スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実 (2010)
2011 / 09 / 26 ( Mon )
本作は2008年に起こるべくして起こってしまったとある出来事の、現在/過去/未来を顛末を描いている。まあわかりやすいとおもいました。事前情報だけだとですね、どーせドキュメンタリーってより後追いの論文映画なんだろ?とおもいきや、ときおりおりの主要人物…規制派のみならず改革派もけっこう顔出しでインタビュー答えてるのな(肝心のヤバイ奴らは取材拒否ですが)。ローンの証券化(CDO)とかCDSとか、これ流れで示されると非常にわかりやすいし、民主/共和とも「ウォール街」統治に現在進行形でズブズブなのもこれでよくわかる(『キャピタリズム マネーは踊る』よか、よくわかる)。新味にかんじたのは有名大学が裏で手をひいてたあたりと、証券マンが上から下までストリップとコカにどっぱまりな強欲な連中なのだと明白にした点。んまあ、ああいう連中がみな『アメリカン・サイコ』のベイルみたいなことばかりしてるとはおもいませんが、正直くたばれ!とはおもいましたよね。

インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実
続きを読む
スポンサーサイト
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
デビル (2011)
2011 / 09 / 26 ( Mon )
ワンシチュ閉所スリラーってわけではない。けっこうな人物数処理と適度な場面転換、散らし方で80分の尺、いっきに見せきる。よけいなダレ場も説明もなければ、くどくどしい描写もあまりない。これかなりおもしろいんじゃないすか?…ほとんど差別語にちかいシャマランの、最近の仕事のなかではもっとも見応えがあった…というより、確実にシャマランより巧くて成功している本作の監督はジョン・エリック・ドゥードルというひと。

デビル
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
メタルヘッド (2010)
2011 / 09 / 26 ( Mon )
メタルキッズの生態写し取るドキュメントみたいタイトルだけど、原題は"HESHER"って登場人物の名前。母親の突然の死…ショック受けちまったお父さん(レイン・ウィルソン)と息子(デヴィン・ブロシュー)、彼らを見守るほかないお婆ちゃん(パイパー・ローリー)の住む一家がいっせいに沈うつなムードで喪に付してるさなか、長髪で上半身裸で(中途半端な墨がはいってる)、黒いおんぼろヴァンを駆る謎のアンチャン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)が現れ、ムードもへったくれもない事態に…。どうみても目の前にはDVDの再生画面なのだが、やたらと役者はリッチで、そこにナタポやジョン・キャロル・リンチなんかも彩り添える。スペンサー・サッサーというMTV出身の監督さんによる、ふしぎな風合いの暴走映画です。ややネタバレ。

メタルヘッド
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (2011)
2011 / 09 / 23 ( Fri )
今年やたらと大量公開されてる侵略目的の宇宙人来襲ものの一本。明白なのはモダンなミリタリ描写、現代戦争のルックでそれらを描いている点。要はですよ、『プライベート・ライアン』や『ハート・ロッカー』といった作品の、対抗する敵をドイツ兵やソマリアの民兵やイラク兵から正体不明の宇宙人?に切り替えただけのお話し。…なので都合のいいゴマカシや急場しのぎのトンチや超兵器やら、またたった一人の英雄の、ヒロイックな活躍やお涙頂戴の犠牲で撃退していくわけではない。そう、たった一人、ロドリゲス姐さんを除いて…!

世界侵略:ロサンゼルス決戦
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
モールス (2010)
2011 / 09 / 23 ( Fri )
はぁ、これってオリジナルのマンマじゃあ?…ってきがしました。骨格のみならず、わりかし細部まで原典たる『ぼくのエリ 200歳の少女』に沿っている(ちょうど一年前なんすねえ…)。なにより観ながら、そして鑑賞後のきもちやムードまでがオリジナルさながらで、よくもわるくもなにもかわらない。むしろオリジナルDVDツタヤで借りてみれば済む話しじゃん!的な。ストックホルムをレーガノミクスドUSAに切り替えた、そんな程度だし、後述するもののハリウッド的なドッカンを巧みに拒否。とはいえ、「わるいもの」や「よくない行為」をまんじりと眺めるという、そういう背徳感は薄いのであった(主人公の男の子が善悪の彼岸を鑑みるシーンなど蛇足の極みだし、それってハリウッド云々でなくリメイク映画の限界)。とはいえきらえない。わるくない。オリジナルが、「文芸を真っ正直にやろうとしたら、いや増しゴア描写が半端なくなった」だとすれば、本作は「ジャンル映画が真摯に文芸を模したら、借りてきた猫みたいにメッチャ大人しくなった」というかんじ(伝わらない?)。そんな本作の監督は、個人的にPOV/ハンドカムSFX映画の最高峰『クローバーフィールド/HAKAISHA』のマット・リーヴス。以下、比較しながら芸のないネタバレ大有り。

モールス
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スマーフ (2011) ※日本語吹替、デジタル3D上映
2011 / 09 / 18 ( Sun )
異界に棲む"スマーフ"、という青白くてチッコイ妖精ちゃんみたいなニットキャッパーどもがですね、"ガーガメル"っていう、これまた異界に棲む悪い魔法使いに追われてですね、現実世界のNYの、化粧品会社の宣伝部長(『スターシップ・トゥルーパーズ』で超能力使いのエリート軍属やってたニール・パトリック・ハリス。すっかりおっさんになりました)のウチに居候して、また実家に帰るだけの話し。なのに、なんかほんわかたのしい。スマーフたちの愛らしさと勇気が、NYとおれを元気にしてくれました。だいたい、なりたい自分になるって話しは弱いじゃんおれ『アイアン・ジャイアント』とかさ…。

スマーフ
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ピラニア3D (2010)
2011 / 09 / 18 ( Sun )
古代魚ピラニア軍団が、何気ないキッカケでシャバに出てきちゃって、春まつり真っ最中の発情しきった湖畔が画期的なまでに血まみれになる。観てないけど、ラビットなんとか云ってる映画より、3Dのことよくわかってるとおもいます。あと画期的だとおもったのは湖面下でなんとなく大惨事が起こってるっぽい…っていう描写ばかりなので見た目やや端折れる(湖面だし、たくさんさかなくんオブジェクト動かしときゃいいじゃん的な)という点と、救出されると損壊過程が丸わかりになるところ。ダイエット失敗例というか…。

ピラニア3D
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
"ぼくらの文楽" @ 山形県長井市 古代の丘縄文村 (9/17)
2011 / 09 / 18 ( Sun )

続きを読む
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
七つまでは神のうち (2011)
2011 / 09 / 12 ( Mon )
だいたい、積極的にJホラー的な作品には接してなくて、わりかし門外漢なんですががたまに観ると、いいですね。というか、なるほどこういう仕方もあるのねーって。冒頭にテロップが出て、「警察の発表によると日本の行方不明者(失踪者だっけか)は○万人」とか、淡々とあおる。そこにしあわせそうな若い母親(霧島れいか)が目を放した隙に黒い影が…ほんでそのあとに謎の作業着の男がバール振りかざして…。さくっと端折りましたが、要するにですね…いやまさしく以下はネタバレかもです。監督・脚本は三宅隆太で、VFXに鹿角剛司(おれ的にはぜんぜん満足な画)、ジワジワとあおりたてる音楽は遠藤浩二。製作は主演のオンナノコ関係の所属事務所がらみみたいですー。

七つまでは神のうち
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スーパー! (2010)
2011 / 09 / 12 ( Mon )
なかなか人でなしの、でも真摯すぎる位真摯な、真っ当なヒーロー映画でした。まんまな説明しますけど、現実の人間がアメコミのスーパーヒーロー的存在を目指すと、そして行動に移すと、こうなるよ?アナタだいじょうぶ?的な警句しか発せられない、むごい内容。画面には信用置けるようなマトモなやつはひとりもいないし、じっさいおわり際には多数が落命している。それでもなぜか魂に響くのはなぜなんだろう。入り口と出口がちがうとか、最期の救済ぶりが半端ないとか、いろいろあるだろうけど…とにかく、(入り口はともかく)きれいごとで済ませてないあたりがポイントなんじゃないかなー。あ、『キック・アス』との比較の前に、『SUPER 8/スーパーエイト』の百倍はおもしろいとおもいました。

スーパー!
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東京公園 (2011)
2011 / 09 / 06 ( Tue )
ちょっと…絶句した。えらく高度かつ難度のある雑多な中身なのだが果敢に挑戦してて、そんでもってほとんどクリアしてる…青山真治は深夜アニメの演出もおそらくソツなくこなしてしまうだろう。というか日常系やらせたら相当うまいだろ。とりあえずタイトルがバーンと出て、右にメインキャストが上から並ぶ。三浦春馬、榮倉奈々、小西真奈美、井川遥…。ああ、これはイケメンの春馬クンがこの三人の美女に翻弄されたり翻弄したりするギャルゲなのね、とおもった。実際のところ2/3くらいはそのとおりなのだが、それでも青山真治の誰も頼んでいない新境地、といった風情で頼もしいのと同時にクソ興奮した。傑作『サッド ヴァケイション』を経ての、奇妙な陽性ぶりもわるくない。撮影はたむらまさきから月永雄太に(冨永昌敬とよく組んでるみたい)。真正面からとらえた同ポジ切り返しが印象的。あとまた波や風のざわつきや日常エミッション、腹の虫まで聞こえそうな菊池信之の音響も、これまた印象的だった。

東京公園
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カンフー・パンダ2 (2011) ※日本語吹替、デジタル3D上映
2011 / 09 / 04 ( Sun )
ちゅうごくの芸術家さんだかが本作の上映に抗議したり、あとたまたま見かけた有名人さんのブログで率直な意見を読んでしまって、んまあアヤついたわけでないけど、観逃してました。いそがしくて。結論としては観逃しても、差し障りはないかなーというのが正直なところ。あ、吹替で観たんですが、こころなしかポー精彩欠いて元気なかった(免許の更新でも忘れたのかな?)。脚本はジョナサン・エイベル&グレン・バーガーって、前作踏襲&『モンエリ』コンビのひとなのになんでこうなるのか。なお監督は前作とちがいジェニファー・ユー・ネルソンというひとになっています。

カンフー・パンダ2
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハワイアン・バケーション (2011) ※日本語吹替、デジタル3D上映
2011 / 09 / 04 ( Sun )
ハワイアン・バケーション

おなじみPixer劇場長編・本編前のお楽しみである『カーズ2』の併映短編。この枠、だいたいノンバーバルでクスリ系で、ときおりアブストラクトな小粋なオリジナル作品が多いが、今回は『トイ・ストーリー』シリーズのスピンオフ。そういう意味では鉄板なネタではある(こんなんまさしく『メーターの東京レース』以来のカタさでしょ)。おもちゃ箱世界の、一進一退する微笑ましい恋愛物語で、キャラ立ちしてるからなんの違和感もなく愉しく観れる。ゲイリー・ライドストロームという方で、なんかしらんが『スーパー8』ほか多数サウンドデザインやってるひとらしい。なおちょいエキゾな劇伴はマーク・マザースボウ!

カーズ2

(8月13日、ソラリス3)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カーズ2 (2011) ※日本語吹替、デジタル3D上映
2011 / 09 / 04 ( Sun )
予兆、そんなものはすでにアバンで示される。前作である第一作は、田舎町を舞台にふとしたきっかけで井の中の蛙だった田舎者が奮起するコミカルでかつアツい一作だったが、本作はスパイ映画をマンマで模す試み(なんで!?)なので、いきなり英国諜報員(オリジナルはマイケル・ケインが声当てているようす)だかの船上アジト(海上プラント)潜入シーンからはじまる。潜入後敵に発見されて、まあいざこざがあって、先に潜入していたはずの別の諜報員が真っ角なスクラップの塊で発見さる。また敵側もおなじく、まるで奈落の底にでも落ちるように垂直落下して海面にうかぶタイヤやら…車体がバラバラに。…どうも前作とは様子ちがう。そう、クルマだって破壊され、息絶えるときは絶えるのだ。

カーズ2
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。