スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
必死剣 鳥刺し (2010)
2010 / 08 / 31 ( Tue )
つかみとかホント最高で。開巻、能の舞が披露される。なかなかの緊張感。そして舞がおわりすぐさま側室が刺し殺される!開巻から3分ほどでいきなり鳥刺しかよ!まあたしかに関めぐみ様は鳥っぽいかもだが…でも関めぐみっておれすきなんだよな~切れ長な怜悧なまなざし最高じゃない。口汚く罵倒されたいじゃない。腹を切れ!なんて云われたらボンヤリ下腹部アツくなるじゃない。なので本作ヒロインは関めぐみで決定。池脇のちーちゃんとかもってのほか!戸田菜穂はまあまあ…か。でもリアルでツンデレはダメだっていうことは身をもって知ってはいるんですが…。

必死剣 鳥刺し
続きを読む
スポンサーサイト
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
きな子~見習い警察犬の物語~ (2010)
2010 / 08 / 31 ( Tue )
貫通してるかしてないか、そんなことに関心はない。ただなんというか…場持ちさせてなお牽引させるだけの魅力や個性…たとえば明るさであったり、ボリュームであったり、居ずまいであったり。なんか決定的にそれら欠けてんだよね。そんな『天然コケッコー』あたり迄はキッチリ存在していた夏帆ちゃんのキラキラ感の減退ぶり以上に、序盤もうひとりの主人公"きな子"との噛み合わなさがきになった。ぜんぜん呼吸あってないのやら。そんなグズグズなフロント陣を寺脇康文やその娘(大野百花)らが見事にフォローして、あまつさえ後者は夏帆ちゃんガッツリ喰ってたよ(そんな問題の瞬間においてもマイペースな"きな子"は泰然と終始なにもせず)。

きな子~見習い警察犬の物語~
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キャタピラー (2010)
2010 / 08 / 29 ( Sun )
題材が題材なだけにヘタな事云えないが(たとえば…大西信満がコアブロックじゃなくガンタンクなら寺島しのぶはガンキャノンかな?なんか変則な二次創作っぽいよね?とかクソ心ない事)、とはいえダルマネタが低予算ながらきっちりビジュアルに結実した時点で若松大勝利ですよ。作家性云々よりかような強引さ、次につなげる回収・興行屋精神ばかり目についく(お判りのとおり、それはとても正しい)。ムキ出しの性と人間性…しかない。よくもわるくも、不具ですらトラジディの小道具。きっとヒロシマも。

キャタピラー
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ザ・コーヴ (2009)
2010 / 08 / 28 ( Sat )
そんなにわるくもない。っていうのは、本作の上映館が「(恣意的にデータを並べており)ドキュメンタリーとして高いレベルの作品ではない」っていう有り体すぎるステイトメントを発表しており、まさにそのとおりだなとおもう反面、それでも案外いいでしょう?っていうきもちも、少なからず心にのこるのね。要するに映画は見世物なんですということ。特定の目的があるわけ。名声でもカネもうけでも…たとえば環境テロの活動資金を得るでもいいし。なんだかんだイッチョ前に反省してしんみりしたって鯨ベーコン喰いたくなるのが人間だし。

ザ・コーヴ
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ベスト・キッド (2010)
2010 / 08 / 28 ( Sat )
84年のオリジナルは観ていないという前提で…でもわるくない。むしろよかった。都合のよさ、たとえば出会う主要人物みな英語介すとか、『マトリックス』ばりのチートぶりとか、いくら北京とはいえ万里の長城でトレーニングとか、あの妙なツボマッサ道具の効能とか、そんなんもありますよ。けれど異国まで来て、到着初日で運命が形づくられる。ほれた女と嫌なやつ、そしてカンフーの洗礼。"小DRE"(だってまじ石丸博也がそう云うんだもん!)のデトロイト下町魂に火がつけられる。ヒロインのメイリン(ハン・ウェンウェンちゃんという子)、じつにキュートだったなー。

ベスト・キッド
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カラフル (2010)
2010 / 08 / 28 ( Sat )
予告観て驚いた。等身やデザインが(やや)今っぽい!それになんだか大変そうな内容!…原作が児童文学とは俄かにはしんじられない…じっさいそれほど重い内容なのだが(この時点でおれ児童文学を舐めているわけですけど)。そもそも原恵一シンエイで児童アニメの演出やってたわけで、よくもわるくも評価されてしまった最後の劇場版『クレしん』2本などは子ども向けアニメの枠をハミ出してしまったあたりが妙味だったのだとおもっていた。なのでその後『河童のクゥと夏休み』を観れば、原本来の持ち味はこっちなのだな…やはり純粋に子ども向けの作品撮るひとなのだと妙に安心したりした。なので…この針の振れ方には驚いたのだった。それでもなお、制作母体がサンライズ絡みであっても、有名俳優を大勢キャストに配しても、どこをどう切っても見事に原恵一の作品で大変興奮したし、感動もした。

カラフル
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
特攻野郎Aチーム THE MOVIE (2010)
2010 / 08 / 20 ( Fri )
冒頭…リーアム・ニーソンの、おこらせたら、本気出させたらこわいんだよ?っていうハンニバルのあの髪型でまず何の文句も出ない。普段のヘアスタイルと比べ、五割増しでなにか仕出かしそうな不穏さ。つづく砂漠でのB.A.との物騒すぎる出会い、ほんでコマシ野郎フェイスを救出。ついでにどうかんがえても異常人物であろうマードック(『第9地区』のシャールト・コプリー)を仲間に引きつれ凱旋。見せ場を見せ場としてキッチリ準備。途中から単純な肉弾アクションではなくなる。後半、傭兵のリーダー(ブライアン・ブルーム)がいきなり街中でバンバン目立ちはじめるトコとかカーナハンの『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』っぽいな~とおもったらアレにも出てるひとじゃんね。

特攻野郎Aチーム THE MOVIE
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
宇宙ショーへようこそ (2010)
2010 / 08 / 17 ( Tue )
TVアニメをまるで見なくなったおれがおそらく最後に興奮したのが『かみちゅ!』で、そんな具合で監督は舛成孝二で 脚本は倉田英之なわけですよ。基本ぜんぶとは云わないが確実にAICとかの影響を受けている者からすれば…これは避けて通れないとおもった。なんせオリジナルの劇場用企画をやるっていう蛮勇がすばらしいでしょ!

宇宙ショーへようこそ
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
鉄男 THE BULLET MAN (2009)
2010 / 08 / 17 ( Tue )
なんで今更…!?っていう想いはあった。せっかく『六月の蛇』『ヴィタール』みたいな作家性まで勝ち得たのに青くさい過去振り返る必要があるのか、そして近作『悪夢探偵』二作品があまりにクズすぎて心配だったので。でもはじまってしまえば、いくらガイジンが主人公のリーマンやってたとしても、覚醒のときブシャブシャ噴水でバックに石川忠がガンガン流れてしまえば…もう…大興奮なのであった。あか抜けて貧乏くささの減退した肌触りだが、でもなんでこんなに自主臭がすんだろう。相変わらずの凶暴さと内実の薄さに感動したし、隠れた脱がせ屋としての塚本節も堪能(つか中村優子は脱ぐの自粛したほうがイイ)。

鉄男 THE BULLET MAN
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コミックマーケット78 (8/15(3日目)東地区"O"ブロック-27b 『東京アチキ堂』)
2010 / 08 / 15 ( Sun )
8月15日(日曜日) 東地区 "O"ブロック-27b 『東京アチキ堂』

東京アチキ堂

その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヒックとドラゴン (2010) ※ 日本語吹替、デジタル3D上映
2010 / 08 / 11 ( Wed )
予告どおりの大活劇!だいたいドリームワークス/ドリームワークスアニメーションズのCGアニメは、ピクサー/ディズニーのそれと比べ、?より活劇だけど大人のユーモアがある ?より活劇だけど躁的でチャイルディッシュ …っていう二種に大別できるようなきがする(すごく勝手な意見ですが)。本作はもう、真っ向で今日的な活劇だった。ドラゴンスレイヤー話しでありつつ、それでも昨日までの敵との共生の道しるべ辿るというハリウッド/アメリカ映画の王道に、貧弱でヒネて内向でタクな主人公(これもまた押さえるべくして押さえた今日的潮流)を据えた、正統活劇。一見ピクサーが先行しているかにみえているが本作で完全に流れがかわったきがする。大資本投下されて技術の粋駆使して産みだされる劇場用CGアニメーションで、なんとまあ観終えてこんなきもちになってしまうとは。

ヒックとドラゴン
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
インセプション (2010)
2010 / 08 / 08 ( Sun )
まあようやく観て、これまで置いておいたのは妙に評価が高い様子だったからなんだけど…たいしたことなくて安心しました。なんというか、わるい方向で予想が当たった。大金と尺を用いて、自分らでこさえたルールの説明をし、ルールに則した設定を丹念に踏んでいくことに終始している。とうぜん綻びるんだけど、強引に設定を追加したりチャンネル切り替えるように場面転換したりひとが飛んだり跳ねたりして…ほつれを散らす。なんだか難しいものでも観たように錯覚しますが、ただの脳内観光映画で見返りのない犯罪映画でエンドクレジットに並ぶクリス・コーボールドやダブル・ネガティヴといった名前から想像できるとおり珍妙な視覚効果を愉しむ映画。以下ネタバレあり。

インセプション
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
A moment, a love, a dream, a laugh, a kiss, a cry, our rights, our wrongs, a moment, a love, a dream, a laugh, a moment, a love, a dream, a laugh.
2010 / 08 / 06 ( Fri )
その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヒーローショー (2010)
2010 / 08 / 03 ( Tue )
なんでそんなに評価されているのかわからないが…。んまあ、『ガキ帝国』以後連綿とつづく井筒と吉本興業とのコラボっすわ(半ばタレント文化人のわりに多作)。コブシで語らう痛快な青春!だったこれまでの系譜からはわりかし逸れている。半分ヤケクソなってるヤング底辺どもによるやるせなく思慮のない日常と転落。これ観てると『ウシジマくん』より能のない若者たちがワンサカ。そこいらで平然と転がってそうな連中を活写したという点では評価できるとおもう。

ヒーローショー
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ケンタとジュンとカヨちゃんの国 (2009)
2010 / 08 / 03 ( Tue )
すごく意欲的なのはわかる。けれど尚のこと、こんな終わり方でいいのかよっておもってしまう。行き場のない主役の三人(松田翔太、高良健吾、安藤サクラ)はもちろん、ファッション感覚でキャバ嬢やってるお嬢さま役を相変わらずマッタイラな可憐さで演じた多部ちゃんや洞口依子様の後ろ姿など、まるで発見や発明にも似た活用法がなされていてたいへん見事におもったし、養護施設のくだりや網走面会シーンもよかった。けどそっから先がちがうきがする。ここまでつきあって、きれいに終わるお話しであってはならないとおもったのだ。

ケンタとジュンとカヨちゃんの国
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ソルト (2010)
2010 / 08 / 03 ( Tue )
いましったんだけど、これ脚本カート・ウィマーで監督フィリップ・ノイスなんだねえ。重厚だとおもった瞬間ビデオストレートで十分でしょ?っていう砕け散りかたしたりして。なんかどうも中途半端だとおもったら…うーん。

ソルト
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。