FC2ブログ
マイ・バック・ページ (2011)
2011 / 06 / 11 ( Sat )
とりあえず長さ(141分)をかんじさせない絶妙なつくりだなっておもいました。反面、切れないでひたすらに流れるカットを役者(だいたい妻夫木くん)に依りながら撮ってるもので、ちょっとあざとかったり、淡々と品よくまとめつつも、放っておくと情に棹差しはじめる芝居や演出に違和感かんじたりもした。とはいえ、『どんてん生活』のひとがここまで重たい話しをそれなりにみせてくれるなんてな~って、観ながら感慨にふけった。それと一部でご指摘のとおり『ゾディアック』みたいだな~って(シリアルキラも過激派もおんなじ)。けっこう近いのにざらっとしてる近藤龍人の撮影よかったです。クラムボンのひとの劇伴も驚きっつーか場馴れした感半端ないし…あーあとVFXは小田一生&Nice+Dayでした。

マイ・バック・ページ
続きを読む
スポンサーサイト



映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東京流れ者 (1966)
2011 / 06 / 11 ( Sat )


暗部つぶれたオープニングでちょっと気勢そがれるが(やっぱ全編これなのかよ…的な)、ビルの担保がどうの手形がどうのあたり序盤の状況説明はふつうというか、キチンとおもしろい。一応カタギになったヤクザ(渡哲也)が、親分慕いつつも結局は騒動に巻き込まれ、東京離れて庄内や佐世保をぐるりと廻ってまた東京に流れつく…そういう話し。いよいよおかしくなってくるのはスクラップ工場や列車背に撃ち合うシーン。労働で疲れていると、こういうケレンが辛くなってくるのだが…そんなタイミングで二谷英明が!ほんで佐世保のキャバレーの大混戦!…そうして仁義の狭間にはまり、もまれて、流れる。「流れ者にゃ女はいらねえんだ…女と一緒じゃ歩けないんだ」。はっきりいって鈴木清順は買ったり借りたりしてまで積極的に観たいとおもってないので、こういう機会はありがたい。そして、こんだけ活動してるフォーラム(と今回は日活)は本当にえらい。

(10日、フォーラム4"復興名画上映会")
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |