FC2ブログ
ルドandクルシ (2008)
2010 / 05 / 30 ( Sun )
やたら都合のよいコメディかもしれない。そもそも実力は備わっているという初期設定にあって、ちょっとした幸運から夢の実現(と、挫折や躓き)を果たしていく兄弟の悲喜こもごも物語。監督はアルフォンソ・キュアロンの弟ちゃん。

ルドandクルシ
続きを読む
スポンサーサイト



映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁 (2010)
2010 / 05 / 30 ( Sun )
ほのかな恋心を抱くであるとか、または巻き込まれる形でべつの誰かの悲恋ををしるといったパターンはこれまでの劇場版にもあったが、今回はストレートにしんちゃん自身のロマンスが本気で描かれる。未来のお嫁さんタミコ(釘宮理恵)が5歳児のしんちゃんを危機が迫る未来に連れてゆく。それはオトナになったしんのすけの導き。カスカベは未来都市“ネオトキオ”に変貌を遂げ、将来展望していたカスカベ防衛隊の皆もそれなりにオトナになってしまっているのであった…。監督は昨年の『オタケべ!カスカベ野生王国』から続投のしぎのあきら(鴫野彰)。もう今後はこのひとに任せていいよ。また脚本は横手美智子で、師匠の伊藤和典がしていたTVシリーズ版『うる星』を髣髴とさせるハチャメチャ集団劇だったりで最高。かつなけた。以下ネタバレあり。

クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
グリーン・ゾーン (2010)
2010 / 05 / 30 ( Sun )
この作品題になっている俗名があまり活かされてないとか、そういう瑣末なことはどうでもよい。そしていまだにおれは、"ジェイソン・ボーン"シリーズの真の功労者は一作目のダグ・リーマンだとおもっている…であるとか、それもどうでもよい。飽かさず最後まで見せ切ることには成功しているが、観ながら終始疑問を投げかけざるを得ない。嘘の吐き方にもルールや品性があるはず。やっぱちょっと悪質なきがする。

グリーン・ゾーン
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |