FC2ブログ
監督失格 (2011)
2011 / 10 / 05 ( Wed )
結局……………………結局もう、とある男が、やりのこしたことをただ淡々とメソメソと未練がましく、哀惜持って後始末やってるだけの映画なんよね。きっとオンナのほうはそんな重くかんじてもかんがえてもいない(とおもうし、そうおもいたい)。故に滑稽で胸を打つ。はじめの一時間は一言で済ませてしまえば平野監督栄光の一本である『由美香』を再構成して(一部で未使用フッテージも)、平野勝之と林由美香との常人には窺い知れない関係にあったかつてをかなり強引に伝えきる。同時にこの前半部分は、本作品の趣向やムードに合わせた『由美香』最新鋭ダイジェスト版。コミカルな面はやや控え目にして、どれだけ濃密な繋がりにかつてふたりはあったのか、そしてどれだけふたりは仲がよかったのか、に注力される。



続きを読む
スポンサーサイト



映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
リンダ リンダ リンダ (2005)
2011 / 10 / 05 ( Wed )
愛知県名古屋市郊外(?半田市なんかよくしらんし。ミツカンの本社があるそうですが)の映画祭の特別上映されており、おもわずなつかしくてタクシー飛ばして会場に向かった。まあ、いろいろおもうところはあるのですが、これもある一時期に撮られまくった典型的な日本映画の一篇だなあ…と。悪口でなく、こういう映画がオリジナルの企画で、案外積極的に撮られていた時期があって、でもいまはそんな頃合ではないということ。作品的な話しで云うと、後半はひたすら練習に明け暮れて、明け暮れるあまり寝るのね皆して。その寝っぷりが、いま観ても半端ない寝っぷりで、ちょっと感動するくらい唖然とさせられる。徹夜で練習して、集団催眠にでもかかったかのように寝落ちて、起きたらとっくに約束の時間は過ぎていて、(わざとらしく)あわてて土砂降りのなか駆け出す。誰かが、もしくは誰しもが「これぞ青春映画としか云い様がない」という括弧書きの瞬間を見事に捕らえている。同時に、いまや「これを2010年以降どの棚に置くの?」と遠くで誰かが問いかけている(あとはまあ、「近藤龍人が撮っていればどうなっただろう」とか…)。



(1日、アイプラザ半田「知多半島映画祭」招待作品上映)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
"知多半島映画祭" @ 愛知県半田市 アイプラザ半田 (10/1)
2011 / 10 / 05 ( Wed )
知多半島映画祭
続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |