FC2ブログ
天使の処刑人 バイオレット&デイジー (2011)
2013 / 12 / 28 ( Sat )
ジョー・ライトですら盛大に失敗している『ハンナ』という先行事例があるのにもかかわらずオトコってバカだから例によってかわいこちゃん、シアーシャ・ローナンに銃を持たせるという愚を犯している。いやきもちは痛いくらいわかるんだけど(allcinemaで確認したらどっちも製作2011年・・・仕事かぶりすぎだろ)。ウリやる代わりに殺しをやってるティーン殺し屋家業のバイオレットとデイジー、ほしいドレスが300ドルなもんで、それ二着ほしいもんでガンドルフィーニ殺しなんつーシャバい案件引き受ける。例によって、殺す側と殺される側の心の交流がファニーに、キュートに描かれるわけだが、非常にタルい。どうでもいい時間が、案外カット割らずにダラダラと。金物屋の撃ち合いとかもっとうまくやれよとおもってしまうし、マチェーテ持ったトレホが殴りこんでくる(ないしラスボスと化す)みたいなアツい展開にならないあたりも不満だ。最終的に片割れアレクシス・ブレデルちゃんの比率がさがってしまい、やはりローナンちゃん映画となってしまう。内出血ダンス、あのあたりが見所だったのかな。

天使の処刑人 バイオレット&デイジー(2011)

(フォーラム1)
スポンサーサイト



映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
47RONIN (2013) ※2D字幕
2013 / 12 / 28 ( Sat )
歳末に相応しい一本なのか、どうなのか観ながら複雑なきぶんに。冒頭のつるっぱげのボクちゃん登場から、『もののけ姫』みたいなクリーチャー跋扈の世界へ。ここではない、どこか(デジタルドメインとかがこさえた)。全員が全員、確実にまちがってるのに、妙なところ(精神性とか曖昧なところ)でそんなにずれておらず合致している、そんなせいで複雑なのであった。「すっぴん!」で云っていたとおり、浅野忠信が吉良っていうあたりも妙なきぶんだし。柴咲コウも、ハリウッドだからってわけでなくそこいらのTVドラマ同様の仕事ぶり。おもしれーっておもったのは、真田広之が浅野を執拗に蹴り上げるあたり、ウソ時代劇であっても違和感ののこるモダンな肉体表現と、あとはまあ、菊地凛子さまかなあ。アレなんだったのかぜんぜんわかんない。それと、キアヌって、どんな映画でも疎外されている役ばかりだよな~とおもって眺めてた。年越しそば、どこで買おうかな。

47RONIN(2013).jpg

(フォーラム1)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |