FC2ブログ
アメイジング・スパイダーマン (2012)
2012 / 07 / 01 ( Sun )
わざわざやり直す、つくり直す必然はかんじられないのが正直なところ。なんか延々、言づけ忘れたりやら約束を破ったり、バスケやラグビーボールが主人公にむかって飛んでくるだけの映画だった。サム・ライミ版がどうだったかわすれたけど(ちがいはクモの糸とおじさんが大幅フィーチャーされてたあたりでは)、でもテーマが切実感を持って今日的にアップデートされているだとか、極端にVFX描写が勝っているわけでもなく(なぜかこれ2Dで観たのだけど)、むしろずいぶんとアナクロな話しだなーと。だし、グウェン途中でほったからしになったり、数式伝えに行ったきり博士ほったらかしにしたり、犯人探しもほったらかしになったり、はたして本作、マーク・ウェブに撮らせる意味があったのかなーって。多少、やりとり?アンドリュー・ガーフィールドとエマ・ストーンのサシの場面の、意味のないあいまいな、距離感絶妙なやりとりは、腑に落ちるようなきもしたけど。

アメイジングスパイダーマン

(7月1日、ムービーオンシアター8)
スポンサーサイト



映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |