スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D (2011)
2011 / 07 / 26 ( Tue )
攻殻のTVシリーズ、わりとすきで観ていて、最初のシーズンはぜんぶ観た。でも次シリーズ(2nd GIG)は途中まで、本作のDVDは(というかOVAという認識)棚の奥に積みっぱなしだった。未開封で観る機会逸してたので今回ちょうどよかったです。で観たんですが…まあまあ、そんなわるくない。オープニングや3Dオブジェクトとか一部作り直しているようだけど、基本は2Dアニメっつーか平面画。だけどレイヤーごとがんばって視差つけてって、フィルターとモニタデザインの妙味加わって違和感のない"奥行き"があった(あんまりケレン味のある使われ方はOP以外ない)。抑制が効いているというか…結果として、『攻殻機動隊2.0』よりナンボかお色直しの価値のある、公開ばえする出来になっている。

攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D
続きを読む
スポンサーサイト
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アイ・アム・ナンバー4 (2011)
2011 / 07 / 26 ( Tue )
アイ・アム・ナンバー4

なんかそんなわるくない印象。だいたいD・J・カルーソーってけっこうソツないよ。『ディスタービア』だって『イーグル・アイ』だって。とんでもない天賦の才能…ぶっちゃけ超能力みたいなものをもったティーンと、それを付け狙う連中との生存かけた戦い、って相当ありふれているわけですよ。ざっくり、『ジャンパー』とか『PUSH 光と闇の能力者』とか…。そう、仲間が増えてくとか、そのうち主人公を生き残らせるため犠牲が出るとか、ありがちでしょう。きっと超能力大戦になるんだろうなーと、おもったけど、案外絞られた展開になってて、大味でもないこれまたソツのなさがあってわるくない。やはりというか続編なんかを匂わす作りだが、ダグ・リーマンやポール・マクギガンのそれとおなじく、きっとこのお話の続きはないんだろうな…。

アイ・アム・ナンバー4

(7月26日、ムービーオン シアター8)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
忍たま乱太郎 (2011)
2011 / 07 / 25 ( Mon )
忍たま乱太郎

はじまって、とりあえずなんかとっても、夏休みだな~ってきがして大変たのしかったの。加藤清史郎くん演じる乱太郎が、忍術学校に入って"忍たま"として日々(まあ、ゆとりなりに)がんばる前半部、なんかすげー観ててアガった。これが夏休み映画の祝祭感なんだな~と。ただ単に三池崇史が監督するってだけじゃなく、TV版で構成やってた浦沢義雄がちゃんと脚本担当するっつーのも、なんだかじつにイイな~って。だってアンタ、浦沢ギャグを三池が演出するんだよ?それもキッズ向け実写のだよ?クソ興奮する。浦澤のタガが外れたギャグを三池が、気心しれた役者陣とOLMデジタルとの連携でもって見事達成する。劇場のキッズもウケてた。ただし…後半はありがちな抗争劇(ふうの徒競走)に取って変わってしまってちょい残念。ちがう方法だってあったんじゃないか。あと後編への契機となるエピソード、とくに鹿賀丈史のヤケ気味の怪演と、話をこじれさせるためだけに民家にあんだけ若い男の子~イケメンが大挙してしまうあたり…いったい、なにがしたかったんだろう…。

忍たま乱太郎

(23日、ソラリス1にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コクリコ坂から (2011)
2011 / 07 / 24 ( Sun )
しっかりつくられているとおもうし、そんなにわるくもない。わるくもない?よくもない。ある時代のことを一生懸命わからないなりに勉強して、真面目につくった、ただそれだけ。95分間飽かさず観させてくれたが、でもあまりに体感時間長い。だいたい、「前作の『ゲド』よりよかった」なんていう言説はまったく褒めてないだろうし、舞台を現代日本に置き換えて、真っ向から青春と恋愛に取り組んですらこうなのかよ?って。いまだ巨大な抑圧のなかにいるんだとしかおもえないし、ジブリから出ないかぎり(親父が死なないかぎり)ずっとこうなんじゃないかなーなどともおもった。以下ネタバレしてます。

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キラー・インサイド・ミー (2010)
2011 / 07 / 22 ( Fri )
客筋やジャンル、漠然と雰囲気の異なる作品群を量産しつづける(しいて作品に共通する点は劇伴の付けかたの巧さと、全体的な品性というか薄味感)…質と量とがワリカシ正比例するというマイケル・ウィンターボトムの監督作。これどうかんがえても傑作だろ…としかおもえないスジだし、じっさい相当グーなんですが、もちろん倫理観とかぜんぜん問題ナシなんですけど、でもなんか弱いっつーか、しょぼいっつーか。ラストのスペクタクル規模もニコニコと好ましく微笑ましく観ていたんですけど、でもその後観た『アジャストメント』クライマックスの過剰感のせいで相殺されてしまったというか。もっと余韻を愉しんだほうがよかったかな…もったいないマネをしたかも。

キラー・インサイド・ミー
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
○~○~○~○~○~○~○
2011 / 07 / 19 ( Tue )
ムカデ人間 are not alone

(ツルツルした上滑りの復興、ないしイイ歳してパー券ビジネス。そしてそして、映画館の近未来)
その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
"円盤の夏祭りat渋谷O-NEST!!!!!!!!!!" @ 渋谷O-NEST (7/17)
2011 / 07 / 18 ( Mon )
円盤の夏祭りat渋谷O-NEST!!!!!!!!!!

1日目も本当は行きたかった・・・
続きを読む
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
"Re:animation - Rave in 新宿歌舞伎町 - Vol.2" @ 新宿歌舞伎町シネシティ広場(旧コマ劇場前) (7/17)
2011 / 07 / 18 ( Mon )
Re:animation - Rave in 新宿歌舞伎町 - Vol.2
続きを読む
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アジャストメント (2011)
2011 / 07 / 13 ( Wed )
ポスタービジュアルだけ見ると、やはり“ジェイソン・ボーン”シリーズっぽい、マット・デイモン延々走りまくってパルクールで次々に敵を倒しちゃうみたいなイメージしか出てきませんが(一部一致した)、観終えてしまえば、なんというかP・K・ディック・ミーツ・ラブコメというか、すべり止め高校に進学しちゃったアンドリュー・ニコル(『ガタカ』とか『シモーヌ』ね)みたいだなーって。妙な建築趣味とかもあるしね…。監督はその“ジェイソン・ボーン”仕事もやってた脚本家ジョージ・ノルフィによる。以下、どうしてもネタバレになってしまいます。

アジャストメント
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ブルーバレンタイン (2010)
2011 / 07 / 10 ( Sun )
えらくミニマムな、じつはギリギリで体をなしていた若い夫婦(ライアン・ゴズリング&ミシェル・ウィリアムズ)の愛の終焉までを、ほんの1.5日くらいの出来事をむせ返るくらいちかい距離で(カメラ的な意味で)描く。映画のいいところの一つは、いろいろ省みるチャンスが与えられる、そんな幅を、他人の考えをしることができる瞬間に立ち会えることだとおもう。本作もそんな一本で、とにかく観てて愕然としていた。なんで愛がもろくも崩れ去るのか…頭を抱えた。監督はデレク・シアンフランスというひとで、アメリカの看護師のくせにミシェルやたら高そうなヴァン乗ってんな~とおもったら、どうもクライスラー主導で撮られた企画らしいです(もちろん確証ないけど)。あ、音楽はGrizzly BearとかいうNYのバンドらしく、WARPから音源出ているみたいっす。

ブルーバレンタイン
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マイティ・ソー (2011) ※日本語吹替、デジタル3D上映
2011 / 07 / 10 ( Sun )
マイティ・ソー

観てて、ずうううううっと席立ちたくて仕方がなかった。貧乏性なので仕方がないのだけれど、我慢して最後のクレジット後の小ざかしい毎度おなじみ次作連動フッテージも観た。観た終えた瞬間ふらつきながら出入り口に駆け込んでいた。まじでケネス・ブラナー、やりたくてやった仕事なんでしょうか。単なるカネ目当ての名義貸しなのかとか、監督シェイクスピア業界のやつがクレジットされてたら実際笑うよなー神話世界での(一瞬)父子確執モノだしよー的ネタ要員で呼ばれたのか不明だが、だけどこんなの冷静に耐えられるか?おまえら大丈夫ですか?おれはダメです。…べつに誰かに訊いて、答えがほしいわけではないけれど、こんな下世話なイメージの神話世界と、北米の片田舎とで交互に繰り広げられる兄弟喧嘩なんて正気で見てられない。自宅でブルレイだったら即停止だし、手元にアルコールがないことをとにかく悔やんだ。移送先が地球である理由とか、一切ないし、ナタポの無駄つかいもひどいし、浅野は近年まれに見る棒ぶり遺憾なく発揮してるし、いったんソーはクズ白人になって廃品回収しながらトレーラー暮らしするとか、そういう価値観や発想の転換が必要なのではなかったか。

マイティ・ソー

(9日、ムービーオン シアター5)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
抱きたいカンケイ (2011)
2011 / 07 / 09 ( Sat )
あらすじから察すると、ナタポとアシュトン・カッチャーがよ、最初はまーセフレでいいじゃんたのしいじゃん的な、そういうクール&ドライな関係から、いつしかそんな容易い間柄に違和感と戸惑いかんじはじめて、いつしか愛にきづき始める…みたいなロマコメなんだろーなーとおもったの。まあぜんぜんそのとおりなんだけど、これがんまー良くって。すくなくともおれは『ブラック・スワン』よりこっちのナタポを全人類観やがれと云いたい。こっちのナタポ、エロいしノリいいし、かわいいですよ。そしてそして、本作の監督はアイヴァン・ライトマン御大ですよ!安定感手堅さはもとより、その切れ味の鮮やかさはまったく衰えてないのがマジすごい!以下ちょっと展開に云い及んでいるので、これから観る予定の方は読まないほうがいいかも。

抱きたいカンケイ
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
再会の食卓 (2010)
2011 / 07 / 09 ( Sat )
上海のフートン(語法用法まちがえてるかも)住まいの一家のもとに、台湾から一人の老いた男(リン・フォン)が訪れる。一家のおかあさん(リサ・ルー)と元国民党軍兵士のその男はそもそも夫婦だったが、中台分断のあおり受けはなればなれ、ずっと生き別れ状態だった。以来40年の分断を経たこの再会を期に、家族はオロオロ、元夫婦はイチャイチャ、中国の近代化はガンガン、みたいな筋(いみわかんね)。監督はワン・チュアンアンというひとで、ベルリンで銀熊賞(脚本賞)獲ったらしいです。ペーソスとか機微みたいなのが受けたんでしょうか…。

再会の食卓
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アンノウン (2011)
2011 / 07 / 09 ( Sat )
いわゆる大ネタで引っ張り倒すコケオドシ系/トンデモサスペンスの一種ではあるものの、作り手がおそらく冷静かつスマートで、おなじことやってると漁場になんも掛からなくなることを懸念したことが功を奏した一本。結果として引っ張り倒されても、ネタが割れても、ふしぎと怒りや違和の少ない、むしろ主人公リアム・ニーソンの懊悩そのままに観客も伴走させられる(!)非常に見ごたえのある作品に仕上がってる。どうもじぶんがベルリンに嫁さん(ジャニュアリー・ジョーンズ)と一緒に、学会発表のために訪れたっぽい。けど、なんかしらんけど事故ったタイミングでもうひとりのおれが存在して、嫁とよろしくやってる…。米国人で異邦人たるおれが、少ないながらも地元組ブルーノ・ガンツやダイアン・クルーガーといった協力者とともに事の真相に挑んでいく…じぶん探し系ベルリン観光映画。ネタ割れちゃうかも。あ、ダーク・キャッスルのロゴひさびさ観たな。

アンノウン
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
SUPER 8/スーパーエイト (2011)
2011 / 07 / 04 ( Mon )
もうすこし早く観れば、こういうむずかしいきもちにならずに済んだのかもしれないが、でも観終えてしまえば、巷にあふれる翼賛ぶりはどうかとおもう。はっきりと違和感を表明したい(波に乗れなかったくやしさがそういう嫌味を云わせるのかもだが)。あ、ナイトシーンや室内ルックが相変わらず『スタトレ』みたく光が横にボワ~って広がるんだけど、撮影はダニエル・ミンデルではなくてラリー・フォンってひとでザック・スナイダー関係仕事の多い人みたい(照明はしらべてないです)。

SUPER 8/スーパーエイト
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
127時間 (2010)
2011 / 07 / 01 ( Fri )
とにかくただ単に、テメエでテメエのケツを拭くっていうだけの、だけど至極真っ当な、いまやどこの教育現場でも教えなくなった大事なことをよ、世に云う映像派のなかでもピカイチでMTV感覚にやたら長けてるダニやんことダニー・ボイルが華麗かつシンプルに描く。基本的にダニやんはテンション高めにノリノリになる映画ばっかり撮りやがる。でもほとんどわるい冗談みたいな(いわゆる括弧つきの)「運命」ってやつに徹底的に翻弄される主人公が、一気に形勢逆転ねらうお話し(ついでにやたらなカタルシスもコミコミで)ばかり撮っている信用の置けるオトコ。そして手練手管弄してノリ一発だけではなく、技法やスタイルに淫することなく制御しきる術も獲得している稀有な作家でもあろう。本作はオスカー獲っちゃった『スラムドッグ~』に比べてもこっちのほうが遥かに傑作!スカッとする一本でもある。以下ネタバレというか、マンマ書きます。

127時間
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。