スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
"第6回映像ハラスメント" @ 円盤 (8/20)
2011 / 08 / 21 ( Sun )

続きを読む
スポンサーサイト
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「映像ハラスメント」!!!!!!第6回目!!!!!!
2011 / 08 / 20 ( Sat )
「映像ハラスメント」
2011年8月20日(土曜日)19:00-/Charge¥1500 高円寺円盤にて


「オンチ映画祭」主催者、中村元洋による日本各地のえもいわれぬ魅力を持った上映の機会を持たない自主映画を上映するイベント久々の開催です!!

前回は昨年9月、で、ひさびさの開催なんですが、主宰中村はもっかカードゲーム考案に血道あげているみたいですー。例のオープニング映像?はちゃんとつくったのかしら。あともうこのイベント、数えで6回目なんすよねー。以下は某所より転載。
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ツリー・オブ・ライフ (2011)
2011 / 08 / 16 ( Tue )
尋常でない暑さで涼を求めて映画館に出向いて、なんだかブラピがお父さん役なんだってさ~…程度の認識で座席についていたお客さんは、一体どんなきもちで観てたんでしょうね。おれはといえば、いつ寝てもいいように上履き脱いで股間掻きながらリラックス体勢になって、ついでにアイスコーヒー飲みたいのに買い忘れたから買いに行こうかな~…どのタイミングで抜け出ても(だってテレンス・マリックだから)おなじだろうしな~…などとおもいながら、でも寝ることもなく売店に行くこともなく、まんじりともせず唖然としながら、でも陶然と観入ってしまっていた。

ツリー・オブ・ライフ
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
六ヶ所村ラプソディー (2006)
2011 / 08 / 11 ( Thu )
その作品名は3.11以前も以後も、何度も聞き及んでいたし、鎌仲ひとみというひとの名もなんとなく耳にしていた。まあおそらく、時勢にばっちり合っているとはいえ、きっと退屈なドキュメンタリーなんだろうな~程度の認識しかなかった。じっさい…まあそうなんですけど。だし、そんなにハッとすることも、正直なかった。(それでもこのタイミングで観ることには価値があるのだろう。客席は満員、補助席も出ていた)。

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大鹿村騒動記 (2011)
2011 / 08 / 11 ( Thu )
大資本で撮られてしまう少なからずあるクズのせいで(無論責任がないとは云わせない)、佳作撮ってもコチラ側の認識を改めさせるまでにはなかなか至らない阪本順治が、先日亡くなった原田芳雄から持ち込まれた企画に乗っかって、荒井晴彦と協同脚本で挑んだ一本。そう、亡くなったあとに観てしまったので、もうどうしても原田の表情や動き、声やセリフの出方に目がいく。そういうバイアスがよかったのか、わるかったのか。いまとなっては不明だが、とにかく、このひとはもうこの世にはいなくて、本人が百も承知の上で出演していた遺作をいまおれは観ているのだな…とおもってしまい、あまり冷静なかんじでは観ていられなかった。

大鹿村騒動記
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小川の辺 (2011)
2011 / 08 / 01 ( Mon )
基本的におれ藤沢周平けっこう観てますから!一行も読んだことないけど。本作はとにかく、とにかく尾野真千子が大層いい。てゆうかそれしか見所はないかも。大概どのシーンも、「ほへ?」って、すこし困ったような顔してて…とにかくおれが惚れる(田鶴と二役にすりゃあとの問題のすべてが解決なのに)。なお監督は藤沢仕事は『山桜』以来二度目となる篠原哲雄。本作いつしか海坂藩の話しでなくなるので(宿場のつくりもショボかったので)ロケは余所でもよかったのでは…。

小川の辺
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (2011) ※日本語吹替、デジタル3D上映
2011 / 08 / 01 ( Mon )
シリーズのトリがこれかよー…みたいな、やりきれなさはある。これだったら『スパイ・アニマル Gフォース 』のほうが断然おもしろいよ(根拠ないが、3D導入はキャメロン云々からでなく、『Gフォース』の影響ではないかと個人的に)。なんつうか観おえてみると、ドラマ乖離させたままエフェクトの大波に叩き込む…そして当初の驚きすら麻痺させていく意味で、(出来のわるい)日本の劇場用アニメみたいな印象しかなくなる。これまでちょっとは緩急やギャグを織り交ぜてバランス取ってたマイケル・ベイが、妙に急かされているつか、焦っちゃってるようなきがした。ラスト、シカゴの街並が景気よくドッカンドッカン破壊尽くして、(近年では三池版『十三人の刺客』など髣髴とさせる)際限のない&緩慢なるクライマックスらしきものがダラダラと、音を立ててこぼれ落ちる。まるでそれは終わらないお掃除(以下略)。メガネonメガネの154分つらかったです。あとジョン・タトゥーロにフランシス・マクドーマンドぶつけるって、なんか益でもあんのか?(だったらブシェミとかストーメアのほうがいいです)。

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。