009: インターナショナル・コンペティションHPより)

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ワイルド・スピード MAX (2009)
2009 / 10 / 11 ( Sun )
第一作目からの、シリアスなエッセンスの継承。ただ、うーん…個人的には、ほとんど無かったことになってる『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』のほうがふざけてて、全然すきです(本作ではサン・カンが冒頭で登場し、引退して東京でレースやるって発言だけが繋がる)。監督はジャスティン・リン。

ワイルド・スピード MAX
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |