FC2ブログ
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (2011)
2011 / 10 / 14 ( Fri )
まあお猿さんがアタマよくなって、蜂起するまでのお話しなんですけどね。とにかくお猿さん等の表情を見ているだけで間持ちします。主人公のお猿さんシーザーのポーズや動き(ゴラム的な意味でアンディ・サーキスがWETAと一緒にいろいろ担当)、表情はもとより、皮膚やお毛毛のタッチ…本当に息を呑む。きっと、フェイシャルなんちゃらとかいう名前の最新技術とか駆使して、人間以上に心情あふれる、臭すぎる苦悶の表情や決意の様を、やたら見栄えする具合に描き出している。もっといえば目パチ(まばたき)なんつーありふれたアニメチックな表現も効果的だったしね(むしろジェームズ・フランコなんかツルツルしてて実在感とぼしくおもえて見える)。

猿の惑星:創世記(ジェネシス)
続きを読む
スポンサーサイト



映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |