スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
ポエトリー アグネスの詩(うた) (2010)
2012 / 05 / 30 ( Wed )
ポエトリー アグネスの詩(うた)

イ・チャンドンは『ペパーミント・キャンディー』しか観たことないんですが、大変よかった。つーか喰らった。基本的にオチまで見通せるものの、でも省略することなく(これは…彼の国のおもてなし精神と読み取るべき)、なんか低温火傷になる/ならないの状態が持続しているかんじ。韓国映画にありがちな、少なくともおれが好き好んで観ている映画のような、めまぐるしさも、過剰さもない。特定の地域に限定されるような内容ではなく、おそらくどの国にでも置換できそうなお話し。だけども、ああこれがいまの韓国なのだなって…日本でもいいけど、貶める意図はまったくなく、ああ韓国だなと(あえて云えば、宗教的風土と詩作教室の説得力)。それくらいずしりと重たいもの喰らった。薄暗くなった。なにが喰らったって…老境の母親を持つ独身の身として、この状況や展開、オチまで看過できないわけで…。

ポエトリー アグネスの詩(うた)

(26日、フォーラム1)
スポンサーサイト
映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
ミッドナイト・イン・パリ (2011)
2012 / 05 / 30 ( Wed )
ミッドナイト・イン・パリ

イイ歳して、なんでこんな軽やかなきの利いた映画撮れるんでしょうねー。パリに観光でやってきた、適度に売れっ子脚本家で、じつは作家志望の男(オーウェン・ウィルソン)が、レイチェル・マクアダムスなんつうセクシーな婚約者ほっぽりだして、深夜のパリ、1920年代…黄金時代のパリを散策するお話し。世間的に云われてるほど関心はしなかったものの、でも観ていて、このデタラメさや、(いつもの)自意識過剰さが嫌みにかんじないのが凄いなーと。さすがにマリオン・コティヤールとの切り替えしで、フィルター付け替えしたりとかやってるものの(撮影はダリウス・コンジ)、なんか、学芸会ばりの嘘も堂々としてると指摘のしようもなく却って目立たないよねー。けっきょく過去にすがる、懐古趣味ってのはあんがい不健全なんだぜ?ってミもフタもない大ネタより、これまでのウディ・アレン同様、既存の男女関係なんて、ふとしたすれちがいで呆気なくバラバラになる、そういう前提がすでにあってのファンタジーだし、追い出されてタイミングよく次なる出会いが待ち構えるあたりもファンタジーだし、いつもの(きらえない)アレン節、だった。あ、アリソン・ピルかわいかったです(⌒~⌒)

ミッドナイト・イン・パリ

(フォーラム3)
映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
Black & White/ブラック & ホワイト (2012)
2012 / 05 / 27 ( Sun )
Black & White/ブラック & ホワイト

そりゃま高尚な映画じゃないけれど、でも楽しければいいんじゃないか。予告観るかぎりだとリース・ウィザースプーンがふたりのCIAエージェント手玉にとって、天秤かけて、殺し合いでもさせるのかとおもったら、わりとイメージちがってた。真っ当に三角関係つか、ウィザースプーンの取り合いっこをしている。んま、クルマどっかんとかしながらだけど、ひじょうにノリがよくて都合のよろしい暇つぶし映画。監督はこの手の名匠マックG!なーんか『Mr.&Mrs. スミス』くせえ話しだなークソ最高だなーって観てたら、脚本の一人(サイモン・キンバーグ)はマジで『Mr.&Mrs. スミス』担当してた!ついでにこいつ、ダグ・リーマンの特殊学級アクション『ジャンパー』とかガイ・リッチーとかもやってんじゃん!じゃあ人間的にまちがいない!あとはまあ…ウィザースプーンの相談相手トリッシュ(チェルシー・ハンドラー)の存在ってデカいな~って。なかなかの佳作だったよ。

Black & White/ブラック & ホワイト

(12日、ムービーオン シアター5)
映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
ももへの手紙 (2012)
2012 / 05 / 26 ( Sat )
話にしろ沖浦啓之のオリジナルだし、画にしろ、ジブリふう…ともちがうわけだが(作画や背景、音響監督など互いに被るとはいえ)、でもまあ、ジブリ的イメージの売り方狙っているのは理解できる。しかしキャラにしろ所作にしろレイアウトにしろ…いかんせん画がね。おそろしく地味。クオリティはクソ高いIGの本家本元の仕事というか、そのあたりのリアル系作画アニメの最新事例ってきも(こういう等身のキャラが、現代劇でコミカルにグリグリ動くっていうのは、なんだか今敏あたりも想起)。

ももへの手紙
続きを読む
映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
ドライヴ (2011)
2012 / 05 / 26 ( Sat )
暴力系なんだけど雰囲気系というか、ホワホワしているかんじ。話題になってたので、上京したタイミングで田舎で観る前に観ちゃった。全編ずぶずぶ鳴ってるエレクトロ(クリフ・マルチネスによる。PWEIのクリマンかとおもっちゃった)。主人公は、才能はあるのかも…しれないけど、でもその才能に寄りかかって走り出せるほど、希望も若さもない、スコピオ・ライジングな男(ライアン・ゴスリング)。もうしばらくずっと、うらぶれた生活やってて、適度な刺激と、適度な収入(含む夜のバイト)で息してる。そこにシングルマザーのキャリー・マリガン(モチモチしててかわええ)が近所住んでること知って、多少生活に潤い、華やぐ。なんだか表の仕事でも変化が生じ、つまらない日々に光が差しはじめる。ただのひとりのオンナと出逢って。

ドライヴ
続きを読む
映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
戦火の馬 (2011)
2012 / 05 / 26 ( Sat )
じゃあソース示せよ!って云われてもこまっちゃうのだが、スピルバのフィルモグラフィ中で、あまりいい目に遭わないのが、ウマ。そんなウマを本作では罪滅ぼし的に大フィーチャー!毛並みよくって格好よくて、周囲の人間を魅了し翻弄しまくる、メロメロにさせまくる超絶美形ウマと、戦争のうねりのさなか、ややファンタジックな周辺の人間模様を織り交ぜながら、運命の過酷さと周到さ、そして奇跡っぷりをスピルバ一流の手管で描く。

戦火の馬
続きを読む
映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム (2011)
2012 / 05 / 26 ( Sat )
本作で、ガイ・リッチーは第一作を再生産する、という手堅い、たいへん続編らしい望ましい仕事をやってのけた。新味がまるでない点で批判されようがそれはまるで問題にならない。ヘンに主人公に精神的重荷を背負わせるとか、前作以上の敵とかスケールで、とか、そんなのバカですよ。バカがやってりゃいいんですよ。素直に、ヒットした箇所をアブラ注いでブーストしてやればいいんです。尋常でないくらい入り交じった犯罪の糸、各々の犯罪や解きほぐす過程…ってのはまるっきりオミットして(だってダルいから。だって謎解きは本旨じゃないから)、本作はとにかく中身空っぽのまま画的に大変な状況ってのが延々垂れ流される。

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
続きを読む
映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
CUT (2011)
2012 / 05 / 26 ( Sat )
事前にしる作品情報だけで面倒くさい、厄介で胸糞わるい内容なんだろうな~とおもってて、それでも観たいと劇場(それも郊外型の典型的ラインナップの揃うシネコン)へと向かわせるのは、外国人監督(アミール・ナデリ。経歴ほかしらない)が、クソでカスな商業的映画を徹底的に唾棄し、芸術的な(だいたい昔の)映画への愛を謳いあげる内容らしい、と理解してたから。まったくもってそのとおりの内容でさ、でもおれはこの映画はきらえないと、心底おもった。

CUT
続きを読む
映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
モンスターズクラブ (2011)
2012 / 05 / 26 ( Sat )
モンスターズクラブ

ある年代に対して、ある種の熱狂を与えるであろう作品だと理解したうえで、でもこれはむごいんじゃないかなー。相当な雪山(んまあ、地元っすわ)で、きこりっぽい真似してる瑛太。まずここで滑稽さがにじみ出て(狙いだとしても)もうつらい。義憤に駆られて、そして趣味人としてクギ入り爆弾をシコシコこさえて、あと音楽に身をゆだねながら葉巻プカー…あはは。おれほら田舎者じゃん?こういう映画に客ぎっしり入ってんのすげーなーって。そうこうして雪路にスタジオぴえろみたいなんが唐突に出てきてさー。一瞬おいて、瑛太びっくりしちゃって。「ダメダメだなーお前はー」とか云ってぴえろダーン!って自死。クリストファー・ノーランも、こういう引用なら納得だろ!?って豊田利晃ヘタしたら自信満々なのかなーって。あとは到底兄弟に見えない連中が入れ替わり立ち代り瑛太んトコ訪問して、ああじゃね、こうじゃねサジェスチョン。なんかもーどうとでも、というきになりました。

モンスターズクラブ

(5日、ユーロスペース1)
映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
「円盤国際映画祭2012」 (5月5日、@秋葉原グッドマン)
2012 / 05 / 07 ( Mon )
(以下円盤HP http://enbannews.blogspot.jp/ より)

◎「円盤国際映画祭2012」終わりました!

<グランプリ> 
The工藤玲央「おいしいお好み焼きの作り方」

<入賞>
北村早樹子「ドメスティック!門外不出」
ひらちん「女三人寄れば」
石井モタコ「あっぱれドラゴン」
砂十島NANI「ドラムが聞こえる2」
やまのいゆずる「決勝であおうZe☆」

<審査員特別賞>
いまおかしんじ賞 飯田華子「女はつらいよ-豹子・愛の特急列車-」
須川善行賞 三宅ヤスコ「Igrendwo(何処か)岐阜県可児市」
コマツ賞 手水「妻と河童」
ナーニカ賞 つるんづマリー「話は無し」
中村元洋賞 神さま「ほーむたうん」
主催者賞 のっぽのグーニー「God hand shake」

という結果になりました!
ご来場のみなさまありがとうございました!

入賞作品はじめいろいろ6月12日に黄金町ジャック&ベティはじめ各地で上映会&DVD発売します!

(以上円盤HP http://enbannews.blogspot.jp/ より)
続きを読む
映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。