FC2ブログ
127時間 (2010)
2011 / 07 / 01 ( Fri )
とにかくただ単に、テメエでテメエのケツを拭くっていうだけの、だけど至極真っ当な、いまやどこの教育現場でも教えなくなった大事なことをよ、世に云う映像派のなかでもピカイチでMTV感覚にやたら長けてるダニやんことダニー・ボイルが華麗かつシンプルに描く。基本的にダニやんはテンション高めにノリノリになる映画ばっかり撮りやがる。でもほとんどわるい冗談みたいな(いわゆる括弧つきの)「運命」ってやつに徹底的に翻弄される主人公が、一気に形勢逆転ねらうお話し(ついでにやたらなカタルシスもコミコミで)ばかり撮っている信用の置けるオトコ。そして手練手管弄してノリ一発だけではなく、技法やスタイルに淫することなく制御しきる術も獲得している稀有な作家でもあろう。本作はオスカー獲っちゃった『スラムドッグ~』に比べてもこっちのほうが遥かに傑作!スカッとする一本でもある。以下ネタバレというか、マンマ書きます。

127時間
続きを読む
スポンサーサイト



映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |