FC2ブログ
プロメテウス (2012) ※3D吹替
2012 / 09 / 30 ( Sun )
冒頭から、なんか感動。いきなり大自然で、キン肉マンと大駱駝艦に多大なる影響受けたみたいなエイリアン?エンジニア?なんにせよクソどうでもいいのだが・・・それが粉になって大瀑布に落下してすでにポカーン。ノオミ・ラパスって基本乞食だとかジプシーだとか、インテリジェンス一切かんじない役柄ばっかりだったじゃないですかー。でも、本作でもインテリさはあまりかんじないのであった。この安定感は吹替版で聴いた剛力彩芽によるお声でもバカさ加減は減衰することなくビビッドに伝わった!漠とした、底も浅くサッパリな造りで、画的にもVFX見事だが、それはそれは漂白されているかのよう。だがしかし、尋常でなく粘っこいシーン(アホな位の砂嵐、それと医療ポッドや巨大クロワッサンの件)にしようもなくアテられた。ラストもガイ・ピアースのイミフなメイキャップと芝居もあいまって、明後日方面で希望貰った。

プロメテウス(2012)

(9月30日、ムービーオン シアター5)
スポンサーサイト
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |