FC2ブログ
アウトレイジ (2010)
2010 / 06 / 27 ( Sun )
ツイッターのTLで見ず知らずの方々が結構ご覧になってて、わりかし期待して観にいったのだが早速結論的に云えばんまー…及第点なのかなって。キャストのアンサンブルもまあまあ。喋くりしまくってるのもわるかない(モコモコしてる録音がよくないが)。チープかつドライな鈴木慶一のスコアも、少々左右に詰まったかんじがきにかかるものの柳島克己の撮影もいい。けど残念だが本作、撮るのが十年遅かったとしか云いようがない。とはいえ、劇場でこんな暴力映画が観られるなんて幸福とおもわなければならない。同時にたけしの持ち味だったしみったれた自己愛や憐憫から解放されている作品なので、普通に楽しめた。

アウトレイジ
続きを読む
スポンサーサイト



映画 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
プレシャス (2009)
2010 / 06 / 27 ( Sun )
まあちょっと心ない事しか書けないようなきがしてるんだけど、くだらない例えかもしれないが村田藤吉的トラジティで済ませられない、とは言下にこぼしかねない投げ出し具合や、無根拠な希望もあって、本作なかなか手ごわいと云える。あとまあ、主人公が○○○っていう予告にない大ネタの処理は、『告白』と同程度に酷薄ですよねー。興味が示されないという…。

プレシャス
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
タイタンの戦い (2010) ※ 日本語吹替、デジタル3D上映
2010 / 06 / 27 ( Sun )
ただでさえ眼精疲労の度を増してるきょうとか昨日とか。『アリス・イン~』でもおもったけど、とにかく疑似3Dはつらいなーって。ときおりオンメガネをはずして、強制的にダブらしてる像を薄ぼんやり眺めたり目を閉じたり…『ガルシアの首』が無性に観たくなったのと、あと『ブラオニ』がやりたくなったねー!イロイッカイヅツ!…あとスペシャルエフェクツ欄にニール・コーボールド筆頭に(正確には特殊効果・アニマトロニクス監修)沢山のコーボールドさんがクレジットされてたのが印象的であった。なんて家内制手工業?

タイタンの戦い
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |