FC2ブログ
ミスター・ノーバディ (2009)
2011 / 05 / 25 ( Wed )
舞台は西暦2092年の欧州のどっか…誰もが死から開放された世界で(可逆エントロピーによる…云わば『トゥモロー・ワールド』の裏目デストピア)、最後に死ぬただ一人の人類である百歳越えの爺さんの回想形式で語られるSF奇譚。タイトルがニューシネマっぽくない?ない?監督はジャコ・ヴァン・ドルマルってひとで、三本目の作品らしいがじぶんは本作がはじめてなんで、なんか比較対照がしづらい。かなりどうでもいい話しのようにもおもえるし、かといって無碍に扱えないところもあるような…ピクシーズもかかるし机バーンのシーンもあるし。まあ、とりあえず東京創元社とかのゲームブックみたいな話しよ。以下ネタバレあり。あとおどろいたのはDLP上映ですらない点。ブルレイでもなくたぶんDVDでしょあれ…。

ミスター・ノーバディ
続きを読む
スポンサーサイト



映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トゥルー・グリット (2010)
2011 / 05 / 25 ( Wed )
名キャメラマンロジャー・ディーキンスの手による雄大な風景を舞台に、復讐を誓う聡明で凛々しい少女とそんな彼女に雇われた酒浸りの老保安官、レンジャー…追われるならず者のやりとり。やたら大層立派なモノを見せて貰ったようなきにはなるが、でもなんのことないコーエン兄弟のいつもの映画。いわゆる、ひとの業やけっして好転しない事態、また突拍子もない暴力や悲劇をおかしみこめて描く、みたいな。あとはまあ、会話の妙味、みたいなのな。

トゥルー・グリット
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
100,000年後の安全 (2009)
2011 / 05 / 25 ( Wed )
フィンランドで目下建設が行われている放射性廃棄物の最終処分場についての、そして10万年後の、君に届け状態のドキュメンタリー。まずはジャブ程度にクッソ名曲『放射能』をバックに、放射性廃棄物の人体に対する、そして超長期に渡って発せられる各種影響、危険性を訴えることからはじまる。見えないし、においもしない…そういう恐怖にウチらも曝されてるじゃん。そこでフィンランドのひとたちは地質的にかなり安定している「オンカロ」ってとこ(地名?)にでっかいトンネル掘って、そこに永久に埋めとこうぜ!ほうっておいても大丈夫なように!っていうプロジェクトを開始したのね。完成まで世紀をまたぐような、そしてこの先10万年後でも「ほうっておける」自足型のゴミ捨て場というプランなのであった。

100,000年後の安全
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |