スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
パシフィック・リム (2013) ※2D字幕
2013 / 08 / 16 ( Fri )
確実にいつかどこかで見たシーン、情況、筋立て風景。最新の画で見せられてもおなじ、最高の興奮。云いたいことが山ほどあるんだろうなとおもいながら、観ながらアレコレ考えながらも(これはアレの影響下にあるんだろうとか)、だけど一気呵成にすべてがおわる。きづけばエンドロール、ハリーハウゼン、ホンダ・イシロウに捧ぐ・・・!観ながら、気の毒におもったのは、あまりにもデル・トロの愛が巨大すぎて、彼の愛した原典やオリジナルを産み出してきたこの国が滅びそうなほどの愛なので、果たして日本が、いまの我々が、この巨大すぎる愛を受け止められるほどの度量があるのだろうか?・・・などと、勝手に心配した。勝手に心配したついでに、ルックスだけでなく、筋立てそのものまでも樋口真嗣の血を分けた兄弟のような印象を受けてしまい(この言説の大量流通はしっているが触れざるを得ない)、デル・トロの今後の活躍の狭さや限界性に繋がるのではないか、などと勝手な懸念をした。かように、日本人くさい映画で、それらがムン、と充満している(あとはまあ、軍属が異界の化物と闘うあたりヴァーホーヴェン/ハインライン『スターシップ・トゥルーパーズ』の影響下にやはりあるのだなあと。さらに国家の庇護から外れて愚連隊と化すあたりもやはり日本の影響か・・・あとまあ、災い転じて福となす、って意味での今川ナイズされた原子力の使い方とか。長い余談ですが)。最初から3D吹替も観るつもりだったんだけど、やはりそれも早めに観なくてはだなー。今後すべての国産アニメの実写化&演出権はデル・トロに渡して良いんでないのか。ついでに、ヱヴァ最終章も蒼きウルも、荒牧あたりが手をつける古典も全権委譲で。

パシフィック・リム(2013)

(8月16日、イオンシネマ米沢 劇場4)
スポンサーサイト
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マニアック (2012)
2013 / 08 / 15 ( Thu )
残酷描写に興味はあるものの、原典を熟知してるとか未見であればオリジナルにあたる努力をするほどでないスタンスなのでアレですが、もうタイトルのトコでさっそくボケボケで最悪の気分になる。映画そのものの不快さではなく、見せないことに苛立ちを覚える。この映画って基本的に、ほとんど理由なく道行くクソアマちゃん(白人ばかり)を河童に仕立てるしか進み行く道がない心底孤独で童顔な小男(イライジャ・ウッド)の物語じゃないですかー。おそろしいほどシンプルな骨格なのに、ところどころか随所に散りばめられたボカシ。そもそもが演出上ボケているのか(ふつうの描写でさえ)わからないシームレスなテクニーク。なんなんだよこれ。KNB EFXグループの職人芸は曖昧模糊とした薄幕の向こうにある。・・・失礼な、無礼な、気取ったヤツはしねばいい。むしろしななければこっちで出向くしかない。主人公は説明のつかないほど破綻しており、前述のとおり道行くクソアマを河童にするしか能がない。それでも主人公はありとあらゆるオポチュニティを利用している。なんて、なんて沢山の出会いがあるのだろうか!それに引き換えおれと云えば・・・。ラストの、ズベ河童たちの一斉強襲で腹痛を催した。

マニアック(2012)

(フォーラム2)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
さよなら渓谷 (2013)
2013 / 08 / 13 ( Tue )
うだるような夏の暑い昼下がり、長屋の閉めきった一室で、汗でダラダラになりながらむせ返るように獣じみたファック。真木よう子の主張しすぎな下乳のふくらみ。腋毛の濃さは精の強さと正比例。んまあ、ここまではいい。隣家でシングルマザーがおこした殺人と、真木と大西信満との関係のなさ加減に冒頭からイラつく。とくに、大西の汚れた過去を洗うトップ屋大森南朋の突っかかり具合にとにかく違和感。そして、無理してはすっぱな様子で似合わないタバコをくゆらせる鈴木杏にも違和感(そしてそして、居酒屋で几帳面に語らせるレイプ被害者の現在過去。ウンザリ)。隣の奥さんと同衾したからって、過去を深堀することになんの関係があるのか・・・どんどん、息子殺しが遠のく。むろん主題が別にあり、それを語るのはよいのだが、大森の処理含め語りが下手すぎるのと、ネタがすべて割れたあとのロードムービーふう長さクドさに唖然とし閉口した。

さよなら渓谷(2013)

(フォーラム1)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
風立ちぬ (2013)
2013 / 08 / 11 ( Sun )
ただ呆然と観ているしかないというか、考える間もなくながれていく。終始、幾たびも風が吹き、流れ、すれちがい、去っていく、飛行機は撃ち落される前に自壊し、いても立ってもいられず紫煙がけぶり、奇跡のナイスキャッチ連発で、ひそやかな接吻が交わされる・・・ようなかんじ。

ただひたすら美しく空を飛ぶ飛行機をつくりたい男の一代記で、仕事一筋の、それこそ宮崎駿自身の人生さながらなのだが幻想ロマンが混入し(なんの迷いもなく)、戦争へと傾斜する混沌とした時代を後景に、美しく悲運な妻との出会いなれ染め、別れもいっしょくたに描く。

熱を帯び高ぶるような、これまで宮崎が延々やってきた活劇的アクションや戦闘描写は鳴りをひそめ、一切の直截さや声高さを抑えこみ、抑制どころか終始醒めているかんじ(戦闘機を開発することとヒューマニズムは直結せず、加えて、戦争によって人が死ぬ的感慨や描写もないサラサラ感)。それって筋そのものが前線からとおく離れている、という高畑的描写が安易に廃されているだけではなくて、作家的成熟ないし倦怠なのかもなーと。

謎のドイツ人が云う。「コノナツ、イイナツデス」。直後のキッス、接吻。あたり前のことができていないいまの日本とおれ。おんおん泣かせるようなクドさはないが、おれ、おんおん泣きたかったのかもしれない。

風立ちぬ

(ムービーオン シアター1)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
嘆きのピエタ (2012)
2013 / 08 / 08 ( Thu )
ひさびさなんすけどギドク先輩らしいといえばらしい映画。適度な刺激、話しの早さ、テンポ感がらしいというか。情け容赦ない借金取り(イ・ジョンジン)が、寝ぼけてるにしては高度な千摺りしてたり、塩茹でのニワトリをぱくぱくしながら、そんな折に実の母親を名乗るオンナ(チョ・ミンス)がやってきて、家事手伝いやらウナギやウサギも登場。そういや、元カノの飼ってたウサギの名前はモコちゃんだったっけなあ・・・彼女自身は実家を出て、独り暮らししており、そのうさぎ(モコちゃん)は、実家でご両親に飼わせてたっけなあ。なんか、その、モコちゃんのために一部屋潰してるとか、語ってたっけなあ。でも、大分昔の話だ。そんなそんな、みんな生きている事態。ウナギの名前は、チャン・ミソン。

「母親ならこれを喰え」と、妙な球体を食ませ(きゃんたま?きゃんたま?)、直後「おれはここから出てきたのか?じっとしてろ中に入るんだ」ってもぞもぞ(フィストファック?フィスト?)。チャン・ミソンひいひい泣いて、借金取りがようやくハッと我に帰る、賢者タイム。・・・かように、がんばれ町工場!的な面も含めファンタジーこみこみの都合のよさ。自己完結して、ただ云いたい事だけが羅列されているようなかんじ。ハレルヤは永遠なり。変則の逆オレオレ詐欺から、もの凄く持ってまわった迂回がすぎる凶悪な復讐劇へと変貌する。奇しくも、『野蛮なやつら』別エンディングさながらの3ショット経て、ラストの野太い一筆書きだって相当なファンタジーでしょう。でも、都合のよさが肩脇に弾き出され、審美的でやはりきらえないのであった。

嘆きのピエタ(2012)

(8日、フォーラム2)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
セレステ∞ジェシー (2012)
2013 / 08 / 04 ( Sun )
結婚して、別れるつもりなんだけど、どうしようもないくらいクッソ仲良し!!尋常でないくらい周囲をイラつかせるセレステとジェシー(ラシダ・ジョーンズとアンディ・サムバーグ)。ふざけあってる、っていうのはたのしいよね。気が合うっつーか、他人からみたら「はあ?ばかじゃね?」っていうやりとり、会話だって、かすかなものだけれどぜったいに譲れない確実な妙がある。すげえ重要なはず。結論を急ぐようで恐縮だが、焼けぼっくいに火が付くのか、付かないのか・・・?といった個人的にも非常に心胆寒からしめるテーマ、元サヤ問題を取り扱ってしまう。ラシダ・ジョーンズのツラは相当好みのほうです。華はないが、ぶさいくに転じても下品にならずかわいい。そしてアンディ・サムバーグがねえ・・・ジェシー・アイゼンバーグにダブって見えてしまうんだよなあ。風体から何から、そしてラシダとの関係性からして『ソーシャル・ネットワーク』終盤からのポップな地続き感がある。本当に元サヤ戻らなくて良かったとおもいます。そうおもうことにします。あ、音楽よかったっすね。

セレステ∞ジェシー(2012)

(8月4日、フォーラム5)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。