スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
パシフィック・リム (2013) ※2D字幕
2013 / 08 / 16 ( Fri )
確実にいつかどこかで見たシーン、情況、筋立て風景。最新の画で見せられてもおなじ、最高の興奮。云いたいことが山ほどあるんだろうなとおもいながら、観ながらアレコレ考えながらも(これはアレの影響下にあるんだろうとか)、だけど一気呵成にすべてがおわる。きづけばエンドロール、ハリーハウゼン、ホンダ・イシロウに捧ぐ・・・!観ながら、気の毒におもったのは、あまりにもデル・トロの愛が巨大すぎて、彼の愛した原典やオリジナルを産み出してきたこの国が滅びそうなほどの愛なので、果たして日本が、いまの我々が、この巨大すぎる愛を受け止められるほどの度量があるのだろうか?・・・などと、勝手に心配した。勝手に心配したついでに、ルックスだけでなく、筋立てそのものまでも樋口真嗣の血を分けた兄弟のような印象を受けてしまい(この言説の大量流通はしっているが触れざるを得ない)、デル・トロの今後の活躍の狭さや限界性に繋がるのではないか、などと勝手な懸念をした。かように、日本人くさい映画で、それらがムン、と充満している(あとはまあ、軍属が異界の化物と闘うあたりヴァーホーヴェン/ハインライン『スターシップ・トゥルーパーズ』の影響下にやはりあるのだなあと。さらに国家の庇護から外れて愚連隊と化すあたりもやはり日本の影響か・・・あとまあ、災い転じて福となす、って意味での今川ナイズされた原子力の使い方とか。長い余談ですが)。最初から3D吹替も観るつもりだったんだけど、やはりそれも早めに観なくてはだなー。今後すべての国産アニメの実写化&演出権はデル・トロに渡して良いんでないのか。ついでに、ヱヴァ最終章も蒼きウルも、荒牧あたりが手をつける古典も全権委譲で。

パシフィック・リム(2013)

(8月16日、イオンシネマ米沢 劇場4)
スポンサーサイト
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。