スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
危険なメソッド (2011)
2012 / 11 / 24 ( Sat )
キーラ・ナイトレイの顔芸に感嘆しつつ(つか人相とか商品価値とかいろいろ考えてしまう)、クロネン故、どこかでぐちゃぐちゃな潮吹き合戦つか、むごい性愛アクションと化すのを期待していたのだが、シンミリとした文芸の枠に収まってた(そらそうだ)。フロイト君とユングちゃんのやりとりに、ザビーナたんの位置関係の妙味がどうのとか、そのへんはどうでもよく、あと血に染まる世界の予見がどうとかもマジどうでもよく、ヴァンサン・カッセル演じるオットー・グロスの説く示唆のほうが重要だった気が。備えよ常に、そして出された据え膳は即喰えよっていう・・・。

ッド(2011)

(11月24日、フォーラム5)
スポンサーサイト
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヴァンパイア (2011)
2012 / 11 / 10 ( Sat )
シアトルだかカナダを舞台に、得体しれない孤独な魂を、淀みなく都合よく描く。自殺志願者に取り入って、血を抜きさる久々でなきゃ異色作で済むのだが・・・8年待ってこれか!っておもうが、例の尋常でない張りつめ感と、青臭さが段々具合よくなってくるからふしぎ。ただらしくないふうなシーンもあって、レイプシーンとその前後とか、ヒルの吸い痕のシーンなんかも、違和感あってヘンだった。ただま、日本でやると更に重苦しくなるからアリかな。上映後は岩井監督の舞台挨拶。沈鬱なムードの中、感想披露とも質問ともつかない質疑応答がその後90分。レンフィールド症候群。実感できるもの(タンジグル?よくきこえない)。『人間失格』のオマージュ。あいまいで不安定なもの・・・。SFもの、中国での企画あるそうです。あとシルバーバーチって・・・。

ヴァンパイア(2011)

(11月10日、フォーラム3)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。