FC2ブログ
ヒックとドラゴン (2010) ※ 日本語吹替、デジタル3D上映
2010 / 08 / 11 ( Wed )
予告どおりの大活劇!だいたいドリームワークス/ドリームワークスアニメーションズのCGアニメは、ピクサー/ディズニーのそれと比べ、?より活劇だけど大人のユーモアがある ?より活劇だけど躁的でチャイルディッシュ …っていう二種に大別できるようなきがする(すごく勝手な意見ですが)。本作はもう、真っ向で今日的な活劇だった。ドラゴンスレイヤー話しでありつつ、それでも昨日までの敵との共生の道しるべ辿るというハリウッド/アメリカ映画の王道に、貧弱でヒネて内向でタクな主人公(これもまた押さえるべくして押さえた今日的潮流)を据えた、正統活劇。一見ピクサーが先行しているかにみえているが本作で完全に流れがかわったきがする。大資本投下されて技術の粋駆使して産みだされる劇場用CGアニメーションで、なんとまあ観終えてこんなきもちになってしまうとは。

ヒックとドラゴン
続きを読む
スポンサーサイト



映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |