FC2ブログ
ハンナ・アーレント (2012)
2014 / 02 / 08 ( Sat )
のっけからプカプカと煙草をふかす主人公アーレント(バルバラ・スコヴァ)。この喫煙シーンの執拗さに限り、映画芸術誌上で執拗に批判しつつ対比?させてた宮崎『風たちぬ』とおんなじ。ハイデッカーの愛弟子だとか、その密なる関係だとか、アイヒマンなる人物だとか、モサドに見つかってエルサレムで裁判とか、面食らいつつも、アイヒマンのイスラエルでの裁判傍聴記を書く事になる主人公が現地飛んで、アイヒマンを評し「ガラスケースの幽霊みたい。風邪ひきの」・・・と称するあたりからようやく焦点が合いはじめる。

アイヒマン、ようするに立派で有能だがどこまでいっても平凡そのものの役人でしかないとアーレントは看破。人間を無用の存在にしてしまう強制収容所において、根源悪ではなく利己心でもなく、ひたすら凡庸な役人仕事をコツコツ取組むアイヒマンのような連中によってモラルの崩壊、結果過去に例のない大惨事を引き起こしている。さらにはナチが「悪の凡庸さ」を大戦後欧州に蔓延させてしまった。

この考え方は当時と異なり、いまは(とくにこの日本においては)相当伝わりやすくおもう。全世界で現在進行形で、敷衍している・・・とすれば、当時は相当デリケートすぎた問題/主張なのだろう。"ぷらっとほーむ"さんによる、上映後の非常にわかりやすい解説にもあったが、全体主義の成立過程で絶対的な悪が発生するとの主張は、当時の世評や建国間もないイスラエル国民には到底受け入れられることはないのであった・・・みたいなオチなんだが、合間にアーレントと旦那さんのラブラブな生活、まるで理解されないで受ける批判、罵詈雑言(そういや『私はロランス』でも教職を追われるシーンあったなー)。さらに思索のたび学生の頃のハイデカーとの想いでに立ち返る。

んま、だいたい、全編にわたって煙草くゆらせているんだけどアーレントさん。・・・たしかに、テーマそのものの深みから、つくりの巧みさから、重厚さと軽やかさの絶妙なバランス感覚や脇に至るまでの役者まで、何から何まで『風たちぬ』とはちがいすぎる・・・だが、どっちが高級とか低級とか、是非の比較はこの際必要ないとおもうんだ(というか、託けるなら『戦争と一人の女』でやってみたら?)。アーレントの旦那さんが、本を手にとってページを開いた瞬間、動転というか目を押さえてぶっ倒れるシーン、異様におっかなかった。ここだけ心霊実話みたいだったので・・・。

ハンナ・アーレント

(2月8日、フォーラム3)
スポンサーサイト



映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
エンダーのゲーム (2013)
2014 / 02 / 08 ( Sat )
宇宙を舞台とした戦火に放り込まれる選ばれし少年少女、迫りくる人類への脅威、どんづまりで待ったなし、一刻争う大情況。・・・それって、なんだかとっても、日本のSFアニメなかんじ。地上でのセレクション経て(正直冒頭、遅れちゃって欠けて観はじめたんで、サードとか永島敏行とかかな?フォーミックってなんだろな?てなところはいまだにある)、ガキンチョ達が地上離れて、あたかも『スターシップ・トゥルーパーズ』的になる(これ、ヴァーホーヴェンが撮ったら、男女別のシャワーションはどう処理するのだろうか)。

そもそも主人公エンダー(エイサ・バターフィールド君)はえらく期待されてて、地球を救う少年として勝手に位置づけされている。なんとも日本のアニメ的なのだが、このあたりの延々展開される宇宙での訓練より、エンダーのチーム、前線を率いる指揮官としての資質を問われる筋立てとなる。これって・・・なんだか滅茶苦茶リーダーシップ論の映画になってしまってないかい?・・・尋常でなくオモロくなるコーチングとか、チームワークとか、リーダーシップとかみたいな。要は、プレジデントとか東洋経済とか無理して読んでそうな若手中間管理職がすきそうなかんじ。

ゴンソーとのやり取り、さらに急造の愚連隊ドラゴン隊率いて、サラマンダー隊とレパード隊混成班をエンダー打ち負かすあたりからテンションが急上昇!シャワーシーンでのエンダーの素朴な無双感&機転ぶり故のすっごい結果に容赦ナシの展開にさらに興奮。再三繰り返して申し訳ないが、日本SFアニメの典型的キャラ造形である戦闘忌避もきっちり描かれ(字幕で観たんだが吹替版、ハリソン・フォードの声って立木文彦さんあたりのキャスティングなんでしょうか??)、予期せぬ里帰り、さらにアビゲイル・ブレスリン(!)演じるお姉ちゃんとのボートデート!でエンダーの異性への複雑な想い&重度のシスコンぶりを想像するにこちらもクラクラくる。そして地球一時帰還後の容赦ない急展開にもクラクラ。マオリ族の墨を顔面に入れまくるベン・キングズレーの無作為な仕事ぶりもいいが、演習かとおもいきや大人の都合で仕組まれた大決戦、血戦。

「勝ち方が問題なんだ」。と本気で主張するエンダー。最終最後はマジ蛇足なきがする。だが、ヴァーホーヴェンのそれはバグズとの切れ目ない絶え間ない争いを匂わせる下種な仕舞いだったが、本作は敵方とのおなじく精神交信しつつの妙に明るい未来を予見させてくれた。これ、なんだかよかった。監督は『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』ギャヴィン・フッド。劇伴はスティーヴ・ジャブロンスキー、VFXはデジタル・ドメイン、鳴ってる既成曲はフレイミング・リップスとか、とか。そして・・・宇宙空間でのヒロインたる大切なエンダーの相方ペトラちゃん(演じるは、『トゥルー・グリット』で片輪になってもがんばってたヘイリー・スタインフェルドちゃん!)が、ピークタイムの蒼井憂ちゃんみたい(黒髪長髪&一筆書きの如き太眉毛、しかも強くやさしい)で辛抱たまらない。

エンダーのゲーム(2013)

(2月8日、フォーラム1)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |